おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

これで安心!転職活動の始め方5ステップ|トラブルの回避方法も紹介

アイキャッチ画像『転職活動の始め方』転職
カエル
カエル

これから転職活動を始めていこうと思います。

脱ブラックだ~。

ウサギ
ウサギ

まずは、転職について知識を蓄えることが大切だ。

今や多くの人が転職活動の経験を持つ時代になりました。

離職率は2010年頃から上がり続け、男性で10%超、女性で15%超と高い水準を維持しているところを見ると「転職なんてそうそう頻繁にするものではないだろう」と考えるのは、もう古いのかもしれません。

現在では、多くの転職サイトや転職活動をサポートするエージェントサイトが登場しましたが、「転職の始め方が分からない」「不安な事が多い」と答える人の割合は依然から変わっていません。

そんな方々のために、このページでは失敗しない転職活動の始め方、進め方5ステップをご紹介します。転職時のパワハラや嫌がらせの対処法にも繋がるので、参考になさってください。

このページで分かること

  • 転職の心構え
  • 転職活動に必要な準備
  • 転職活動の5ステップ
  • 転職を成功させる3つのポイント
  • 転職活動の注意点
  • パワハラ、嫌がらせの対処法
  • 転職を経験した人の転職理由

転職活動の予備知識と心構え

ビジネスパーソンの画像

人生の一大イベント転職は、希望と不安に満ちた挑戦となるでしょう。しかし、転職活動を始めるにあたっていくつか覚えておくべきことがあります。

以下の2つの予備知識と心構えを確認してから転職の始め方を学びましょう。

  1. 転職では即戦力が求められる
  2. 転職活動には時間と労力、お金が必要
  3. 求人の多い時期が転職に有利

転職では即戦力が求められる

まず、転職活動を始めるにあたって覚えておきたいのが、『企業は即戦力かつ長期的に会社に貢献してくれる労働力を欲している』というポイントです。

学生時代に就職活動を経験した方も多いと思いますが、就活では『やる気』や『人間性』を重視されていました。しかし、転職では会社の即戦力になるかを重視されるため『スキル』や『経験』が求められます。

同じ業界に転職するならまだしも、ジャンルの異なる業界に進出するのは少々難しくなります。

転職では『これまで何をやって来たか』『これまでの経験で会社に貢献できるか』が重要になることを念頭に置き、軸となるアピールポイントを考える必要があると覚えておきましょう。

転職活動には時間と労力、お金が必要

2つ目に、転職活動には、一般に2~4か月と時間を要する点が挙げられます。

応募から数週間で内定が出せる新卒採用や比較的すぐに働き始められる就活とは異なり、やることの多い転職活動では順調に進んだ場合でも新しい会社で働き始めるまでに数か月の時間を要します。

例えば、1社の内定を受けるまでの具体的な作業内容と所要期間は以下の通りです。

  • 企業の調査→選考書類の提出:数日〜1週間
  • 書類選考の結果:1週間前後
  • 面接→内定:2週間~1ヶ月
  • 内定承諾:1週間
  • 退職の相談→退職手続き:2週間〜2ヵ月

退職手続きの他にも担当業務の引き渡し作業など、やることは多いです。

また、応募した会社で順調に内定まで進むことができれば数か月で済みますが、仮に内定まで進むことができず再び書類選考に戻ると転職活動が長引くこともあります。

働きながら転職活動を始める方はゆっくりと企業選びを行えますが、すでに退職をされた方は給与のもらえない期間が長引かないように早急に活動を進めていく必要があります。

転職で貯金が尽きた方、お金に不安がある方はこちら

求人の多い時期が転職に有利

3つ目に、転職活動に有利な時期を覚えておく必要があります。

社員の退職や新規事業の募集など様々な理由により2~3月、8~9月は企業が求人を多く出す時期になります。

もし、上記の期間に近いタイミングで転職を考えているのであれば、活動を始める時期を調整すると良いかもしれません。

転職の時期を調整することで、新しい求人に応募できたり、転職活動の期間を短くできます。転職を有利に進めるために覚えておいてください。

転職時にボーナスを貰うか、諦めるかで迷っている方はこちら

転職活動の始め方、進め方

カエル
カエル

転職って大変そうだね。

まずは何から始めれば良いの?

ウサギ
ウサギ

他人事だな、まずは企業の情報収集だ。

しっかり情報を集めることが転職成功への近道となる。

ここからは、転職活動の始め方、進め方の5ステップを紹介します。転職時のマナー以外やアドバイスもまとめているので参考になさってください。

  1. 希望する企業についてよく調べる
  2. アピールポイントをよく考え、選考書類を出す
  3. 面接時には『即戦力』や『経験』をアピール
  4. 退職の相談は1ヵ月前から
  5. 会社での引継ぎ作業を行う

1.希望する企業についてよく調べる

転職活動の始め方1つ目は、入社を検討している企業の情報収集です。

入社を検討している企業があれば、面接対策を兼ねて詳しい情報収集をしましょう。企業のホームページを参照するのはもちろんのこと、実際に企業からパンフレットを取り寄せるなど積極的に活動すると自分の経験やスキルを生かせるポイントが見つかるかもしれません。

ただし、現段階で希望する企業や業種が決まっていない方は、自己分析を行いましょう。自己分析を行うことで、これまでの経験を生かせる分野だけでなく、興味の持てる業種、面接でのアピールポイントなどを見つけることができます。

応募する企業を決め、その会社について詳しくなったら転職活動の始め方その1はクリアです。

企業の情報を集める方法

企業の情報を調べるには様々な方法がありますが、多くの企業に対して有効なのが以下のソースです。

  • 企業のホームページ
  • 掲載求人
  • 企業のパンフレット
  • 会社説明会
  • 就活イベント
  • 口コミサイト
  • SNS
  • メールや電話での問い合わせ

例えば、企業のHPや求人サイトに掲載されている求人、パンフレットからは、事業内容から福利厚生まで様々な情報を把握することができます。

また、同時に使用したいのがインターネット上に掲載されている口コミです。口コミサイトには、従業員の目線で企業の内情が記載されているため、良い面も悪い面も知ることができます。

面接で聞かれる内容や内定者の志望理由などを知ることもできるので、企業がどんな人材を欲しがっているのか下調べをしておきましょう。

企業研究の方法はこちら

選択肢を増やしたい方には直接応募がおすすめ!

2.アピールポイントをよく考え、選考書類を出す

転職活動の始め方2つ目は、選考書類の提出です。

提出書類は企業によっても異なりますが、大抵の場合で必要になってくるのが履歴書です。

履歴書は、自己紹介を書くことで、企業の採用担当者に自分を知ってもらうためのアイテムになります。自分がどういった人間なのか、これまでどういった仕事をしてきたのかを書くことで、「面接をしてみたい」と思わせる内容に仕上げなくてはなりません。

特に職務経歴書など、これまでの経歴について記載された書類を提出しない場合には、この履歴書で全てを伝える必要があります。アピールできるポイントは全て記載して、優秀な人材であることを押し出して行きましょう。

しかし、履歴書でのイメージと実際の面接での印象が大きく異なると、あまり良い評価をされません。履歴書には、面接時にアピールする内容について広く浅く記載しておきましょう。

しっかりとアピールポイントを記載した履歴書が書けたら転職活動の始め方その2はクリアです。

転職で使える履歴書の書き方はこちら

職務経歴書の書き方はこちら

封筒の書き方はこちら

webテストの対策はこちら

3.面接時には『即戦力』や『経験』をアピール

転職活動の始め方3つ目は、面接での『即戦力』と『経験』のアピールです。

上でも紹介した通り、中途採用を行う企業は応募者が即戦力となるかどうかを重視しています。これは、未経験の社員を雇うと、会社側は教育に多くの費用や時間を費やすことになるためです。

転職時には、履歴書に記載したアピールポイントを深掘りし、入社後に即戦力として働ける経験を伝えると面接を有利に進めることができます。

アピールできる経験がある方でも、そうでない方でも、面接対策はしっかりと行いましょう。基本的に面接で聞かれる事は決まっているので、その部分をしっかりと答えられるようにしておけば問題ありません。

面接時に自分の強みをしっかりとアピールすることができれば、転職活動の始め方その3はクリアです。

面接で聞かれる内容

転職の面接では応募者の人柄も見られますが、それ以上に即戦力となるか否かの『経験』が重視されます。例えば、短い時間で行われる面接の大抵の流れは

挨拶→軽い会話→面接官からの質問→応募者からの質問

となり、始めの会話や入退室の様子、面接中の雰囲気で人柄が見られます。

経験については質問時に確認されるのですが、この質問パターンはほとんどの会社で決まっており、『前職を辞めた理由』『志望動機』『入社後にどういった形で会社に貢献できるか』を明確に答えられるよう準備しておけば問題ありません。

面接時間が長い時には『キャリアプラン』や『業界に対する知識、興味の強さ』を確認されることもあるので、これらの質問に対する答えも用意しておきましょう。

最終面接の合格サインはこちらでチェック

4.退職の相談は1ヵ月前から

転職活動の始め方4つ目は、退職の意思表示と入社の日程調整です。

会社に退職届を出すタイミングは、退職日より1ヵ月以上前というのがマナーです。実際には退職日の2週間前までに提出すれば良いのですが、急な退職は会社に迷惑をかけることになるのでギリギリでの相談は極力避けましょう。

退職届けを出すタイミングで次の職場の入社日が決まっていない場合には、上司と相談して退職日を決め、次の職場に連絡しましょう。

また、内定をもらった際に余裕を持って退職交渉に移れるよう退職届を早めに準備しておくと安心です。

退職届けを出して退職、入社の日程が決まったら、転職の始め方その4はクリアです。

5.会社での引継ぎ作業を行う

転職活動の始め方5つ目は、退職する会社での引継ぎ作業です。

引継ぎ作業は会社のために行うものであり、法律による義務化はされていません。しかし、一社会人であればよっぽどの理由がない限り、引継ぎをして会社に迷惑をかけないのがマナーです。

退職時の引継ぎ作業は『作業量が多くて期間内に終わらないパターン』『後任者が仕事ができないパターン』『後任者がいないパターン』で順調に進まないことがあります。

作業量が多い場合や後任者が仕事ができない場合には、必要最低限の作業を行い、残りは標準化されたマニュアルを作成して後任者に任せるのが良いでしょう。実際に仕事の仕方を見せて教える方法も効果的です。

後任者がいない場合にも全ての作業を完了させる必要はありません。極力会社に迷惑がかからないように必要な仕事だけを選んで終わらせましょう。

会社での引継ぎ作業が完了したら転職活動の始め方その5はクリアです。

カエル
カエル

結構簡単そうだね。

ウサギ
ウサギ

トラブルなく進めば良いがな。

しかし、実際には引き止めを受けたり引継ぎ作業に時間がかかったり大変なことも多いぞ。

退職時には挨拶メールを送りましょう。以下記事で書き方や例文をまとめています。

転職を成功させる3つのポイント

ウサギ
ウサギ

次に転職を成功させるために大切なポイントを学ぼう。

カエル
カエル

コツを押さえて楽に転職したいな。

転職活動の始め方を学んだところで、次は転職を成功させるための3つのポイントを紹介します。転職活動がスムーズに進むだけでなく、これまで知ることのできなかった自分の強みや興味に気づけるかもしれません。

転職活動を成功させるためのポイントは以下の3つです。

  • 転職エージェントに依頼する
  • 第三者の指摘を参考にする
  • 余裕をもって活動を進める

転職エージェントに依頼する

転職活動を成功させるためのポイントの1つ目は、転職エージェントサービスの利用です。

転職エージェントサービスは、転職の相談から求人の紹介、選考書類のチェック、面接対策などをメインに行うことで依頼者の転職をサポートします。

例えば、転職エージェントサービスを利用することで、これまでの経験を基にプロのキャリアアドバイザーが最適な求人を提案してくれます。また、挑戦できそうな新しい職種を提案してくれることもあるため転職の間口が広がります。

また、担当エージェントとのカウンセリングが行えるため『転職の始め方が分からない』『良い求人が見つからない』など不安を伝えることで解消にも繋がります。

初めて転職する人は、是非転職エージェントサービスを利用しましょう。

無料で相談できるサービスも多く登場しているので、気になる方はサイトをチェックしてみると良いでしょう。

第三者の指摘を参考にする

転職活動を成功させるためのポイントの2つ目は、第三者の指摘を参考に選考書類や面接の完成度を上げることです。

自身の強みや経験など、アピールポイントをうまく表現できていない方は書類選考や面接で繰り返し落とされることがあります。また、転職活動の始め方を理解していない方も情報収集が不足しているために入社後のイメージやキャリアプランがしっかり持てていなことがあります。

こういった転職時の失敗を避けるためにも活用したいのが、『第三者の声』です。

第三者の声を取り入れる方法として、例えば、転職エージェントサービスを利用して選考書類や面接に対するアドバイスを貰ったり、転職経験の身近な人に面接の様子を見てもらうと効果的です。独りよがりにならないよう面接練習は本番を想定して対人で行いましょう。

余裕をもって活動を進める

転職活動を成功させるためのポイントの3つ目は、余裕をもって転職活動を進めることです。

上でも紹介しましたが、企業への応募から内定までがスムーズに進んだとしても1か月以上の期間を要します。もちろん、全ての応募が採用されるわけではないので書類選考や面接で落ちれば、また同様の時間をかけて一から始めなければなりません。

また、内定が決まったとしても、そこから退職届を提出したり引継ぎ作業を行うので1ヶ月前後の期間が必要になります。

特に「○月までには仕事を辞めたい」と目標を持っている方は、選考がスムーズに進まなかった時のことを考え、目標の3~5か月前から動き始めることをおすすめします

直接応募で有利に転職したい方はこちら

転職は複数社を受けるのがおすすめ!

ウサギ
ウサギ

カエルは何社受ける予定なんだ?

カエル
カエル

1社だよ。

ウサギ
ウサギ

無計画だな...。

転職時、複数の会社で迷ったら同時に何社に応募しますか?

転職に期間を設けている人の中には、選考落ちを考えて複数の会社に応募する方もいると思いますが、働きながら転職活動を行う場合、同時に応募する選考(持ち駒)は2~3個がおすすめです。

多くの会社に応募すると転職できる可能性は高くなりますが、数が増えるにつれて日程調整が大変になったり書類作成、情報収集で忙しくなります。内定を辞退することにも繋がり、企業側にも迷惑をかけることになるので、持ち駒は多すぎず少なすぎない数を保つのが理想です。

しかし、反対に持ち駒が少ないと、ひとつの会社の選考に落ちた際のリスクが大きくなります。

既に退職を終えて、本格的に転職活動を始める場合には確実に内定をもらう必要があるので上記より多くの選考に進んでも良いでしょう。

転職時の『ヤメハラ』には退職代行を活用!

カエル
カエル

退職交渉を始めたんだけど、辞めさせてもらえないよ~。

ウサギ
ウサギ

それはヤメハラかもしれない。

有効な対策としては、退職代行の利用があるぞ。

退職を良く思わない上司が、立場を利用して部下の退職を受理しない『ヤメハラ』という言葉があります。退職届を受け取らなかったり退職予定者を新しいプロジェクトのメンバーに選ぶことで仕事を辞めさせない嫌がらせを行うことがあります。

時には周囲の人間を巻き込んで職場いじめへと発展するケースもあり、パワハラや嫌がらせが怖くて退職に高いハードルを感じてしまう社員も多くいます。

嫌がらせについては酷い内容であれば証拠の収集を行い、軽いものは無視しましょう。

また、会社が退職届を受け取らない場合には、退職代行サービスを利用しましょう。退職代行とは、会社を辞めたい社員に代わって法律に詳しい代行スタッフが退職の意志を伝えてくれるサービスです。

例えば、大手の退職代行では3万円前後から依頼することができます。

退職代行に退職届の提出を行ってもらうことで、ヤメハラを回避しましょう。

信頼できる退職代行サービスはこちら

退職代行サービスのNEXT

しつこい引き止めに困っている方はこちら

年代別に見た転職理由

カエル
カエル

ちなみに、転職経験者はどんな理由で転職を決意したのかな?

ウサギ
ウサギ

年代別にアンケートを取ったから結果を見てみよう。

ここからは、転職を経験した人の転職理由について20代から50代までの年代別に見ていきましょう。

大手アンケートサイトを利用して回答者が転職した理由をまとめています。投票ではなく、自由記述になっているのでご注意ください。退職時の雇用形態を正社員、パート、派遣、契約社員など一部に限定してアルバイトは除いています。

20代の転職理由

20代の転職理由として挙がったのが以下の11個です。

  • 職場の人間関係
  • 上司からのパワハラ
  • 想像していた職場と違った
  • もっと待遇の良い会社を見つけた
  • 興味、関心が変わった
  • やりたいことが見つかった
  • スキルアップを目指すため
  • ライフイベントのため
  • 体を壊したから
  • 精神的にきつい
  • お金が貯まって目指していた企業に入れそうだから

20代は、転職する人が多いこともあり転職理由も様々です。職場のイメージと実情とが異なり転職する人もいれば、上司が怖いなど人間関係に悩んで辞めてしまう人も多いのです。

30代の転職理由

30代の転職理由として挙がったのが以下の10個です。

  • 職場の人間関係
  • 上司からのパワハラ
  • もっと待遇の良い会社を見つけた
  • スキルアップを目指すため
  • ライフイベントのため
  • 正社員として働きたいから
  • 体を壊したから
  • 精神的にきつい
  • 休みが少ない
  • 産後の復帰ができないから

30代の退職理由では、スキルアップを目指す声やライフイベントについての声が多く挙がりました。特に、結婚を機に転職したり産後に職場での対応が悪くなって転職を考える女性のコメントが目立ちました。

40代の転職理由

40代の転職理由として挙がったのが以下の7つです。

  • 職場の人間関係
  • 上司からのパワハラ
  • 住みたい場所が見つかったから
  • ライフイベントのため
  • 正社員として働きたいから
  • 体を壊したから
  • 精神的にきつい

40代の転職者としてアンケートに回答してくださった方の半数以上は女性でした。結婚や出産、子育てなど大きなライフイベントに一段落付いたタイミングで転職に乗り出したものと考えられます。

正社員からパートやアルバイトに働き方を変える声が見られました。

50代の転職理由

50代の転職理由として挙がったのが以下の5つです。

  • 職場の人間関係
  • 体力的に厳しいため
  • 体を壊したから
  • 精神的にきつい
  • これまでほど稼ぐ必要がなくなった

50代は他の年代に比べて転職する人が少なく、こちらもアンケートに回答してくださった方の多くは女性でした。これまでの仕事が体力的に厳しくなった、仕事で怪我をして続けられなくなったなどの理由が多く見られました。

麦

年代に関係なく、人間関係には悩むようです。

転職活動の始め方、成功のポイントまとめ

カエル
カエル

転職はやることが多くて大変だね。

エージェントサービスに丸投げしたいな。

ウサギ
ウサギ

転職は大切なライフイベントだ。

時間をかけてでも慎重に進めていった方が良いぞ。

このページでは、転職活動心構えから転職の始め方、転職成功のために覚えておきたいポイントなどを紹介しました。

それぞれの項目をまとめて確認しておきましょう。

転職の心構え

  • 転職では即戦力が求められる
  • 転職活動には時間と労力、お金が必要
転職活動の始め方、進め方

  1. 希望する企業についてよく調べる
  2. アピールポイントをよく考え、選考書類を出す
  3. 面接時には『即戦力』や『経験』をアピール
  4. 退職の相談は1ヵ月前から
  5. 会社での引継ぎ作業を行う
転職を成功させる3つのポイント

  • 転職エージェントに依頼する
  • 第三者の指摘を参考にする
  • 余裕をもって活動を進める

また、複数の企業の選考を同時に受けるのも転職成功の秘訣です。自分の活動スタイルに合わせて持ち駒の数を調整しましょう。

このページでは、転職時のパワハラ、嫌がらせ対策についても紹介しました。軽度な嫌がらせは無視して、内容が酷いなど訴訟を考えている場合には証拠として細かな記録も取っておきましょう。

転職時に退職届を受け取らない、意図的に退職できない状況を作るヤメハラをされた時には退職代行を利用するのがおすすめです。

退職の始め方、ポイント、注意点を押さえて次のライフステージに進んでください。

麦

転職成功をお祈りしています!

求人の案内を受けるならハタラクティブがおすすめです

ハタラクティブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました