おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

履歴書は手書きとパソコンのどっちが良いの?転職の素朴な疑問を解決

アイキャッチ画像『履歴書は手書きかパソコンか』転職
カエル
カエル

転職のためにエントリーした会社から履歴書の提出を求められたんだ。

特に条件がなかったんだけど、手書きとパソコンのどっちが良いのかな?

ウサギ
ウサギ

履歴書を手書きにするか、パソコンで書くか迷う人は多いようだな。

今回は履歴書をどのように書くか解説しよう。

転職時に履歴書の提出を求められることは多いですが、書き方についての指定がないことがほとんどです。

「手書きの方がポイントが高いのではないか?」「パソコンの方が早く、正確に書ける」など、手書きにするかパソコンで作成するか迷ってしまう方は数多くいます。

このページでは、選考で提出する履歴書について、解説します。

このページで分かること
  • 履歴書は手書きとパソコンのどちらが良いか
  • 採用担当者に対するアンケート調査の結果
  • 履歴書を手書きするメリット・デメリット
  • パソコンで書くメリット・デメリット
  • 履歴書を作成できるおすすめサイト

指定がなければどちらでも構わない

履歴書の画像

履歴書を手書きとパソコンのどちらで書くべきか迷う人は多いですが、企業側からの指定がなければどちらの書き方でも問題ありません。

文字に自信があったり、手書きの履歴書で個性を出したいのであれば手書きにするのも良いです。また、誤字脱字に不安があったり、できるだけ早く作りたい方はパソコンで作成しても良いです。

企業の採用担当者による投票

このサイトが、企業の採用担当者にアンケート調査をした結果を紹介します。

採用に関わる20人に『手書きの履歴書とパソコンで作成した履歴書のどちらが良いか』を調査しました。また、同時に任意でコメントして頂きました。

手書きの履歴書とパソコンで作成した履歴書のどちらが良いかのアンケート調査結果
手書きの履歴書とパソコンで作成した履歴書のどちらが良いか(計20人)
・手書きが良い・・・5人(25%)
・どちらでも良い・・・11人(55%)
・パソコンが良い・・・4人(20%)

アンケート調査の結果では、『どちらでも良い』の回答が半数を上回り、手書きとパソコンの選択肢には同じくらいの票が集まりました。

また、『手書きが良い』『パソコンが良い』と答えた採用担当者の中には「他の書き方でも減点はしない」という旨のコメントをしている人も複数見られました。

投票した採用担当者からのコメント

次は、上のアンケート調査に回答した採用担当者から得られた回答理由を紹介します。

  • 今の時代はパソコンが多いですから手書きだと目を惹きますね。(回答:手書きが良い)
  • 正直、どちらでも構いません。強いて言えば、手書きの方がその人の人となりが分かるので個人的には好きです。(回答:手書きが良い)
  • 書き方より内容が重要です。(回答:どちらでも良い)
  • 双方にそれぞれの良さがあります。私は応募される方の判断に任せていますね。(回答:どちらでも良い)
  • 手書きで読みづらい文章を送られるよりは、パソコンで作って来てもらえる方がありがたいです。(回答:パソコンが良い)
カエル
カエル

採用担当者ごとに好みはあるけれど、指定がなければどんな書き方でも良いんだね。
ところで、アンケート対象が20人って少なくない?

ウサギ
ウサギ

勘弁してくれ、採用担当者を20人探すのもアンケートを依頼するのも大変なんだ...。

履歴書を手書きするメリット・デメリット

カエル
カエル

結局どっちがいいんだろう?

それぞれのメリットやデメリットがあれば教えてよ。

ウサギ
ウサギ

そうだな、まずは手書きについて解説しよう。

履歴書を手書きすることには、以下のメリット・デメリットがあります。

  • 個性のある履歴書に仕上がる
  • 丁寧な印象を伝えることができる
  • 作成に時間がかかる
  • 失敗すると汚く見える

個性のある履歴書に仕上がる

履歴書を手書きにするメリットの1つ目が、個性のある書類を作れる点にあります。

パソコンで作成された履歴書は無個性になってしまいますが、手書きでは、その人の文字や文章の書き方を見ることができます。

複数枚の履歴書があった時、手書きの方が目を惹きます。

丁寧な印象を伝えることができる

履歴書を綺麗に手書きすることで、丁寧な印象を与えることができます。

文字の綺麗さだけでなく、文字と文字の間隔、行間などを意識して書くと面接官の目を惹く履歴書に仕上がります。

仕事上、文字や数字を書く機会が多いと、綺麗な文字を書ける人材は重宝されます。事務や設計などの職に応募するのであれば、綺麗な文字で手書きするのがおすすめです。

作成に時間がかかる

履歴書を手書きすることには様々なメリットがある一方で、手書きにはパソコンに比べて時間がかかる欠点があります。

履歴書をパソコンで作成する場合には、文章を考えながら打ち込むことができます。分量の調節も簡単なうえに、文字が乱れることがありません。

一方、手書きでは、書く内容を考えてから丁寧に記載する必要があります。

人によっては下書きをしてから清書をするので、パソコンに比べて圧倒的に時間がかかります。

失敗すると汚く見える

履歴書を手書きするデメリットの2つ目が、誤字脱字などの失敗をした際に汚く見えてしまう点です。

例えば、履歴書で誤字脱字をした場合、横線を引いて訂正印を押すか、新しい紙に書き直すことになります。失敗が1カ所であれば訂正印も目立ちはしませんが、訂正箇所が複数あると履歴書全体が汚く見えてしまいます。

誤字脱字に不安がある方は、一度下書きをしてから清書をするか、パソコンを使用しましょう。

履歴書をパソコンで書くメリット・デメリット

カエル
カエル

僕は字が汚いから手書きは難しいな。

ウサギ
ウサギ

次は、パソコンで書くことにはどんなメリット、デメリットがあるか教えよう。

履歴書をパソコンで書くことには、以下のメリット・デメリットがあります。

  • 失敗なく早く作れる
  • 文字が読みやすい
  • 無個性になりやすい
  • 履歴書の作り方を知っている必要がある

失敗なく早く作れる

履歴書をパソコンで作成するメリットの1つが、失敗せずに早く作れる点です。

上でも記載した通り、手書きの履歴書は書き直しが難しいです。間違えた箇所が多くなると汚く見えるので失敗しないように注意しながら書き進めることになります。

しかし、パソコンで作成すれば、誤字脱字も簡単に直すことができます。

加えて、文章を考えながらスラスラと打ち込むことができるので、手書きに比べて圧倒的な速さで作ることができます。

文字が読みやすい

履歴書をパソコンで作成するメリットの2つ目が、読みやすい文字で書ける点です。

手書きの文字には、書き手の癖が出ます。綺麗な文字を書くのが苦手な方もいるので、読みづらいことがあります。

一方、パソコンで作成するとフォントや間隔が統一されるため、誰が書いても読みやすい仕上がりになります。

履歴書をパソコンで作成する場合には、『明朝体』や『ゴシック』などの使用率が高く、無難なフォントを選びましょう。

無個性になりやすい

パソコンには、失敗なく作れる点や読みやすい文章を書ける点など様々なメリットがありますが、デメリットとなるポイントもいくつかあります。

そのデメリットの1つが、無個性な書類になりやすい点です。

パソコンで作った書類は非常に綺麗で読みやすいですが、書かれている内容以外に相手に与える情報がありません。

手書きで個性を出している履歴書があった場合、存在や情報量で負けるのは言うまでもありません。

履歴書の作り方を知っている必要がある

履歴書をパソコンで作成するためには、履歴書の作り方を知っている必要があります。

パソコンを用いた履歴書の作成方法しては、WordやExcelなどのツールを使用する方法と既存のフォーマットに書き込む方法があります。

パソコン操作に慣れていれば簡単に作成できますが、パソコンが苦手な方は苦戦するかもしれません。

パソコンで履歴書を作成できるサイト

カエル
カエル

僕は、手書きで失敗するのが怖いからパソコンを使おうかな。

履歴書を作成できるサイトがあれば教えてよ!

ウサギ
ウサギ

そうだな、使いやすいサイトを紹介しよう。

ここからは、既存のフォーマットを使用して履歴書を作成する方のために、おすすめのサイトを紹介します。

履歴書のデータが簡単に作れる『yagish』

yagishのHP画像
https://rirekisho.yagish.jp/

パソコンを使用して履歴書を作成する方には、登録なし、完全無料で使える『yagish(ヤギッシュ)』がおすすめです。

こちらのサイトでは、履歴書や職務経歴書のテンプレートが用意されており、目的に応じたものを選んで必要な情報を入力するだけで本格的な履歴書を作ることができます。

履歴書の充実度は非常に高く、JIS規格のものからアルバイト用まで幅広く用意されています。

作成したデータは、PDFとして出力したり、印刷することができます。

yagish

完成をイメージしながら作れる『Trico』

TricoのHP画像
https://trico.ne.jp/contents/tribe_service/r

Trico』も登録なし、完全無料で使るサイトで、履歴書や職務経歴書を作成することができます。

テンプレートは履歴書と職務経歴書でそれぞれ1種類しかありませんが、空欄に文字を入れる形式になっているので、実際に履歴書を書いているような感覚で作成できます。

こちらも、作成した履歴書をデータ化できるので、PDFや印刷して使えます。

Trico

カエル
カエル

どちらのサイトもスマホから使えるんだね。
それも嬉しいポイントだね!

履歴書の手書きorパソコンのまとめ

カエル
カエル

作成した履歴書を印刷してきたよ。

後はこれを送信すれば完了だね!

ウサギ
ウサギ

手書きでもパソコンでも書き方だけは注意しような。

履歴書の書き方を再確認したい方は、こちらをチェックだ。

このページでは、履歴書を手書きで書くべきかパソコンで作成するべきかの解説から採用担当者に対するアンケート調査の結果、それぞれのメリット・デメリット、パソコンを使った作成方法を紹介しました。

このページの情報をまとめると以下の様になります。

履歴書は手書きとパソコンのどちらで書くべきか?
企業側からの指定がなければどちらの書き方でも良い。
履歴書を手書きするメリット・デメリット
  • 個性のある履歴書に仕上がる
  • 丁寧な印象を伝えることができる
  • 作成に時間がかかる
  • 失敗すると汚く見える
履歴書をパソコンで書くメリット・デメリット
  • 失敗なく早く作れる
  • 文字が読みやすい
  • 無個性になりやすい
  • 履歴書の作り方を知っている必要がある
パソコンで履歴書を作成できるサイト
yagish
Trico

履歴書は企業側らの指定がない限り、手書きでもパソコンでも問題はありません。

アンケート調査からは、採用担当者によって好みが分かれることも分かりました。しかし、自分の担当に着く人がどんな好みを持っているかを知ることはできません。

転職時の履歴書は『何で書くか』よりも『マナーを守っているか』の方が重要視されます。

減点を受けない履歴書を書けるようにしましょう。

履歴書の書き方はこちら

転職が不安な方はエージェントサービスを利用しましょう。

リクナビNEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました