転職時、選考対策時に役立つ企業研究の方法【目的・パターン別に3選】

アイキャッチ画像『企業研究の方法』転職
カエル
カエル

転職活動を始めたばかりなんだけど、何をすれば良いのかな?

ウサギ
ウサギ

そうだな、今回は選考や業界参入に役立つ企業研究の方法について紹介しよう。

転職活動に始めには、自分に合った業種や入社したい会社を決めるために企業研究を行います。

企業研究は、志望動機を考える際の参考になるだけでなく、入社後のミスマッチを防ぐなど重要な意味を持ちます。

このページでは、転職活動を始めたばかりの方に向けて企業研究の方法を紹介します。既に転職活動を始めている方も再確認のために目を通しておいてください。

このページで分かること

  • 転職時に企業研究に力を入れているか
  • ケース別の企業研究の方法
  • 企業研究に使える情報源(ソース)

転職の始め方、進め方はこちら

転職時の企業研究に力を入れているか

企業研究のイメージ画像

まずは、どれくらいの人が転職時の企業研究を重要視しているか見てみましょう。

当サイトが、社会人50名に『転職時に企業研究に力を入れているか』の調査をした結果が以下の様になります。

企業研究に力を入れているかのアンケート調査結果
企業研究に力を入れているか(計50人)
企業研究に力を入れている・・・28人(56%)
企業研究にあまり力を入れていない・・・14人(28%)
企業研究をほとんどしていない・・・8人(16%)
カエル
カエル

半数以上の人が企業研究を重要視しているけれど、もう半数くらいは疎かにしていると自覚しているんだね。

ウサギ
ウサギ

企業研究は『何を』『どこまで』調べれば良いかがはっきりしないからな。

方法が明確でない分、人によっては軽視されてしまうんだ。

今回のアンケートでは、『企業研究にあまり力を入れていない人』と『企業研究をほとんどしない人』の合計が約半数に上ることが分かりました。

就活を行う人にとって非常に重要な企業研究は、具体的な方法が分からないために軽視されがちでした。

企業研究の不足が招く失敗

カエル
カエル

企業研究をしないとどうなるの?

ウサギ
ウサギ

企業研究は会社選びだけでなく、選考にも関わってくることがある。

これを軽視していたせいで、面接で足元を掬われる事例は多いぞ。

企業研究を疎かにしていると、転職に不利益をもたらす問題が起こる可能性があります。よくある3つのケースを紹介します。

  • 転職の視野が広がらない
  • 入社後のミスマッチ
  • 面接時の情報不足

転職の視野が広がらない

企業研究は、特定の企業について情報を集める行為ですが、同時に関連企業についての情報を収集して転職の視野を広げるのにも役立ちます。

自分のスキルや経験を活かせる企業は応募を検討している会社ではないかもしれません。その会社の関連会社の可能性もあれば、取引先の会社である可能性もあります。

企業研究をしないと、業務内容の比較ができないため常に少ない選択肢の中から選ぶことになります。

入社後のミスマッチ

企業研究には、企業とのミスマッチを防ぐ目的もあります。

その企業がどんな事業を行っているのか、純利益は安定しているのか、社内の人間関係は問題ないかなど様々な情報を知ることができます。

場合によっては入社を見送るような情報があるかもしれません。

しかし、企業研究を行わないと良い情報も悪い情報も入ってこないために入社後のミスマッチに繋がってしまうのです。

面接時の情報不足

企業研究の目的3つ目は、面接時の情報不足を防ぐためです。

面接時には、「なぜこの会社を志望したのですか」「この業界を志望した理由を教えてください」と、会社や業界を志望した理由が問われます。

この質問で面接官は、数ある会社や業界の中からその会社を選んだ理由を求めており、曖昧な返答をすると、明確な理由がない、志望度が低いと判断されて不採用になる可能性が高いです。

企業研究を行うことで、『どうしてこの業界を選んだのか』『この会社でしかできないことは何なのか』をしっかりと答えられるようになります。

カエル
カエル

確かに、会社の情報を全く調べていない人が面接に来たら失礼だよね。

ウサギ
ウサギ

そうだな、企業研究をしていないのがバレたら印象が悪いな。

企業研究で後悔した人の声

カエル
カエル

実際に企業研究を怠って失敗した人の声はないの?

ウサギ
ウサギ

少しだが集めることができた。

経験者の生の声を紹介しよう。

ここからは、企業研究の重要性を知るために転職経験者の声を紹介します。

転職時の企業研究を疎かにして、後悔や失敗をした方5名から寄せられたコメントになります。

  • 和やかに進んでいた面接の最中、HPに書いてある基本的な事を忘れて急に緊張した経験があります。(30代・男性・製造業)
  • ホームページの感想を聞かれてどぎまぎしました。事前にチェックはしていたのですが他の会社のホームページも見ていたので混同して答えられませんでした。(20代・女性・営業職)
  • 入社した会社が若い社員ばかりで合いませんでした。会社を辞めた人のクチコミには若い社員がほとんどと書かれていたので読んでいれば応募しなかったと思います。(40代・女性・職業無回答)
  • 調査不足で面接に落ちました。(30代・男性・職業無回答)
  • 転職エージェントを利用したのですが、お祈りメールのフィードバックが「業界への志望度が低いと見受けられたため」になっていました。(30代・女性・保険営業職)
カエル
カエル

面接時に研究不足が露天したら緊張するね。

ウサギ
ウサギ

調べていたつもりでも答えられなければ減点されるからな。

他の会社の情報と混同したら困るよな。

企業研究の方法

カエル
カエル

僕も企業研究をすることにしたよ。
方法が分からないんだけど、まずは何から始めればよいの?

ウサギ
ウサギ

そうだな、企業研究と一言に言っても、目的ごとにすべきことが変わってくるぞ。

いくつかの方法を紹介するから自分に合ったものを選んでくれ。

ここからは、企業研究の方法を以下の3つの目的別に紹介します。

  • 企業研究で業界を知る
  • 企業研究で入社後のミスマッチを防ぐ
  • 志望動機、面接対策のための企業研究

企業研究で業界を知る

未経験の業界に転職する際に企業研究は役に立ちます。

これから参入する業界が『どんな会社と繋がりを持っているのか』『どんな業務を行うのか』を知ることで、業界内での目指すべき役割を見い出せるのです。

未経験の業界について企業研究を行う方には、以下の3つのソースを使用する方法がおすすめです。

  • 企業のホームページ
  • 企業が配布するパンフレット
  • 転職エージェントサービス

企業の公開しているホームページ、パンフレットでは、業務の仕組みや会社間の繋がりをチェックすることができます。また、業界内における会社の立ち位置や社会貢献度を知ることができ、他の会社と比較する際にも役立ちます。

一方、転職エージェントサービスでは、知識豊富なキャリアアドバイザーから業界についての説明を受けることができます。気になる点については応募者に代わって質問してもらうこともできるので、疑問を解決しやすいメリットがあります。

以上2つの方法では、初参入の業界に対しての不安や知識不足を解消することができます。

おすすめのエージェントサービスは、リクナビNEXT

リクナビNEXT

企業研究で入社後のミスマッチを防ぐ

企業研究の最大の目的が、入社を検討している会社について詳しく知って入社後のミスマッチを防ぐことです。

特定の会社について企業研究を行うことで、求人情報や事業内容、経営理念を知り、入社後の大まかなイメージを持つことができます。

会社の情報を集める方には以下の5つのソースを使う方法がおすすめです。

  • 企業のホームページ
  • 企業が配布しているパンフレット
  • 掲載求人
  • 会社説明会
  • 口コミサイト

特に、就活イベント等で企業が説明会を行う際には、積極的に参加しましょう。

就活イベントでは、純利益や退職率、交通の便など、企業のホームページには記載されない情報まで知ることができます。また、質問もしやすいため企業研究に活かしやすい場となります。

実際にその会社で働いている人と関わることで、社員のキャリア、従業員間の雰囲気を知ることができるのもメリットの1つです。

志望動機、面接対策のための企業研究

企業研究には、志望動機を考える際や面接対策としての効果もあります。

企業研究を行うことで、志望動機や面接でどんな経験をアピールできるのか知ることができます。

『その会社で何ができるのか』『どんなスキルが身に付くのか』を知って、入社後のキャリアビジョンを考えましょう。

面接対策として企業研究を行うのであれば、以下のソースを活用する方法のがおすすめです。

  • 企業のホームページ
  • 企業が配布しているパンフレット
  • 口コミサイト

特に、口コミサイトには、その会社に入社した人の実際の声が書かれており、非常に参考になります。

入社後のどんな部署で働いていたのか、どの部署の退職者が多いのかを見ると共に社内状況についてのコメントを参照しましょう。

また、口コミサイトには、選考を受けた人のコメントが記載されていることがあります。面接で聞かれた内容や実際に応えた内容を見ることができるため、面接対策としては非常に有効な手段となります。

企業研究は必ず行いましょう。

カエル
カエル

企業研究の方法について詳しく知ることができたよ!

僕は転職先の業界について知ることから始めるよ。

ウサギ
ウサギ

企業研究を行うことで最低限必要な情報が得られるぞ。

企業研究が転職成功に直結することもあるから絶対に疎かにしてはいけない。

このページでは、企業研究についてのアンケート調査から企業研究をしない場合に起こり得る問題、具体的な研究方法を紹介しました。

このページで紹介した情報をまとめると以下の通りです。

企業研究の不足が招く失敗
  • 転職の視野が広がらない
  • 入社後のミスマッチ
  • 面接時の情報不足
企業研究のやり方、方法
  • 企業研究で業界を知る
  • 企業研究で入社後のミスマッチを防ぐ
  • 志望動機、面接対策のための企業研究

アンケート調査の結果からも分かる通り、企業研究を疎かにしていると自覚している人はかなりの割合になります。

しかし、企業研究は書類選考や面接対策になるだけでなく、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

正しい方法を知らないために情報収集ができていなかった方は、このページで紹介した方法を参考に改めて企業研究を行ってみてください。

転職したい会社が決まったら次は履歴書を書きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました