おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

【転職でも必須】webテストの対策方法|対策本や練習サイトを紹介

アイキャッチ画像『webテストの対策』転職
カエル
カエル

企業のwebテストがボロボロだったよ。

webテストの結果って転職にどれくらい影響するの?

ウサギ
ウサギ

そうだな、今回はwebテストについて解説しよう。

しっかり対策することで安心して就活ができるぞ。

転職の際には、webテストの受験が必要になることがあります。

基本から発展まで出題のレベルは企業によって異なりますが、対策をしていないと満足に解けないことがあります。webテストを受験した人の中には、「手ごたえが悪かった」「受験結果が悪くて心配になった」と答える方も多くいます。

実際のところ、webテストの結果は選考にどれくらい影響するのでしょうか?

また、webテストの対策はどのように行えば良いのでしょうか?

このページでは、webテストについての基本的な説明から、webテストが選考にどれくらい影響するのか、webテストの対策方法を紹介しています。

このページで分かること
  • webテストの基本的な説明
  • SPIの詳細
  • 企業はwebテストを実施する理由
  • webテストの対策方法
  • おすすめの対策テキスト
  • SPI対策に使えるサイト

転職の始め方、進め方はこちら

webテストとは?

テストのイメージ画像

まずは、webテストについて基本的な情報を確認しましょう。

webテストは、企業が採用活動に取り入れる選考過程のひとつで、webを使用して受験できるテストのことです。

応募者の能力や性格、仕事への適正などを測る目的で採用過程に取り入れられます。

多くの企業が『SPI』を採用していますが、webテストには他にもいくつかの種類があります。種類とその詳細は以下の通りです。

提供企業出題
SPIリクルート言語・非言語・適性検査
ENGリクルート英語
GAB日本SHL言語・非言語・能力
玉手箱日本SHL性格・能力
TG-WEBヒューマネージ言語・非言語

ほとんどの企業がSPIを導入していますが、英語力やより専門的な数学を扱う会社ではENGやTG-WEBなどのテストを採用していることがあります。

このページでは、採用率の高いSPIの対策を紹介します。

SPIについての詳しい説明

SPI検査は、リクルート社が提供するwebテストで、能力検査(言語・非言語)と適性検査で構成されています。

選考への導入率が最も高く、新卒採用はもちろん、転職でも用いられています。

  • 能力検査

能力検査は、国語の知識や文章を読む力を測る『言語』、基本計算や図表を読む力を測る『非言語』で構成されています。

双方とも制限時間が設けられており、時間内に解けた問題の数や正答率が算出されます。

  • 適性検査

一方、『適性検査』では、受験者の人となりや仕事への適正を測ります。

選択形式で出題される質問に対して、最も近い選択肢を選ぶことで大まかな人物像がデータ化されます。

ウサギ
ウサギ

出題は企業によるから、適性検査のみを課す会社もあれば3つのテストを課す会社もあるな。

特に転職では、適性検査のみ出題されることが多いぞ。

企業がwebテストを行う理由

カエル
カエル

どうして企業はwebテストを行うの?

お互いに面倒でデメリットだよ~。

ウサギ
ウサギ

確かに費用や手間はかかるが、それを上回るメリットがあるからだろう。

次に企業が選考過程にwebテストを取り入れる理由を紹介します。

主な理由は以下の3つです。

  • 最低限の知識を確認するため
  • 会社に合う人材かチェックするため
  • 就活生の足切りをするため

最低限の知識を確認するため

webテストを出題する理由の1つが、最低限の知識を身に付けていることを確認するためです。

SPIでは、言語や数値計算、倫理的思考など、仕事をする上で必要となる基本的な力が確認されます。

基本的な知識を身に付けていない人材を採用してしまうと、企業にとって大きな負担となるので、これを避けるために企業はwebテストを導入するのです。

最低限の知識を確認するためのwebテストでは、基準が緩かったり点数が選考に影響しないことが多いです。

会社に合う人材かチェックするため

webテストを実施する理由の2つ目が、会社に合った人材であるかチェックするためです。

会社にマッチしていない人材を採用してしまうと、教育に時間がかかったり早期退職に繋がったりと企業にとっては、損失を生むリスクがあります。

また、新入社員の人物像が分からないと、どういった教育を行えばよいか、誰を教育係に付けると効果的なのかを判断することができません。

こういった会社の損失を防ぎ、社員教育をスムーズにさせるために適性検査が導入されます。

受検者が会社の業務や雰囲気に合うかを見定めるのに使われるため、適性検査の結果を重視する企業では選考に影響することがあります。

就活生の足切りをするため

企業がwebテストを行う理由の3つ目が、就活生の足切りを行うためです。

大手の企業では、少ない募集に対して多くの応募が集まります。

全ての就活生を選考に進ませることは企業にとって大きな負担となるうえに現実的ではありません。この多数の応募者から優秀な一部の人材を残すためにwebテストで足切りが行われます。

足切りを目的としたwebテストの場合、通過率は応募数によります。

例えば、10人に面接を行う企業に15人の応募があった場合には5人、20人の応募があった場合には10人が落ちることになります。

求人を年に数回しか出していない人気の企業では、足切り目的のwebテストが出題されるため問題が難しいことが多いです。

転職ではwebテストの点数で選考落ちする?

カエル
カエル

新卒採用にwebテストの結果が影響するのは分かるけど、転職でも同じなのかな?

中途採用にSPIを使わない企業も多いよね。

ウサギ
ウサギ

転職では、形式的なものとしてwebテストを受験することが多いな。

だが、応募の多い会社ではテストの結果次第で選考落ちするから油断は禁物だ。

webテストを受験した人の中には、思うように解けず選考落ちを懸念する方がいます。

SPIは足切り目的で導入されることもあり、一度に多くの応募者が集まる新卒採用では、webテストの結果が悪いと選考落ちすることがあります。

一方、転職では応募者の人柄やスキル、経験が重視されるため書類選考や面接の方が大きなウエイトを占めることが多いです。

受験の手ごたえが悪くても必ずしも不採用になるわけではありません。

ただし、転職の場合であっても応募の集中する企業では、webテストで足切りが行われることがあります。

面接へと駒を進めるためにもwebテストの対策を行いましょう。

webテスト(SPI)の対策方法

ウサギ
ウサギ

次はwebテストの対策について話すぞ。

カエル
カエル

勉強か...。

やりたくないな~。

ここからは、webテストの対策を紹介します。

転職を有利に進めるためにも以下のいずれかを実践しましょう。

  • SPIの対策本で勉強する
  • 就活サイトで対策する

SPIの対策本で勉強する

webテストの対策として有効なのが、SPIの対策本を購入して勉強する方法です。

各出版社から販売されている対策本には、毎年の出題傾向やパターンを分析して選ばれた問題がまとめられているため勉強の効率はかなり良くなります。

安く購入したい方には『史上最強の転職者用SPIよくでる問題集』

史上最強の転職者用SPIよくでる問題集

安く購入できる対策本を探している方には、『史上最強の転職者用SPIよくでる問題集』がおすすめです。

内容は比較的優しい問題が中心となっており、基礎を学びたい方やwebテストの形式に慣れたい方に最適です。

購入はこちら

おすすめのSPI対策本は『転職者用SPI3攻略問題集【改訂2版】 』

転職者用SPI3攻略問題集【改訂2版】』 では、比較的難易度の低い問題が中心に取り扱われており、詳しい解説が付いています。

転職時など、webテストで難しい問題が出題されにくい時には、この一冊で十分に対策できます。

購入はこちら

ウサギ
ウサギ

間違えた場所を記録しておくと次に活かせるぞ。

対策本は最低でも一冊持っておこう!

専用のサイトで対策する

webテストの対策として2つ目に有効なのが、就活サイトなどに掲載されている練習問題を利用する方法です。

リクルートやマイナビ、キャリタスなどの大手就活サイトでは、独自のSPI問題をサイトに掲載しており、誰でも受験することができます。また、SPI専用の無料学習サイトでも実際の試験に近い問題を解くことができます。

実際に出題された問題を参考に作られているので、テストに慣れたい方におすすめです。

就活サイトでSPI対策をする方は、会員登録なしですぐにテストが受けられるキャリタスの利用がおすすめです。

無料で使えるSPIサイトでは、SPI無料学習サイトがおすすめです。

転職でもwebテスト対策は大切です

カエル
カエル

これで対策もばっちりだね。

転職でもwebテストが必要になるとは思わなかったよ。

ウサギ
ウサギ

webテストの対策は疎かにしていると選考に影響することがあるぞ。

能力検査の練習をしておくのは大切だ。

このページでは、webテストの基本的な解説から採用に導入する理由、対策方法を紹介しました。

このページの情報をまとめると以下の通りです。

企業がwebテストを行う理由

  • 最低限の知識を確認するため
  • 会社に合う人材かチェックするため
  • 就活生の足切りをするため
webテスト(SPI)の対策方法

  • SPIの対策本で勉強する
  • 就活サイトで対策する

転職時のwebテストでは、適性検査のみ実施されることがあります。

能力検査のレベルもそれほど高くないことが多いのですが、油断していると選考落ちする可能性があります。

このページで紹介した対策方法を参考にwebテストの準備を行ってください。

転職に不安がある方はエージェントサービスを利用しましょう。

type転職エージェント

こんな方は転職エージェントに相談しましょう!

  • 無事に転職できるのか不安
  • 無料のサービスを使いたい
  • 非公開求人も案内されたい
  • 短い期間で内定を貰いたい
  • プロのサポートを受けたい

完全無料&大手で安心!

リクナビNEXT

転職 転職の始め方・進め方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました