転職転職の始め方・進め方

転職活動で会社見学をする際のポイント・注意点|持ち物や申し込み方法を解説

アイキャッチ画像『転職活動で会社見学に参加する方法』転職
カエル
カエル

転職活動で応募した企業から会社見学の案内をもらったんだ。

参加してみたいから注意するポイントがあれば教えて欲しいな。

ウサギ
ウサギ

そうだな、参加方法やマナーを把握し、社内を知る良い機会にしよう。

転職活動では、エントリーした企業から見学の案内が届くことがあります。

直接的な案内の他にも、企業説明会に参加した応募者に対して社内見学を行うケースもあるため、応募した企業に向かう際には見学の方法やマナーについて確認しておくと良いでしょう。

このページでは、会社見学を行う転職者に向けて、日程調整の方法や見学当日のマナーについて解説しています。

こんな方にオススメのページです
  • 現在、転職活動を行っている
  • 会社案内のメール、電話が届いた
  • 企業見学をしたいと思っている

→見学できる会社を探すならリクナビネクスト

転職活動で社内見学をしておくべき?参加するメリットとは

会社見学のイメージ画像

応募した企業から会社見学の案内を受けた際には、参加しておくと良いでしょう。

職場見学に参加するメリットとして以下の4つが挙げられます。

  • 採用担当者に志望度の強さをアピールできる
  • 会社との相性をアピールできる
  • 現職と比較、検討できる
  • ブラック企業を見抜く機会になる

採用担当者に志望度の強さをアピールできる

会社見学に参加することで、採用担当者に志望度の高さをアピールすることができます。

エントリーしたにも関わらず会社見学や企業説明会等の案内を断るのは印象が良くありません。

採用担当者としては「入社意欲が弱い」「弊社で働くイメージを掴もうとしていない」と、マイナスの印象を持つことになるでしょう。

在職中の転職活動など日程調整が難しい人は、その旨を相談しておくと採用担当者も納得してくれます。

会社との相性をアピールできる

会社見学に参加して、会社の雰囲気を知ったり社員とコミュニケーションを取ることは選考を有利に進めるにあたって非常に有効な方法となります。

採用担当者は、応募者と対面する機会を利用して『自社の社風や人間関係にマッチした応募者か』を見極めます。

そのため、会社との相性が良いことをアピールできれば「この人なら問題なく働けるだろう」と、採用を前向きに考えてもらえることがあります。

現職と比較、検討できる

会社見学では、転職先企業と現職を比べて双方の劣った部分・優れた部分を把握することができます。

仕事探しの際には、求人票に記載されている給与額・ボーナス・福利厚生に目が行きがちですが、長期に渡って働き続けるためには社内の雰囲気や設備に注目する必要があります。

こういった求人情報では知ることのできない部分を把握し、疑問を解決するチャンスとして会社見学を利用すべきです。

ブラック企業を見抜く機会になる

会社見学を有効活用することで、ブラック企業への入社を防ぐことができます。

働いている社員の表情や仕事ぶりを見たり、トイレや給湯室といった設備が綺麗にされているかをチェックすることで、その会社の実態を知ることができます。

また、夕方以降まで見学を行う場合には、退勤時間を過ぎても働いている人がいないか、どれくらいの人が残業しているかも見ておくと良いでしょう。

ブラック企業の見分け方は『転職で役立つブラック企業の見分け方!労働者が知っておきたい会社の情報』をご覧ください。

会社見学の申し込み方・参加方法

カエル
カエル

転職する会社の内部を見ることができるのはミスマッチを防ぐ手段としても有効だね。

ウサギ
ウサギ

そうだな、ここからは見学の申し込み方や参加方法について解説しよう。

・転職先企業から会社見学の案内を受けた場合

企業側から見学の案内を受けた場合には、早めに参加の意思を伝えましょう。

参加を伝えることで具体的な日程や時間を提案されるので、会社側と日程調整を行います。万が一、提案された日程で参加が難しい場合には複数の候補日を提案して日程変更のお願いをします。

・転職者側から会社見学のお願いをする場合

会社側から見学や説明会の案内がない場合、転職者側からお願いすることで実施してもらえることがあります。

「わがままを言うようで気が引ける」と感じるかもしれませんが、入社後のミスマッチを起こさないためにも参加しておくべきです。

見学のお願いをする際には、希望する日時を複数提案してメールで送るのがベターです。必ずしも対応してもらえる訳ではないので、低姿勢な文面を送り断られた際にはすぐに引き下がりましょう。

見学当日はスーツ着用・筆記用具持参

見学に参加する際には、スーツを着用して面接と同様の身だしなみを心がけます。

フランクな見学・説明会であったとしても私服で参加するのは印象が悪いです。また、持ち物としてメモや筆記用具、事前にパンフレットをもらっている場合にはそれらも持参します。

見学の際に様々な書類を受け取ることもあるので大きめのバックやクリアファイルを用意するのもお勧めです。

会社見学で注意するポイント

カエル
カエル

僕も実際に会社見学に参加することにしたよ。

見学するにあたって気をつけるポイントとかあれば教えて欲しいな。

ウサギ
ウサギ

無理に相手の印象に残っろうとせず、礼儀やマナーに気をつけていれば良い。

詳しく解説しよう。

会社見学を人事や採用担当が行う場合、基本的なマナーや礼儀、コミュニケーション能力などを見られている可能性があります。

失礼にあたる言動や大きな失敗は今後の選考にも影響するため、以下のポイントに注意しましょう。

  • 最低限の礼儀、マナーに気をつける
  • 社員への挨拶を忘れない
  • 質問を複数用意しておく

中途採用では、ビジネスマナーや一般常識が身に付いて

いる事は大前提となります。ここで正しい敬語ができなかったり、挨拶ができないなどの大きな問題が見られると選考にも影響します。

また、会社見学の際には質問を求められることもあります。

あまりにも簡単な質問をしたり、既に話した話を聞き返すことがないよう予めいくつか用意しておきましょう。

転職活動における会社見学のまとめ

転職成功のイメージ画像

このページでは、転職に際して会社見学に参加する方・希望する方に向けて、会社見学の参加方法や注意するポイントについて解説しました。

会社見学は入社する企業の内部を知り、ミスマッチを防ぐ良い機会となります。

会社側から案内を受けなかった場合には、応募者側から実施のお願いをすると良いでしょう。

また、見学ありの求人を探したい方には大手リクルートが運営する求人サイトリクナビNEXT がおすすめです。

企業やエージェントから見学や会社説明会などのスカウトメールが届くので登録しておくだけで転職に有利になります。

完全無料で利用できるので気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

\リクナビネクスト公式サイト/

リクナビNEXT

リクナビNEXT

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました