おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

転職のボーナス受給は諦めるべき?減額されない方法、スケジュールとは

アイキャッチ画像『転職時のボーナスは諦めるべきか』転職
カエル
カエル

退職交渉のタイミングで迷っているから相談に乗って欲しいんだ。

僕はボーナスを貰ってから辞めたいんだけど、周りからはすぐ辞めることを勧められるんだ。

どっちが良いのかな?

ウサギ
ウサギ

ボーナスを貰うべきかで悩む人は多いな。

このページで解説するから決着を付けよう。

多くの正社員が転職を考える際に「ボーナスを受け取ってから転職すべきか」「諦めてすぐにでも転職すべきか」で頭を抱えます。一般に企業が6~7月と12月にボーナスを出すのに対して、転職開始のシーズンが2~3月、8~9月と、数か月間のズレがあります。

転職時期をずらしてボーナスを受け取った方が良いのか、諦めて早く辞めてしまうべきか迷っている方はこのページを参考になさってください。

このページでは、転職時にボーナスを貰うべきケース、諦めるべきケース、貰う場合に減額されにくい方法を紹介しています。

このページで分かること
  • 転職とボーナス受給のタイミング
  • ボーナスを貰うべきケース
  • ボーナスを諦めるべきケース
  • ボーナスが減額されにくい方法
  • ボーナスを諦めることのメリット

転職時期とボーナス支給はタイミングが異なる

給与、ボーナスの画像

多くの社会人が春から新しい会社に入社できるよう、2~3月頃に転職活動を始めます。また、秋の入社を目指して8~9月に転職活動を始める方も多くいます。

この時期は、企業も採用に力を入れているため採用活動が活発化し、転職のしやすいシーズンとなるのです。

一方、企業のボーナス支給は6~7月と12月であることが多く、転職シーズンより後になっています。

転職活動に最適な時期とボーナスの支給タイミングにズレがあるために多くの正社員がボーナスを貰ってから辞めるべきか、諦めるべきかで悩むのです。

ボーナスを貰えば退職に有利なタイミングを逃すことになりますが、金銭的には余裕ができます。反対にボーナスを諦めれば求人数の多いタイミングで転職先を探すことができます。

双方にメリット・デメリットがありますが、受給すべきかは人によって異なります。ボーナスを貰うべきか、諦めるべきか迷っている方は次の項目でどちらが最適か考えてください。

ボーナスを貰うべきケース

ウサギ
ウサギ

まずは、賞与を受け取っておくべき人について紹介するぞ。

ボーナスを貰うべきなのは以下の5つの場合です。

  • 転職のタイミングがボーナスと重なる
  • 希望の転職先が常に求人を出している
  • 金銭的な余裕がない
  • 転職はしたいがビジョンが明確でない
  • 転職活動が長引いている

転職のタイミングがボーナスと重なる

ボーナスを貰っておくべき1つ目のケースが、転職とボーナスのタイミングが重なっている場合です。

転職活動を進めている期間にボーナスが支給されるのであれば、貰っておいて損はありません。

ボーナスの詳細は賞与規定によって定められているため、会社によっては退職の意志を伝えることで減額されることがあります。転職活動中にボーナスを受け取れるようであれば、転職の意志を伝えないようにしましょう。

ある程度のまとまった額が受け取れるので、退職後や転職準備にお金を回すことができます。

希望の転職先が常に求人を出している

ボーナスを貰っておくべき2つ目のケースが、転職希望の就職先が常に求人を出している場合です。

多くの会社が2~3月と8~9月に求人を出すため、この時期が転職に有利なシーズンとされます。しかし、企業によっては年間を通して求人を出していることもあり、時期に捉われな転職が可能です。

年間を通して募集している企業の選考にはいつでも応募できますが、転職シーズン以外で応募するのであれば選考落ちした際の応募先を考えておく必要があります。

転職シーズン以外で選考落ちしてしまうと選択肢が減ってしまうのでご注意ください。

常時募集をかけている会社に直接応募を考えている方はこちら

金銭的な余裕がない

ボーナスを貰っておくべき3つ目のケースが、金銭的な余裕がない場合です。

転職活動にお金がかかるのはもちろんこと、新しい会社では収入がダウンすることもあります。働き始めは思うようにお金を稼げないので、転職前にはある程度の貯金をしておきたいところです。

転職に際して金銭的な余裕がない方には、ボーナスを貰ってからの転職をおすすめします。ボーナスを貰う前から仕事探しを始め、ボーナス受給後に内定を貰えるようにタイミングの調整を行ってください。

転職はしたいがビジョンが明確でない

ボーナスを貰っておくべき4つ目のケースが、転職のビジョンが明確に定まっていない場合です。

転職をしたいが明確な時期が決まっていない方、職種すら決まっていない方は、明確なビジョンができるまで現在の会社で働き、ボーナスを貰っておくと良いでしょう。

明確なビジョンがないままに転職活動を始めても企業の採用担当者や面接官に見抜かれて失敗しやすいです。

転職を決心した時に備えてお金を貯めておくと、退職後に職業訓練校に通ったり資格取得にお金と時間を費やすことができます。

転職活動が長引いている

ボーナスを貰っておくべき5つ目のケースが、転職活動が長引いている場合です。

選考落ちや貯金を理由に転職活動が長引いている方は、転職シーズンに焦って活動を進めず、希望の求人が掲載されるのを待ちながらボーナスを貰うのがおすすめです。

2~3月、8~9月は転職に有利な時期ですが、焦って求人を探すのは得策ではありません。

転職活動が長引いている方ほど「転職できればどこでも良い」と考えるようになりますが、詳しく調べずに転職すると再び転職を考えることになり兼ねません。

直近のボーナスを受け取りながら選考落ちした理由を考えたり転職エージェントサービスに登録して、次の転職シーズンに備えましょう。

おすすめのサービスはこちら

未経験ナビ

ボーナスを諦めるべきケース

ウサギ
ウサギ

次は、賞与を諦めるべき人についてだ。

ボーナスを諦めるのが以下の2つの場合です。

  • 転職への意欲が強い
  • パワハラ、職場いじめが原因

転職への意欲が強い

ボーナスを諦めるべきケースの1つ目が、転職意欲が強く、すぐにでも会社を辞めたい場合です。

すぐにでも転職をしたい方がボーナスまで働いてしまうと、転職に有利なタイミングを逃してしまいます。また、人によっては転職活動が長引くことで「次のボーナスを貰わないのは勿体ない」と考え、更に転職時期を遅らせてしまうので、いつまで経っても転職に踏み出せません。

転職意欲の強い方はボーナスを諦めてすぐにでも求人探しを始めましょう。

ハローワークで求人が見つからない場合には、転職エージェントサービスの利用がおすすめです。一般に公開されていない求人を取り扱っていることもあるので希望の職が見つかるかもしれません。

パワハラ、職場いじめが原因

ボーナスを諦めるべきケースの2つ目が、パワハラ、職場いじめが酷く仕事を続けられない場合です。

パワハラや職場いじめが原因で精神的に辛いのであれば、その仕事を続けるのにはメリットがほとんどありません。心身に問題を抱えて再就職ができなくなる可能性もあるので、解決が困難であればボーナスを諦めてすぐに退職しましょう。

パワハラやいじめが原因で退職した場合、面接時にその事実と問題解決のために行った事を伝えることで退職理由を理解してもらえることがあります。

退職後に転職活動を始める方はこちらの記事をご覧ください。

カエル
カエル

僕はお金がないからボーナスを貰うことにしたよ。

ボーナスが減額されにくい方法

カエル
カエル

貰うと決めた途端に、ボーナスが楽しみになったよ!

ウサギ
ウサギ

会社によっては、退職の意志を伝えることでボーナスが減額されるケースがあるぞ。

貰える金額が減らないように退職交渉の時期は調整しよう。

カエル
カエル

減額されたら「早く辞めれば良かった」と後悔しそうだね。

次にボーナスを受け取ってからの転職を考えている方のために、ボーナスが減額されにくい方法を紹介します。ボーナスについての詳細は会社の賞与規定で定められており、以下の方法が適用できない場合もあります。
会社の賞与規定を確認しながら有効な手段を選択してください。

  • 評価期間にしっかり働く
  • 退職交渉はボーナスの後に行う

評価期間にしっかり働く

ボーナスに関わる評価期間に可能な限り出社して働くことで、減額を免れることができます。

人によっては「有休を消化しながら転職活動を進めたい」と考えるかもしれません。しかし、会社を辞めるからといって有休を申請しすぎたり定時に帰り続けると会社によってはボーナスが減額される可能性があります。

ボーナスを満額受け取ってから退職したい方は、転職活動を始めたとしても普段通りの仕事スタイルを維持して気を抜かないよう注意しましょう。

退職交渉はボーナスの後に行う

ボーナスの減額を免れる2つ目の方法に、退職交渉のタイミングがあります。

企業によっては、退職予定者に対してボーナスを減額したり支給を行わないことがあります。

「同じ期間働いたのに貰えないこともあるの?」と驚く方もいるかもしれません。

しかし、ボーナス支給の有無や額面は企業側に決定権があり、それらを取り締まる法律がないのです。そのため、特に中小企業では退職予定者に対してボーナスが満額給付されないことがあります。

この減額を避けるためには、退職交渉をボーナスを受給した後に行うのが効果的です。

退職日の1~2か月前から退職交渉が始められるよう選考日程や入社日を調整し、退職交渉前にボーナスを受け取りましょう。

ボーナスの貰い逃げと言われない転職スケジュール

カエル
カエル

ボーナスを貰って辞めたら貰い逃げと言われないかな?

ウサギ
ウサギ

賞与の支給後すぐに退職交渉を始めると非難されるかもしれないな。

退職交渉とボーナスについて、スケジュールを確認しよう。

「ボーナスを貰ってから退職をしたい」と考える人は多いですが、受給後すぐに退職すると『貰い逃げ』と見なされることもあります。ボーナス受給後に辞めるのは悪いことではありませんが、貰い逃げと揶揄されるのは避けたいとことです。

ここからは、ボーナスの貰い逃げと言われない転職スケジュールを紹介します。

夏のボーナスを受け取る転職スケジュール

6月末から7月にかけてボーナスが支給される場合の転職スケジュールは、以下の通りです。

ボーナス支給後すぐに退職交渉を始めると、貰い逃げと非難される可能性があるので、退職交渉はボーナス支給から2週間後くらいのタイミングで行いましょう。

456789
社内のイベント
やること
ボーナス支給
退職交渉
引継ぎ
退職
転職活動企業探し選考応募面接内定
内定承諾
入社

6~7月のボーナスを受け取ってから転職する場合、4月頃から転職準備を始めることになります。転職シーズンである2~3月を過ぎているので、求人探しは多少難しくなるかもしれません。

冬のボーナスを受け取る転職スケジュール

12月にボーナスが支給される場合の転職スケジュールは、以下の通りです。

910111212
社内のイベント
やること
ボーナス支給
退職交渉
引継ぎ
退職
転職活動企業探し選考応募面接内定
内定承諾
入社

12月のボーナスを受け取ってから転職する場合、9月頃から転職準備を始めることになります。8~9月は10月の入社に向けて採用活動が活発化する時期でもあり、転職のハードルが低くなります。

積極的に企業に応募して内定獲得を目指しましょう。

転職活動の始め方、進め方はこちらをご覧ください。

転職したいならボーナスは諦めるべき

カエル
カエル

これでボーナスを満額で貰えるよ!

ボーナスを貰わないなんて、もったいないよね。

ウサギ
ウサギ

そうとも限らないぞ、早く転職すれば次の会社でボーナスを貰える可能性がある。満額とはいかずとも、入社が早ければ額が増える。

他にも、転職を遅らせることで様々なチャンスを逃している可能性もあるからな。

このページでは、ボーナスを貰うべきか諦めるべきかの検討を中心にボーナスが減額されにくい方法や貰い逃げと言われないための転職スケジュールを紹介しました。

このページの内容をまとめると以下の通りです。

ボーナスを貰うべきケース

  • 転職のタイミングがボーナスと重なる
  • 希望の転職先が常に求人を出している
  • 金銭的な余裕がない
  • 転職はしたいがビジョンが明確でない
  • 転職活動が長引いている
ボーナスを諦めるべきケース

  • 転職への意欲が強い
  • パワハラ、職場いじめが原因
ボーナスが減額されにくい方法

  • 評価期間にしっかり働く
  • 退職交渉はボーナスの後に行う

ボーナスを貰う際のアドバイスを多くしましたが、転職に対して強い意志がある方には、ボーナスを諦めて転職に専念することをおすすめします。

上でも記載した通り、夏のボーナスを受け取ってしまうと、次の転職シーズンは8~9月になります。その時期に転職先が決まれば良いですが、活動が長引くにつれて「この時期まで続けたら冬のボーナスも貰っておきたい」と考えるようになります。

ボーナスを理由に転職を渋っていると、いつまで経っても転職できない状態に陥ってしまいます。転職をしたいのであれば、ボーナスは潔く諦めて活動に専念しましょう。

直接応募で有利に転職したい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました