転職転職のお悩み・疑問解決

試用期間にボーナスは貰えるのか?賞与支給額の確認方法・減額対策とは

アイキャッチ画像『転職直後、試用期間中のボーナスについて』転職
カエル
カエル

入社予定の会社には3か月間の試用期間が設けられているんだ。

この間にボーナス支給日を迎える場合、賞与は貰えるのかな?

ウサギ
ウサギ

入社直後や試用期間のボーナスについては会社ごとに規定を設け、それに則っていることが多いな。

今回は、よくある支給方法や賞与規定の確認の仕方など詳細を解説しよう。

転職直後にボーナス支給日を迎える場合「試用期間中でも貰えるのかな?」と気になってしまう方は多いことでしょう。

入社直後や試用期間の賞与については曖昧な部分も多く、確認方法を把握していないと貰えるはずだった賞与を逃してしまう可能性があります。

このページでは、ボーナス支給日の直前に転職をした方に向けて、試用期間中のボーナスや賞与規定の確認方法、満額近くもらうためのポイントについて解説しています。

こんな方におすすめの記事です
  • 転職先企業で賞与が支給される
  • 入社してすぐにボーナス支給日を迎える
  • ボーナスを減額されないためのポイントを知りたい
→正社員転職ならリクナビNEXT

転職直後の試用期間でもボーナスは貰えるのか?

チェック項目

転職直後や試用期間中のボーナスについては、一定額を支給されるケースもあれば貰えないケースもあります。

・一定額を支給されるケース

ボーナスの査定期間中に一定日数の出勤履歴があると、日割・月割や一定額のボーナスを支給されることがあります。

日割・月割計算では例えば、賞与の算定期間を4月~9月と定める会社に7月に入社した場合、7月~9月分(3ヶ月分)の賞与が支給されます。

一方、定額を支給されるケースでは『算定期間を通して在籍していない社員には一律で○万円』などと定められていることが多いです。

業績や待遇の良い会社では、算定期間中に業務に携わっていると賞与を受けられる可能性が出てきます。

・ボーナスが支給されないケース

試用期間中やボーナス算定期間に入社した社員に対して賞与を支給しない会社は少なくありません。

新入社員は、退職リスクが大きいうえに会社への貢献が少ないです。企業や経営者側が「会社に利益を生んでいない人材にはボーナスを出さない」という考えを持っていても不思議ではありません。

賞与の支給や額について定める法律はなく、各企業が自由に定めることができます。

転職直後や試用期間でもボーナスを貰うためにできること

カエル
カエル

転職のタイミングによってはボーナスを諦めるしかないんだね。

労働契約書に記載されているから必ず貰えると思っていたよ。

ウサギ
ウサギ

計画的に転職活動を進めればボーナスを諦めずに済むぞ。

ここからは、ボーナス支給を受けるために覚えておくべきポイント・おすすめの転職方法を紹介します。

  • 転職先企業の賞与規定を確認する
  • 査定期間内に入社する
  • 転職エージェントを利用する

転職先企業の賞与規定を確認する

入社直後、もしくは試用期間中にボーナス支給日を迎える場合には、予め賞与規定を確認しておきましょう。

賞与規定に記載されている査定期間や試用期間社員への取り決めをチェックすることで、支給があるのか、ないのかを知ることができます。

入社前の段階であれば、面接時もしくはメールで問い合わせを行い、賞与についての詳しい説明を受けるのがおすすめです。

査定期間内に入社する

入社日を決める際には、ボーナス査定期間中に入社することで支給される可能性を高めることができます。

支給額は月割・日割、一定額など会社ごとに異なるため賞与規定の確認が必要となります。

これから転職活動を始める方は、面接や企業説明会の際にボーナスの査定期間を確認しておき、その間に入社できるよう選考を進めると良いでしょう。

転職エージェントを利用する

マイナビエージェントのホームページ画像

ボーナスシーズンに転職する際には、転職エージェントを利用することで試用期間中でも賞与を受け取れる会社を見つけることができます。

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーがカウンセリングや求人案内、日程調整を代行してくれる就活支援サービスです。

企業に対する疑問や要望についてもエージェントを通して解決できるのも魅力のひとつです。

マイナビエージェントを始めとする大手の転職エージェントを利用して、試用期間でもボーナス支給を受けられる優良企業を見つけましょう。

\マイナビエージェント 公式サイト/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

前職のボーナスを受け取ってから辞めるのもオススメ!

カエル
カエル

転職先の企業でボーナスがもらえないことが分かったんだ。

現在勤めている会社でボーナスを貰ってから辞めた方が良いのかな?

ウサギ
ウサギ

退職のタイミングを調整できるのであれば受け取っておくと良いだろう。

転職直後や試用期間中にはボーナスが減額されやすく、貰えないケースも珍しくありません。

もし、退職のタイミングを調整できるのであれば、現職でボーナスを受給してから転職した方が受け取れる額が多くなります。

例えば、12月支給の場合には、翌年2〜4月の入社を目指して転職活動を進めます。1月以降に退職交渉に移ることで減額されずに受給できるのです。

ボーナスを受給して退職するためのスケジュールについては『転職の際、ボーナスは諦めるべき?減額されない方法、スケジュールとは』を参考になさってください。

転職直後・試用期間中のボーナスについてまとめ

給与、ボーナスの画像

このページでは、入社直後や試用期間中にボーナスの支給日を迎える方が知っておくべき情報を紹介しました。

各社のボーナスに関しては賞与規定に定められた額が支給されます。

入社直後や試用期間であれば、算定期間の実績に応じて日割、月割で支給されたり、規定に基づいた一定額が受け取れます。

ただし、算定期間に在籍していない社員に対してボーナスの支給を行っていない会社もあるので、必ずしも受給できるとは限りません。

新入社員でもボーナスを受け取れる会社を見つけたいのであれば、マイナビエージェントを始めとする転職エージェントを利用しましょう。

完全無料で利用できて転職成功率も格段にアップするので非常にお勧めです。

\マイナビエージェント 公式サイト/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました