転職転職のお悩み・疑問解決

転職活動で前職調査はあるの?実施方法や聞き取り対象、内定取り消しの事例

アイキャッチ画像『転職活動に前職調査はあるのか』転職
カエル
カエル

中途採用の選考過程では、前の会社の同僚や上司に仕事ぶりを問い合わせることがあるらしいね。

前職調査って本当にされるのかな?

ウサギ
ウサギ

重要なポストで採用する際にリファレンスチェックが行われることもある。

今回は転職時の前職調査について解説しよう。

転職活動の際には、応募者の働きぶりや人間性を以前の職場に問い合わせる前職調査(リファレンスチェック)が行われることがあります。

前職の人間関係でもめた人やトラブルを起こした人にとっては不安要素となり得ます。

では、前職調査はどういった採用で誰に行われるのでしょうか?

このページでは、前職調査に疑問を持つ方に向けて、実施の方法や対処、知られたくない情報を守る方法を紹介します。

こんな方にオススメのページです
  • 現在、転職活動している
  • 前職でもめたりトラブルを起こした
  • 前職調査について知りたい

→優良求人を探すならリクナビネクスト

転職活動で行われる前職調査とは?

リファレンスチェック(前職調査)の画像

転職の際に行われる前職調査には、応募者の経歴に虚偽がないかを確認する『バックグラウンドチェック』と、前職社員からの話を聞く『リファレンスチェック』の2つがあります。

・バックグラウンドチェックで見られる情報

バックグラウンドチェックでは、外部の調査機関を利用して以下の情報が調べられます。

  • 職務経歴(職歴・スキルなど)
  • 犯罪歴
  • 民事訴訟歴
  • 破産履歴
  • SNSの発信内容

この他にも必要に応じて内定予定者の情報が調べられ、採用するにあたって問題のない人物か検討されます。

・リファレンスチェックで見られる情報

一方、前職の社員へ問い合わせを行うリファレンスチェックでは、以下の情報が調べられます。

  • 前職での成果、人間性
  • 職場での人間関係
  • トラブルの有無
  • 勤務期間の確認
  • 役職、業務内容の確認

リファレンスチェックは、主に内定予定者の職歴やスキルに相違がないかを確認し、人間性を把握するために実施されます。

勝手に前職調査されることはあるの?

カエル
カエル

前職調査っていろいろな情報を調べられるんだね。

勝手に調べられるのは権利の侵害では無いのかな?

ウサギ
ウサギ

いや、勝手に前職調査される事はないぞ。

必ず転職者の同意を得てから実施される。

前職調査が転職者の同意なしに実施される事はありません。

個人情報保護の観点から、企業側は調査する相手に向けて『どういった相手(機関)で』『どんな情報を調査するのか』『収集した情報をどのように利用するのか』を伝え、同意を得る必要があります。

もちろん、調査を拒否することも可能ですが、採用担当者に「経歴詐称や犯罪歴があるのかもしれない」と不安要素を与えることになります。

また、公的機関や重要なポストでの採用など会社の信用に大きく影響する採用過程では、雇用調査のできない人材は採用しないこともあります。

自分の情報を調べられるのは良い気分ではありませんが、やましい経歴がない限りは同意しておいた方が良いでしょう。

前職調査で内定を取り消されることがあるの?

カエル
カエル

過去に起こしたトラブルや経歴詐称がバレた場合には内定を取り消されることもあるのかな?

ウサギ
ウサギ

もちろんだ、適切でない人材を採用しないための雇用調査だぞ。

前職調査は内定予定者に実施するケースが多いですが、会社や採用スケジュールによっては内定承諾後に行われることもあります。

内定を承諾した後であっても、調査によって経歴詐称が見つかったり会社の信用を失う重大な経歴が発覚した際には内定を取り消される可能性があります。

特に、選考書類(履歴書や職務経歴書)の内容と調査内容に相違があった場合、明らかな経歴詐称となり内定取り消しの十分な理由に当たります。

一方、過去のトラブルや人間関係による判断は難しく、余程のことがない限り内定が取り消されることはありません。

前職調査をされたくない場合には?

カエル
カエル

入社予定者が内定を取り消されるケースは稀なんだね。

でも、自分のことを悪く思っている人に調査されないか不安だね。

ウサギ
ウサギ

リファレンスチェックに不安を感じる人は多いが、悪い評価を避けたり調査されずに転職する方法があるぞ。

人間関係を理由に転職した方の中には「自分を嫌う社員や上司が悪く言う可能性がある」と、リファレンスチェックに不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、以下の方法を実践することで悪い評価を避けたり前職調査のない求人を探すことができます。

  • リファレンスチェックで信用できる相手を指名する
  • 同職種で前職調査のない求人を探す

リファレンスチェックで信用できる相手を指名する

前職の社員で聞き取り調査を行うリファレンスチェックでは、自分を高く評価してくれる相手を選ぶことができます。

親しくしていた同僚や信頼できる上司など自分を褒めてくれるであろう人間を選び、前職調査の相談をしておくと良いでしょう。

企業側が相手を選ぶ場合でも、何名かの候補挙げて選んでもらうことができます。

万が一、自分の評価を下げるような社員が選ばれた場合には、簡単な理由を伝えて変更してもらいましょう。

同職種で前職調査のない求人を探す

前職調査は全ての会社、役職で行われているわけではありません。

同業他社の中から前職調査を行っていない企業を探すことで、自分のバックグラウンドを開示せずに同じポジションに就ける可能性があります。

ただし、採用選考の過程を公開していない企業も多くあるため、転職サイトを利用して情報集める必要があります。

30代の転職サイトはこちら

選考過程・スケジュールは転職エージェントに任せよう!

リクルートエージェント公式サイトの画像

転職先企業で前職調査が行われるのか知りたい方、不安がある方は転職エージェントを利用して事前に情報収集を行いましょう。

転職エージェントでは、就活のプロであるキャリアアドバイザーが求人案内から選考対策など、あらゆる就活支援を行ってくれます。

例えば、リクルートエージェントなどの大手では、採用スケジュールの内容を詳しく紹介してくれます。不安なこと、分からないことがあればエージェントが問い合わせてくれるのも魅力のひとつです。

利用に際して費用は一切かからないので気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

\リクルートエージェント 公式サイト/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職活動における前職調査のまとめ

転職するビジネスパーソンの画像

このページでは、前職調査について詳しく知りたい方に向けて、調査の内容や実施方法、調査を受けずに転職する方法について解説しました。

公的機関や主要ポストでの採用活動では、前職調査(リファレンスチェック、バックグラウンドチェック)が導入されている場合があります。

前職調査で経歴詐称や会社の信用に関わる経歴があった際には、不採用や内定取り消しとなる可能性があります。

そのため、前職調査に不安がある方はリクルートエージェントを始めとする転職エージェントを利用すると良いでしょう。

一方、転職エージェントを使うのに抵抗がある方には求人サイト、リクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXTでは登録しておくだけで自分に興味を持った企業やエージェントからスカウトが届くので気軽に利用できます。

気になった方はチェックしてみてください。

\リクナビネクストで求人を探す/

リクナビNEXT

リクナビNEXT

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました