おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

在籍中の転職活動は時間がない!仕事を続けながら内定を貰う方法とは

アイキャッチ画像『在籍中の転職は時間がない』転職
カエル
カエル

転職活動を始めてみたんだけど、在籍中だと時間がなくて、スムーズに選考を進められないんだ。

在籍中に転職活動を行うコツでもあれば教えてよ。

ウサギ
ウサギ

仕事をしながらだとスケジュール調整や資金の面で色々と不便だろう。

今回は在籍中の転職活動について解説しよう。

転職活動を進める人の中には、現在の会社に勤めながら新しい勤務先を探す方も多くいます。

在籍中の転職活動には、給与がもらえたり空白期間ができないなどのメリットがありますが、仕事が忙しく活動に費やす時間がないなどのデメリットがあります。

仕事と転職活動を両立させるためにはどのような工夫をすれば良いのでしょうか?

このページでは、在籍中の転職活動についてメリット・デメリット、転職を成功させるためのコツについて解説しています。

このページで分かること
  • 在籍中の転職活動が難しい理由と世間の声
  • 仕事をしながら転職活動を進めるメリット・デメリット
  • 在籍中でも転職を成功させるためのポイント

転職活動を進める方法はこちら

在籍中の転職活動は簡単ではない

在職中の転職について悩む人の画像

そもそも、在籍中の転職活動は容易ではありません。活動がスムーズに進まないことで不安になる方もいますが、それが当然であるため焦る必要はありません。

まず、現職を続けながら転職活動を行うことがどれほど難しいのかを知るために当サイト、転職ステップが独自に行ったアンケート調査の結果を紹介します。

現在、会社に勤務している社会人50名を対象として『現職を続けながら転職できそうか』のアンケート調査を行った結果が以下のようになります。

『現職を続けながら転職できそうか』のアンケート調査結果(転職ステップ2021年調べ)
現職を続けながら転職できるか(計50人)
できる・・・13人(26%)
少し難しい・・・21人(42%)
できない・・・16人(32%)

アンケート調査の結果からは、実に7割以上の人が在籍中の転職活動は『難しい』もしくは『できない』と回答していました。仮に「転職したい」と言う意思があったとしても実際に活動を進められる見通しが立っている人は、全体の2割程度と非常に少ないことが見て取れます。

この結果からも分かる通り、在籍中の転職活動は難しいものなのです。

在籍中の転職で苦労した経験

次に、在籍中に転職した経験がある方50名を対象に『在籍中の転職で苦労したこと』について複数回答形式でアンケート調査を行いました。

調査結果は以下のようになります。

『在籍中の転職で苦労したこと』のアンケート調査結果(転職ステップ2021年調べ)
在籍中の転職で苦労したこと(複数回答可)
仕事の忙しさ・・・31票
採用されない・・・24票
支出・貯金・・・15票
周囲への配慮・・・12票
家庭の事情・・・9票

最も多かった回答が、『仕事の忙しさ』となりました。仕事のためにスケジュール調整ができなかったり、求人を探しやハローワークに通う時間がないなど、転職に専念できないことが理由となります。

また、選考落ちが続くことで精神的な負担となっている方もいます。転職活動に専念できないために思うような結果が得られず、挫折に繋がるケースも珍しくはありません。

在籍中に転職活動を行うメリット

カエル
カエル

仕事をしながらの転職活動は難しいみたいだね。

やっぱり退職してから活動に専念するべきだよ。

ウサギ
ウサギ

いや、そうとも言えないぞ。

在籍中に転職活動を行うことにはいくつかのメリットがある。

在籍中に転職活動を行うことにはいくつかの利点があります。以下の情報を参考に自身のライフスタイルに合った転職の仕方を検討してください。

在籍中に転職活動を行うメリット
  • 給与やボーナスがあり金銭的に安定する
  • 空白期間ができない

給与やボーナスがあり金銭的に安定する

働きながら転職活動を行うことで、毎月の給料やボーナスを受け取れるため金銭的な余裕ができます。

転職活動には、履歴書や職務経歴書等の応募書類を始めとし、交通費や必要な道具の購入などに費用が必要となります。他にも、退職してから転職活動を行うと無収入の状態で生活費を支払うことになるため貯金が尽きやすいデメリットがあります。

転職を行うために十分な貯金がない方、活動の長期化に不安がある方は在籍中に転職活動を始めると良いでしょう。

空白期間ができない

転職における空白期間とは、会社を退職してから次の会社に入社するまでの期間で、この空白期間が長引くと選考で不利になることがあります。

一般に転職活動は3〜4ヶ月が目安で、それ以上に長引くと「計画性がない」「人間性に問題がある」と判断され、採用されにくくなってしまいます。

しかし、在籍中に転職活動を行えば、活動が長期化しても空白期間が伸びる事はありません。

気長に活動を進めていきたい方には在籍中の転職がおすすめです。

在籍中に転職活動を行うデメリット

カエル
カエル

メリットについては分かったけれど、デメリットのほうも聞いておこうかな。

ウサギ
ウサギ

在籍中の転職にはいくつかのデメリットがあるな。

そちらの方も紹介しておこう。

在籍中に転職活動を行うことには様々なメリットがある一方で、デメリットとなる特徴もあります。

次に、現職を続けながら転職を行うことのデメリットについて紹介します。

在籍中に転職活動を行うデメリット
  • 仕事が忙しく転職活動に費やす時間がない
  • 周囲への気配りが必要になる
  • 転職活動が長引きやすい
  • 多くの企業にエントリーできない

仕事が忙しく転職活動に費やす時間がない

上のアンケート調査でも紹介した通り、在籍中の転職活動が難しくなる最大の理由は時間がないことです。

転職活動には、選考書類の用意や面接試験の対策、実際の選考など様々なところで時間を必要とします。しかし、在籍中であると日程調整が難しく思うように活動が進められなかったり急な仕事が入ってしまい、転職活動に専念できないことも珍しくありません。

繁忙期を避けると活動に費やせる時間がないという方もいることでしょう。

周囲への気配りが必要になる

在籍中に転職活動を行う方の中には「会社や周囲にバレずに活動を進めたい」と考えている方もいます。転職の事実を周囲に知られないためには、感づかれないように活動を進める必要があります。

転職についてよく思わない人は多いため、転職活動を行っている事実が会社の人間に知られることで、ボーナスをダウンされたりプロジェクトメンバーに採用されないなど、社内での対応が変わる事は珍しくありません。

転職活動が長引きやすい

在籍中の転職活動は、時間がないために思うように進まないことが多くあります。また、給与や賞与を受け取れる安心感や空白期間ができない強みがあると、活動自体が長引く傾向にあります。

一般に、1つの会社にエントリーしてから内定を貰うまでには、2ヶ月前後の期間が必要となります。選考で不採用となればエントリーからやり直しとなるため、半年以上に渡って転職活動を続けている方もいます。

転職活動が長期化することで、モチベーション維持が難しくなり、転職を諦めてしまう方も少なくありません。

多くの企業にエントリーできない

在籍中の転職活動は時間の都合をつけられないことが多く、多くの企業にエントリーするのが難しくなります。

エントリー数を増やすことは、選考で不採用になった際のリスクを軽減したり併願他社の選考対策として練習の場を確保することができます。

しかし、仕事が忙しく時間がないと最低限のエントリー数で内定を勝ち取りに行くことになるため転職活動の難易度が上がってしまいます。

在籍中に転職するメリット・デメリット

在籍中の転職活動を成功させるためのポイント

カエル
カエル

在籍中の転職活動って大変なんだね。

企業から内定を貰うためのコツとかあったら教えて欲しいな。

ウサギ
ウサギ

そうだな、時間がないことを前提に社会人としてどのように振る舞うかが大切だ。

ここからは、在籍中の転職活動を成功させるために覚えておきたいポイントについて紹介します。

以下の4つのポイントを押さえることで採用担当者の心象を損なうことなく転職活動に取り組むことができます。

  • 一度に複数社に応募する
  • 面接の日程変更は1回まで
  • 有給を利用して面接に参加する
  • 転職エージェントに相談する

一度に複数社に応募する

ひとつの会社に応募してお祈りメールを受けたら次の会社を探すというスタイルで転職活動を進める人がいますが、一度で複数社に応募するのが理想です。

上でも解説しましたが、複数エントリーは不採用時のリスクを軽減できます。在籍中であれば常に3社の選考に参加している状態を保てるよう、選考落ちした際には求人を探してみましょう。

もし、条件の良い求人が見つからなければ非公開求人を豊富に取り扱っているリクナビNEXTを利用しましょう。

大手リクルートが運営しているサービスのため安心して利用できます。

リクナビNEXT公式サイトはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXTの画像

面接の日程変更は1回まで

在籍中の転職活動では、指定された日に都合が合わなかったり急な予定が入ったりと、面接の日程変更をお願いするケースがあります。

こちらから日程変更をお願いする場合には、1回までを心がけましょう。

何度もお願いすると「志望度が高くない」と思われるだけでなく、先に選考を受けた他の候補者に内定を取られてしまう可能性があります。

調整してもらった日に仕事が入った場合には、有給休暇を取得して選考に参加すると良いでしょう。

日程調整メールの書き方についてはこちら

有給を利用して面接に参加する

転職活動に費やす時間がない方は定期的に有給を取り、まとめて面接に参加しましょう。

午前と午後に1個ずつ予定を入れることで2社の選考を受けることができます。最近では、オンライン面接を取り入れている企業が増えているため1日に3〜5個の面接を受けることも可能です。

面接をまとめて受けるためには、日程調整の段階でこちらから候補日と時間を提案すると良いでしょう。時間に融通が利かないことを先に伝えておくと調整しやすくなります。

転職エージェントに相談する

転職を有利に進めるためには知識ある第三者に相談して、専門的なアドバイスやサポートを受けることが大切です。特に転職エージェントは仕事を探している方に利用して頂きたいサービスになります。

転職エージェントに対して「本当に仕事が見つかるの?」と思っている方も多いですが、高い内定獲得率を維持するための工夫がされておりハローワークより頼りになります。

カウンセリングから求人の案内、選考対策を受けられるだけでなく、入社後の相談まで受けて貰えます。ひとりの転職よりも成功率が高くなるため利用して損はありません。

初めて利用する方は、初心者にも優しいtype転職エージェントがおすすめです。

公式サイトをチェックしてみてください

type転職エージェント

type転職エージェントの画像

失敗が続いている理由とは?

カエル
カエル

転職活動がうまく進んでいないんだ。

失敗の理由が分からないから教えて欲しいんだよ。

ウサギ
ウサギ

そうだな、よくある失敗例と転職を成功させるためのポイントを紹介しよう。

在籍中の転職活動がうまくいかず悩んでしまう方が多くいます。

「転職に専念しないと無理かもしれない」「時間がないから転職を諦めるようかも」と自信を無くしてしまう方もいますが、以下の原因を改善することで活動がスムーズに進むかもしれません。

  • 自分の市場価値を把握していない
  • 面接で伝えるべき情報に漏れがある

自分の市場価値を把握していない

エントリーした会社の選考に落ち続ける場合、自己分析が不完全で自分の市場価値を把握していない可能性があります。

企業は、経験や年齢など様々な観点から採用したい人材の条件を持っています。この条件を満たしていないと、エントリーしても内定を貰うことはできません。

  • 経験やスキルはあるか
  • 年齢的に問題はないか
  • 求められる人間像に当てはまっているか

など、自身の現状について振り返り、現在応募している会社とのミスマッチがないか確認しておくと良いでしょう。

面接で伝えるべき情報に漏れがある

「書類選考は受かるが面接で落ちてしまう」という方は、伝えるべき情報の選択ができていないために面接官から評価されていない可能性があります。

面接時に自己PRに力を入れる人は多いですが、大切なのは必要な情報を漏れなく伝えることです。

  • 自己紹介
  • その企業を応募した明確な理由
  • 自信の強み
  • 強みをどのように活かすか
  • 入社後のキャリアビジョン

以上の情報を網羅的に伝えるよう心がけましょう。

企業によっては会話を中心とした面接試験を行うこともあるため、いくつかのパターンをシミュレーションしておくと安心です。

在籍中の転職についてまとめ

転職エージェントのイメージ画像

このページでは、在籍中に転職を行う方に向けて、この転職方法のメリットデメリット、転職を成功させるためのポイントを紹介しました。

現職を続けながら転職することには費用や空白期間の面でメリットがある一方、時間がないために様々な不利益を被ることがあります。気になる企業から内定をもらうため、しっかりと自己分析と面接対策に臨みましょう。

また、思い切って転職エージェントに頼るのも有効な手段です。

転職エージェントでは、高い内定獲得率を保つための様々な工夫が用意されています。

当サイトがお勧めしているタイプ転職エージェントは、初めて利用する人にも優しくわかりやすいサービスであるため非常におすすめです。

気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

type転職エージェント公式サイトはこちら

type転職エージェント

type転職エージェントの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました