おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

ゴールデンウィーク中の転職活動はどう進める?大型連休の転職を解説

アイキャッチ画像『ゴールデンウィークの転職活動』転職
カエル
カエル

ゴールデンウィークに採用活動を実施していない企業は多いよね。

応募者としては、世間の休みに関係なく転職活動を続けたいんだけど、どう対応するべきなのかな?

ウサギ
ウサギ

確かにゴールデンウィークに採用活動を停止しない会社は多いな。

そこには明確な理由があるから転職活動の進め方とともに解説しよう。

春から始めた転職活動が5月に入り、ゴールデンウィークを目前としている方も多いのではないでしょうか?

中には、企業との間で日程調整をしているうちに「ゴールデンウィークは採用活動が減り、面接の日程が入れづらい」と感じている方もいることでしょう。

では、ゴールデンウィークなどの大型連休にはどのように転職活動を進めれば良いのでしょうか?

この記事では、ゴールデンウィークをメインに大型連休における転職活動の進め方、転職を成功させるためのポイントについて解説しています。

このページで分かること
  • ゴールデンウィーク中の採用活動について
  • ゴールデンウィーク中の転職活動の進め方
  • 転職を成功させるためのポイント

転職の進め方についてのまとめはこちら

ゴールデンウィークは約半数の企業が採用活動を停止している

ゴールデンウィーク中の社内のイメージ画像

ゴールデンウィークなどの大型連休に求人の掲載を休止したり採用活動を一時停止する企業は、全体の約半数ほどと言われています。

仮に、大型連休中に求人を掲載していたとしても、ゴールデンウィーク中の応募は休み明けに対応されることがあります。

「ゴールデンウィーク中に求人を出しているからすぐに対応してもらえる」と考えて応募してしまうと、休みの明けの転職活動に影響することがあるので注意しましょう。

企業の採用活動が止まる理由

大型連休に企業の採用活動がストップする最大の理由は、人員不足にあります。

採用活動は、選考に参加する社員が揃った上で行われます。面接官を勤める採用担当者が出社していたとしても 、人事や役員などその他の社員が休暇を取っていると、情報の伝達がスムーズに進まなかったり急な事態に対応できないなど様々な点で不便になります。

企業にとっても転職活動を行っている応募者に対してもマイナスな結果とならないよう、採用活動に専念できる休み明けまで活動をストップするのです。

ただし、一部の企業ではゴールデンウィーク中にも選考を実施していたり、日程調整をお願いすることで大型連休でも選考を受けられることがあります。

ゴールデンウィーク中の転職活動の進め方

カエル
カエル

企業が採用活動を行わない理由についてはわかったけれど、転職活動を行う僕たちとしてはどういった対策ができるのかな?

ウサギ
ウサギ

それなら、次はゴールデンウィーク中の転職活動の進め方について紹介しよう。

ゴールデンウィークなどの大型連休に採用活動をストップしている企業は約半数にも上りますが、この期間に転職活動を進められないわけではありません。

ここからはゴールデンウィーク中の転職活動の進め方について紹介します。

  1. 応募する業界、職種を決めておく
  2. 休み明けのスケジュールを考慮して応募する
  3. 休みを使って面接対策を行う

応募する業界、職種を決めておく

すぐにゴールデンウィークが始まっているのであれば、今から応募しても対応してもらえるのは休み明けとはなるでしょう。まずは、応募する業界や職種を決めておいて休みが明ける前に応募できるよう準備しておきましょう。

業界や職種を決める際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 業界の雰囲気や人間関係
  • 自分の興味がある分野か
  • これまでの経験やスキル、資格を活かせるか
  • 長期に渡って働くことができるか

業界の雰囲気や人間関係について調べていなかったため入社後にミスマッチを感じる人は多いです。年齢層や男女比は社内の雰囲気に影響するため、気になる業界や職種についてはしっかりと企業研究を行いましょう。

企業研究の方法についてはこちらのページで解説します。

また、自身の興味や強みについては自己分析を行いましょう。大手転職サイトのリクナビNEXTでは、無料で自己分析を行うことができます。

分析結果から自分に合った仕事を見つけることもできるので、利用してみると良いでしょう。

リクナビNEXTの公式サイトはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXTの画像

休み明けのスケジュールを考慮して応募する

企業研究や業界・職種の選択が終わったら、次はゴールデンウィーク明けのスケジュールを考慮していくつかの会社に応募します。

併願する数は、現在のエントリー数と自身の転職スタイルを考慮して無理なく選びましょう。

おすすめとしては、働きながら転職している方は3社、退職して転職活動に専念している人は5〜10社ほどエントリーできると、不採用になったときのリスクが軽減できます。

ゴールデンウィーク中の応募では、企業の動き出しのタイミングが重なり選考日程が被りやすいので、その辺も注意すると良いでしょう。

休みを使って面接対策を行う

企業へのエントリーが完了したら、ゴールデンウィークが明けるまでに面接対策をしっかりと行いましょう。

選考で不採用になる方の多くが、自分の強みを伝えられていなかったり入社後のキャリアビジョンが不明確なためにプラスの評価を得られていません。

面接対策では以下の情報をまんべんなく伝えられるよう練習しておきましょう。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 業界を志望した理由
  • その会社を選んだ理由
  • 自身の強みをどのように生かせるのか
  • 入社後のキャリアビジョン

また、面接を受ける態度や入退室のマナーもチェックされています。

鞄の置き方や名刺の受け取り方など、社会人としての常識がきちんと身に付いているかもう一度確認しておくと良いでしょう。

ゴールデンウィークの転職活動の進め方の画像

ゴールデンウィークの1〜2ヶ月前に動くのがベスト

カエル
カエル

ゴールデンウィーク中の転職活動についてはよく分かったけれど、これから大型連休を迎える人はどういったことをすれば良いのかな?

ウサギ
ウサギ

良い質問だな、まだ大型連休に突入していない人は今から動き出すことで少し有利になれることがあるぞ。

もし、大型連休まで1〜2ヶ月の猶予があれば、この段階で企業研究やエントリーを済ませて選考に参加しておきましょう。

ゴールデンウィークなどの大型連休をまたぐ場合、連休前に行われた選考の結果が休み明けに連絡されることがあります。

仮にゴールデンウィーク中に求人が公開されていたとしても、休み明けにそのポジションが埋まって、選考に参加できないまま募集が終了することも珍しくないのです。

こういった事態が起きないよう大型連休まで時間がある方は、できるだけ早くエントリーして選考に参加しておくことが大切です。

ゴールデンウィーク中の転職は転職エージェントに相談する

カエル
カエル

僕はゴールデンウィーク中にも面接試験を受けたいんだ。

でも、大型連休中に先行活動続行している企業かどうかを見分けることができないんだよ。

ウサギ
ウサギ

そういう時には、転職エージェントに相談するのがおすすめだ。

計画的な転職活動を実現することができるぞ。

「ゴールデンウィーク中にも選考に参加したい」「大型連休でないと転職活動に専念できない」という方は、転職エージェントサービスを利用して、大型連休中にも採用活動を続けている企業の紹介を受けると良いでしょう。

転職エージェントでは条件の良い求人を紹介してもらえるだけでなく、書類選考や面接の対策、入社後のサポートまで受けることができます。

各社に高い内定獲得率を保つための工夫が施されており、1人で転職活動を行うよりも成功率を高めることができます。

おすすめはtype転職エージェント

type転職エージェントの画像

ゴールデンウィーク前後に転職活動を行うにあたって「転職エージェントに相談してみようかな」と思った方にはtype転職エージェントをお勧めします。

業界でも高いシェアを誇るこちらのサービスは、大手から中小企業まで多くの会社と提携しており、利用者からも高い満足度を得ています。担当のキャリアアドバイザーが懇切丁寧に対応してくれるため、初めての方でも非常に利用しやすいです。

完全無料で利用できるので気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

type転職エージェント公式サイトはこちら

type転職エージェント

type転職エージェントの画像

ゴールデンウィークの転職活動についてまとめ

転職エージェントサービスを利用するビジネスパーソンの画像

このページでは、ゴールデンウィーク中に転職活動を行う方に向けて、大型連休中の転職の進め方や内定をもらうためのポイントを紹介しました。

ゴールデンウィーク中に転職活動を行うのであれば、休み明けのスケジュールを考慮したうえでエントリを行い、面接対策に専念することが大切です。また、もし連休までに1〜2ヶ月の時間があれば早めに応募して選考過程に参加しておくと良いでしょう。

上でも解説しましたが、転職活動を行うにあたって転職エージェントのサポートは非常に重要となります。

相談だけでも利用することができるので、不安や疑問があれば登録してみると良いでしょう。

内定を獲得したい方はこちら

type転職エージェント

type転職エージェントの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました