転職はリクナビNEXT

・リクナビ運営で安心のサイト
・非公開求人が多く転職に有利
・企業から直接スカウトが届く

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)
転職転職のお悩み・疑問解決

ハローワークと転職サイトはどっちを使う?メリット・デメリットを比較

アイキャッチ画像『転職ではハローワークと転職サイトのどっちを利用すべきか』転職
カエル
カエル

これから転職活動を始めようと思うんだけど、求人を探すならハローワークと転職サイトのどっちが良いのかな?

両方に登録するのは手間になるからより実用的な方を利用したいんだ。

ウサギ
ウサギ

ハローワークと転職サイトには、それぞれ異なるメリットがあるからな。

ライフスタイルや転職の進め方に合うよう選ぶと良い。

今回はハローワークと転職サイトのメリット・デメリットを徹底比較しよう。

転職の際に最もよく利用されるのが、ハローワークと転職サイトです。求人案内を行う部分は共通していますが、国営のハローワークと民営の転職サイトでは、異なる機能や強みを持っています。

では、ハローワークと転職サイトではどっちを使うべきなのでしょうか?

このページでは、転職を考えている方に向けて、ハローワークと転職サイトそれぞれのメリット・デメリット、ケース別のおすすめを紹介しています。

こんな方におすすめの記事です
  • 転職を希望している
  • これから求人を探す、既に探し始めている
  • 仕事探しに何を利用すべきか分からない

本当に使える転職サイトはリクナビNEXT

リクナビNEXT

転職でハローワークを使うメリット・デメリット

転職でハローワークを利用する人の画像

国営機関であるハローワークは、求職者にとって非常にメジャーな施設のひとつです。各種給付金の申請ができたりセミナーが開催されたりと、求人案内以外にも幅広い業務を行っています。

まずは、転職でハローワークを利用することのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

転職でハローワークを利用するメリット・デメリット
  • 求人数が豊富で安定している
  • 地元企業の求人に強い
  • 選考対策や職業訓練など転職支援が受けられる
  • 地方では求人が少ないことも
  • 求人の質が微妙

求人数が豊富で安定している 

転職でハローワークを利用するメリットの1つに求人数の多さがあります。

ハローワークは国の機関であり、知名度や信頼の面で強みを持っています。また、企業は無料で求人を出すことができるため、採用コストの節約に繋がります。

この様に、採用を行う上で様々な利点のあるハローワークは、多くの会社の採用活動に利用されています。

地元中小企業の求人に強い

ハローワークは全国各地の市町村に設置されており、そのエリアの求人を取り扱っています。

それぞれの会社に関する知識やデータが管理・共有され、入社に際してミスマッチがないよう希望や会社の評判を考慮して求人案内を受けられます。

また、無料で求人を出せる性質上、中小企業が多く掲載されています。地元の中小企業に転職を希望している方にとってはハローワークが利用しやすいサービスとなるでしょう。

選考対策や職業訓練など転職支援が受けられる

ハローワークでは、担当スタッフに仕事探しの相談をしたり、自己分析や面接対策などの選考対策を受けることができます。

『自分がどういった仕事に向いているのか』『面接で何をアピールすれば良いのか』など、転職に際して曖昧だった部分を洗い出すことができます。

また、ハローワークでは職業訓練も行われており必要に応じて受講できます。

製造技術やPCスキルなど、実用的な知識を身につけて転職を有利に進めたい方におすすめです。

地方では求人が少ないことも

ハローワークは、地元企業の求人に特化しているため、エリア毎の求人数に大きな差があります。

一般に、都市部や工業地域周辺では求人数が多くなり農村部や山間部、住宅地などでは掲載数が少なくなります。

地方では求人の数が少なく職業選択の幅が狭くなってしまうこともあるので、転職サイトの利用を考えると良いでしょう。

求人の質が微妙

ハローワークは、求人の審査や掲載条件が緩いこともありブラックな会社に応募してしまう可能性があります。

評判の悪い企業については求人を非公開にしたり案内を控えるなどの工夫がされていますが、全ての求人がクリーンな訳ではありません。

求人票に記載されている情報と実情が伴わないこともあり、働し始めてから後悔する人も少なくありません。

転職時にハローワークを利用するのであれば、自ら情報を集めてブラックではないかチェックすると良いでしょう。

企業研究の方法はこちら

転職で転職サイトを利用するメリット・デメリット

カエル
カエル

ハローワークの求人には少し不安があるね。

紹介してもらった会社がブラックだったら耐えられないから転職サイトを使って自分で調べることにしたよ。

ウサギ
ウサギ

転職サイトは選択肢も豊富で使いやすいよな。

ただ、こちらにも良い面と悪い面があるから確認したうえでどっちにするか選ぶべきだ。

転職サイトは、人材紹介事業を行う民間企業によって運営されており、サイトごとの強みや取り扱い求人の多さが売りです。

ここからは、転職サイトを利用するメリットとデメリットについて解説します。

転職で転職サイトを利用するメリット・デメリット
  • 自分のペースで転職を進められる
  • 勤務地、職種の選択肢が多い
  • スカウト機能、自己分析機能が使いやすい
  • 企業とのミスマッチに気づけない
  • 選考対策が受けられない

自分のペースで転職を進められる

転職サイトを利用するメリットの1つが、自分のペースで転職を進められる点にあります。

ハローワークでは、内定獲得を最優先としていることが多く、異業種への挑戦を止められたり、選択を急かされる事があります。

一方、転職サイトでは、自分が満足するまで求人を探したり新しい業界について調べることができます。

未経験の業界を視野に入れている方、自分のペースで転職活動を進めたい方は転職サイトを利用すると良いでしょう。

勤務地、職種の選択肢が多い

転職サイトの特徴として、ハローワークに比べて求人掲載のエリアが広く、職種が豊富なことが挙げられます。

業種やサービスエリアは利用するサイトによって異なりますが、リクナビNEXTのような大手であれば全国の幅広い仕事が掲載されています。

また、中には特定の職種に特化した転職サイトもあります。募集の少ないマイナーな職を探したり条件付きで検索する際にも便利です。

スカウト機能、自己分析機能が使いやすい

一部の転職サイトには、スカウトや自己分析、投稿コンテンツが備わっており、非常使いやすくなっています。

特に、企業やエージェントからのスカウト機能は求人にマッチした人材へ優先的にオファーを出しているため、採用されやすいメリットがあります。

また、上でも紹介したリクナビNEXTには、自己分析機能があります。分析結果を基におすすめの求人を紹介してくれるので自己分析がまだの方は是非利用してください。

リクナビNEXTで自己分析をしてみる

リクナビNEXT

企業とのミスマッチに気づけない

転職サイトのみを利用して自分の判断で転職活動を進めてしまうと、応募する企業とのミスマッチや企業研究の甘さに気づかないことがあります。

企業にエントリーする先には『その会社がどういった人材を欲しがっているのか』『業務内容や社内の雰囲気は自分に合っているのか』を確認する必要があります。

しかし、転職サイトのみで詳しい情報を知ることは難しく、自ら情報を集めることになります。

面接時にミスマッチに気づいたり、情報収集の甘さを指摘されることがないよう企業のホームページを参照したり面接前に問い合わせを行いましょう。

選考対策が受けられない

転職サイトがハローワークと大きく異なる点は、選考書類のチェックや面接対策、職業訓練などの選考対策が受けられない点にあります。

ハローワークや転職エージェントであれば、必要な経験・資格を提案してもらえたりセミナーや模擬面接を受けることができます。『採用されるために何が足りないのか』を自分で分析するのは難しく、知識ある第三者の声が参考になります。

しかし、転職サイトを利用すると、対策を自分で行う必要があり失敗の要因となることがあります。

ハローワークと転職サイトのどっちを使うべきか

カエル
カエル

結局のところ、ハローワークと転職サイトではどっちを使うべきなんだろう?

併用するのが良いのかもしれないね。

ウサギ
ウサギ

両方を使っても良いが、機能や求人に重複があれば無駄になっしまう。

どっちを使うべきかは転職の仕方や生活スタイル、考え方で決めよう。

ハローワークと転職サイトのメリット・デメリットを解説しましたが、それぞれに異なる強みがあるため、どっちを使うべきか答えが出ていない方もいることでしょう。

利用するサービス、機関に迷った方は以下の基準を参考に検討してください。

ハローワークを使うべき人
  • 転職に不安がある
  • 地元で転職したい
  • 中小企業の求人に重点を置いている
  • プロのサポートを受けたい
  • ハローワークに通う時間がある
転職サイトを使うべき人
  • 遠方の企業も視野に入れている
  • 中小企業から大企業までエントリー予定が
  • 自分のペース、希望に沿って転職活動を進めたい
  • 自分で企業研究や選考対策ができる
  • ハローワークに通えない

特に、企業研究や選考対策を自分で行えるかが重要なポイントとなっています。

企業のニーズや自分の市場価値を把握していれば、ハローワークを利用しなくても内定を獲得することは可能です。

転職に不安を感じている方はハローワークを利用して、客観的な意見を参考に自分の強みを考えると良いでしょう。

転職エージェントの利用もおすすめ

type転職エージェントの画像

近年、利用率を伸ばしている転職エージェントも非常にオススメです。

幅広い職種やエリアから求人を探すことができ、専任のキャリアアドバイザーが転職支援を行ってくれるため、ハローワークと転職サイト両方のメリットを持ち合わせたサービスです。

転職エージェントでは、主に以下のサービスを行ってくれます。

  • 相談、カウンセリング
  • 求人案内
  • 日程調整
  • 選考対策(書類選考、面接)
  • 入社後のサポート

各社に内定獲得率や定着率を上げるための取り組みがあり、難易度や会社の雰囲気までチェックしたうえで、本当にマッチしている会社のみを提案してくれます。

転職エージェントを初めて利用する方は、大手で安心感のあるtype転職エージェントを利用しましょう。

公式サイトはこちら

type転職エージェント

ハローワークと転職サイトはどっちが良いか【まとめ】

ハローワークや転職サイトで仕事を探す画像

このページでは、転職を希望する方に向けてハローワークと転職サイトのメリット・デメリット、それぞれの利用に向いている人について解説しました。

ハローワークと転職サイトでは、取り扱い求人のエリアや選択肢の多さ、転職支援の有無に違いがあります。信頼や知名度の面でもハローワークの方が優勢と言えるでしょう。

もし、信頼性のある転職サイトを利用したい場合には、このページでも紹介したリクナビNEXTを利用しましょう。大手リクルートが運営しているためセキュリティ面で安心です。

自己分析、求人検索、選考対策、企業研究など用途に合わせて使えるので、気になった方は利用してみてください。

リクナビNEXTで求人を探す

リクナビNEXT

\転職サイトTOP3!/

転職に際して利用したいサイトを3つ紹介しています。

年齢や転職スタイルに合わせて最適なサービスをご利用ください。

リクナビNEXT
リクナビNEXT

リクルートが運営する業界トップの転職サイト!
・第二新卒、キャリア採用など多岐に渡る利用が可能
・自己分析、スカウト機能が非常に便利
転職するなら登録必須のサイトです。

キミスカ
キミスカ

企業からスカウトが届く新卒専用サイト!
・登録だけでスカウトが受けられる
・マッチした企業へ有利に転職できる
新しい業界に挑戦するきっかけになります。

Re就活
Re就活

第二新卒、既卒など20代の転職に特化したサイト!
・20代に向けた大企業が豊富
・就職支援、イベントが多くて心強い
転職経験のない方でも利用しやすいのが嬉しいポイント。

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました