おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

【製造業への転職】志望動機の書き方と例文、失敗しやすいNGワードとは

アイキャッチ画像『製造業への転職、志望動機の書き方』転職
カエル
カエル

転職先の業界に製造業を考えているんだ。

物を作るのは好きだし、やりがいがあると思うんだよね。

ウサギ
ウサギ

製造業には色々な仕事があるぞ。

自分に合った業務を見つけられると良いな。

転職先の業界として製造業は一定の人気があります。募集がかかりやすかったり特別な資格や経験を必要としないことが応募しやすい理由です。

では、製造業にはどんな仕事があるのでしょうか?

志望する際には、どういった志望動機を書けば良いのでしょうか?

このページでは、製造業についての基本的な説明から選考対策の方法を紹介します。

このページで分かること
  • 製造業の仕事について
  • 仕事の魅力(実際に働いている人のコメント)
  • 志望動機の書き方
  • 志望動機の例文とNG例

確認しておきたい転職方法のまとめはこちら

製造業にはどんな仕事があるのか?

工場、製造業で働く人の画像

まずは、製造業にどういった仕事があるのか紹介します。

『製造』というワードから製品の開発や組み立てをイメージする人は多いですが、企画から販売までの一連の業務を指しています。

以下は製造業の一例になります。どんな作業に関わりたいのか、自分に向いている業務は何かを考えてみてください。

  • 企画・開発
  • 組み立て・加工
  • 生産管理・品質管理
  • 営業・販売

企画・開発

企画や開発は製品の大元となる部分を考える仕事です。

他社から依頼を受けたり市場から売れ筋を分析して、必要とされる商品を作ります。また、大量生産のために生産ルートを確保したり、生産技術や品質の向上を目指します。

企画・開発職として募集されていることもあれば、企業によっては他の業務を経験した人材のみが企画・開発に携われることもあります。

組み立て・加工

製品の組み立てや加工を行う職業で、はんだ付けや製品の組み立て、加工食品の製造などがあります。

製造業で最も多くの募集がかかる業種なので応募しやすいメリットがあります。また、ひとつの作業に集中できる人はやりがいを感じられる業種でもあります。

一方で、繁忙期には残業が多かったり、製造にミスが発生した際には休日出勤になるなどのマイナスの部分もあります。

生産管理・品質管理

生産管理職は、製品がスムーズに生産されているかチェックする仕事です。発注数を確認して納期までに間に合うように現場に指示を出します。
取引先との信用に関わる仕事なので責任は大きいです。

一方、品質管理職では生産された製品に問題がないかをチェックします。どの製品がどこで売れているのかエリアごとの動向を調べたり、製品に対してのアイデアを出すこともあります。

営業・販売

営業職、販売職は製造した商品の契約を取る仕事です。

取引相手は、転職先の企業がBtoBなのかBtoCなのかによって異なります。また、営業の方法も直接営業の他にインターネットを用いた呼び込み、クチコミがあります。

企業ごとに営業、販売の方法が異なるので求人をチェックしてください。

製造業の魅力とは?

カエル
カエル

製造業の仕事についてはよく分かったよ。

この就く人はどんな理由を持っているのかな?

ウサギ
ウサギ

そうだな、実際に働いている人の声をいくつか紹介しよう。

当サイト、転職ステップでは製造業に転職した方のコメントを募集しました。

寄せられたコメントの一部を紹介します。

  • 物作りが楽しい、やりがいがある
  • 人間関係の面で働きやすい
  • 未経験でも入社しやすい

物作りが楽しい、やりがいがある

20代・男性・Kさん
業種:製造
私は昔から物作りが好きだったのでこの業界に入りました。
繁忙期は休日出勤も当たり前でブラックな部分もありますが、社会貢献度の高い仕事なのでやりがいがあります。

製造業は物作りが好きな人にとってはやりがいのある仕事になります。仕事の結果が目に見える形で現れる点や自分の携わった製品が人々の生活を支えるという実感で、モチベーションが維持しやすいのです。

実際に製造関係の仕事をしている人の中には、店頭や街中で自社の商品を見つけたり、購入している人を見ることで喜びを感じる方もいるようです。

人間関係の面で働きやすい

40代・女性・Hさん
業種:ライン工

製造は男性、女性の両方がいるので働きやすいと思います。給与面では微妙なこともありますが、気さくな人が多くて働きやすいところは気に入っています。

会社によって異なりますが、製造業は男女が同じくらいの割合で在席しています。そのため、働きやすいと感じる人が多いのも魅力のひとつです。

女性ばかりの職場に疲れて工場に応募する人も多いです。

未経験でも入社しやすい

30代・女性・Yさん
業種:生産管理職

製造業の魅力は未経験歓迎の求人が多くて入社しやすいところだと思います。
私も未経験でしたが、面接は雑談がほとんどで簡単に転職できました。同時期に選考を受けていた他のメーカーも選考は緩めで内定を貰えました。

製造業の魅力に未経験でも入社しやすい点があります。未経験歓迎の求人も多く記載されており、選考も比較的和やかに進むことが多いです。

製造業には入社しやすいメリットがありますが、労働集約型の会社も多く、労働量が多かったり厳しいノルマが設定されていることもあります。

製造業の転職する際の志望動機の書き方

カエル
カエル

製造業にもいろいろな仕事があるんだね。

早速応募しようと思うから志望動機の書き方を教えてよ。

ウサギ
ウサギ

そうだな、大切なことは入社後に何をやりたいかだ。

『物作り』だけではNGワードになったりするから具体的に書こう。

ここからは、製造業に転職を考えている方のために選考で評価されやすい志望動機の書き方を紹介します。

以下のポイントを押さえるだけで、魅力的な志望動機が書けるようになります。

  • 業界、会社を志望した理由を明確に答える
  • 会社の製品を購入、使用した経験があれば感想と共に伝える
  • 資格やスキル、経験をアピールする
  • 入社後にやりたいこと、キャリアビジョンを伝える

業界、会社を志望した理由を明確に答える

志望動機を書く際には、その業界や会社を選んだ理由を明確に記載しましょう。

よくある失敗例に『物作りが好きだから』『○○が好きなので、その製品に関わる仕事がしたい』と書く人がいます。問題のなさそうな文章にも見えますが、これだけではその業界や会社を志望した理由にはなりません。

例えば、物作りができる業界は、製造業の他にも建設業や林業などがあります。同様に、応募する会社と同じ製品を取り扱っている会社は他にもあるかもしれません。

「どうしてうちを選んだのですか?」と尋ねられた時に返答に困るようでは評価されません。

また、採用担当者の中には『物作りが好き』『その会社の製品が好き』という志望理由を応募の大前提と捉えている方もいます。そういった場合には、付加価値のない志望動機と捉えられてしまうかもしれません。

志望動機の良い例として『貴社製品の○○には、業界で唯一の△△技術が導入されております。△△技術は未開拓の分野でもあり、今後の発展が見込まれます。新技術の導入に積極的な貴社であれば、高い技術力を活かした更なる商品開発ができると考え、志望致しました。』と記載することで、その会社に志望した理由がはっきりと伝わります。

会社の製品を購入、使用した経験があれば感想と共に伝える

選考を受ける会社の製品を購入したり使用した経験があれば、感想と共に伝えましょう。

面接での話題作りになるだけでなく、志望した理由もリアルになります。採用担当者側も自社の製品について実際に使用して詳しく知っている人の方が印象に残りやすいです。

志望動機として書く際には『貴社の○○は長年に渡って愛用しております。他社の製品とは異なり△△部分が□□になっている所に使いやすさを感じております。』といった商品の感想を記載すれば、その後にスムーズに志望理由へと移ることができます。

面接では、製品について雑談が始まることもあるので、取り上げるアイテムについては良く調べておきましょう。

資格やスキル、経験をアピールする

資格やスキル、製造業での経験があれば積極的に記載してアピールしましょう。

製造業では経験が重視され、資格やスキルは必要ないと思われがちですが、生産管理や事務では簿記の資格が役立ったり、企画・開発では工学系、物理系のスキルが役に立つなど、至る所で必要とされます。

自分が取得している資格やスキル、経験がその会社で役に立ちそうであれば、具体的な活かし方と共に記載しましょう。転職に向けて需要の高い資格を取得しても良いでしょう。

例えば『私は大学で素材の研究を行いました。金属とセラミックを専門に学んだ知識は貴社の企画部で活かせると考えております。』といったように強みを活かせるポイントも明記しておきましょう。

入社後にやりたいこと、キャリアビジョンを伝える

志望動機では、入社したい理由に重点を置きがちですが、入社してから何をしたいのかも同じくらい重要な情報となります。入社後の目標やキャリアビジョンを伝えることで、採用担当者側も採用後の活躍をイメージしやすくなります。

キャリアビジョンを伝える際には、携わりたい業務や役職を記載します。具体的な目標数字や年数があるとなお良いです。

例えば『入社後○年以内に技術職のリーダーを目指します。その後、技術職での知識を活かして企画・開発部で新製品開発を牽引していきたいと考えております。』の様に聞き手がイメージを持ちやすい書き方を心がけましょう。

志望動機の例文とNG例

カエル
カエル

志望動機の書き方は分かったけど、実際に書くのは難しいな。

例文があれば見せてよ。

ウサギ
ウサギ

そうだな、それなら2つの例文を紹介しよう。

ここまでで、選考で評価される志望動機の書き方を紹介しました。

次は、上で紹介した要点を押さえた例文を紹介します。以下の例文を参考に自身の経験や応募する企業に合わせた志望動機を作成してください。

商品に魅力を感じた場合の志望動機

私が貴社を志望した理由は、貴社製品の商品開発に携わりたいと考えたためです。
私は、○○が趣味で普段から貴社の△△を愛用しております。貴社の△△に備わっている独自の□□機能は、高い技術力を必要とし、今後の発展が期待されます。この技術力のを有する貴社で、□□機能の更なる向上に携わりたいと考えております。
現在は家電メーカーの開発部に勤務しておりますので、これまでの開発の知識を活かして尽力する所存です。

会社の規模や業績に魅力を感じた場合の志望動機

貴社の品質管理職に志望した理由は、○○の製造・販売において全国シェアの85%を達成している貴社で新しいニーズを発掘したいと考えたためです。貴社の商品であれば、新しい提案がエンドユーザーの声に反映されやすく、更なる品質向上に目指せると考えております。
私は、大学で△△を選考して□□の素材について研究しました。貴社に入社した際には、□□についての知識を活用し、積極的な提案をしていきたいと考えております。

志望動機のNG例

理想的な2つの志望動機を紹介しましたが、最後にNG例を1つ紹介します。

私が貴社を志望した理由は、物作りが好きだからです。
幼い頃から周囲に器用だと言われ、精密機械の組み立てや模型作りを趣味にしていました。また、集中力にも自信があり、一度始めたことは終わるまで続けてしまいます。
貴社に入社した際には、この器用さと集中力で製品の組み立てに専念したいと考えております。

上記のNG例で、欠けていたポイントは以下の通りです。

  • その企業、業界を選んだ理由がない
  • 自分の情報のみで製品に関する記載がない
  • 入社後にやりたいことが不明確

志望動機を書く際には、NG例と同じような失敗がないように確認してください。

製造業への転職についてまとめ

転職エージェントのイメージ画像

このページでは、製造業への転職について基本的な解説から志望動機の書き方、例文を紹介しました。

製造業への志望動機では、単に『物作りが好き』とアピールするのではなく『どういった物を作りたいのか』『入社してから何をしたいのか』を具体的に伝えることが大切です。

もし、志望動機の書き方以外にも不安があれば、転職エージェントサービスに登録して求人の案内を受けましょう。

転職エージェントサービスを利用することで選考対策を受けることができます。自身の市場価値や新たなPRポイントを見つけられるかもしれません。

気になった方は気軽に登録してみてください。

おすすめは業界大手のリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました