おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

引っ越しを伴う転職のやることリスト|万全な準備で新生活を始めよう

アイキャッチ画像『引っ越しを伴う転職、やることリスト』転職
カエル
カエル

転職活動中なんだけど、選考がうまくいけば引っ越しをすることになるんだ。

引っ越しを伴う転職ではどんなことをすればよいの?

ウサギ
ウサギ

それならこの記事では、引っ越しのやることをリスト化して紹介しよう。

就活や転職活動をしている人の中には、引っ越しを前提に遠方の企業に応募している方も多くいます。新しい地での新生活には、期待やわくわくした気持ち、気の引き締まる思いを感じることでしょう。

しかし、引っ越しの前後は忙しく、引っ越し作業の他にも各種手続きなど、やることがたくさんあります。入社に向けてしっかりと準備していないと、働き出してから困ることがあるので注意しましょう。

このページでは、転職を機に引っ越しをする方に向けて、やるべきことを紹介します。チェックリストも公開しているので参考になさってください。

このページで分かること
  • 転職で引っ越しをするタイミング
  • 就活、転職で引っ越しをする際のやることリスト
  • 引っ越しで必要となる費用

転職の始め方、進め方はこちら

転職に成功している多くの方が転職エージェントサービスを利用しています。リクナビNEXTで求人の案内を受けてみましょう!

転職で引っ越すタイミングとは?

引っ越しの画像

引っ越しを伴う転職では、勤務先の状況によって引っ越すべきタイミングが異なります。

入社後の勤務地が決まっていて入社までに時間がない場合には、新しい物件を探しながらウィークリーマンションやマンスリーマンションを利用する方法がおすすめです。入社前に急いで新居を探しても失敗する可能性が高いので、実際にその土地に住んでみてから住みやすい場所を探しましょう。

入社後の勤務地が決まっていて入社までに時間的な余裕がある方は、新居を探しても良いでしょう。会社から遠くない場所を選ぶのも重要ですが、駅やコンビニ、スーパーが近くにあるか確認しておかないと不便な思いをするかもしれません。

勤務地や配属先が決まっていない時には、引っ越しをせずに入社するのが良いでしょう。明確な勤務地が決まるまでは、ウィークリーマンションやマンスリーマンション会社の社員寮を利用しておくことで引っ越し費用を節約することができます。

以下のリストで簡単にチェックできます。

入社までに時間がない入社までに時間的な余裕がある
勤務地が決まっている入社後の引っ越しがおすすめ入社前の引っ越しも可能
勤務地が決まっていない勤務地が決まってから引っ越し勤務地が決まってから引っ越し

引っ越しの下調べはいつから行う?

転職で引っ越しをするのであれば、下調べは早い段階から行いましょう。

ベストなタイミングとしては、最終面接まで辿り着いた時になります。最終面接まで進むとかなりの確率で採用されるので、ここが動き出しのタイミングになります。

物件や具体的な入居日までは決めずとも、大まかなエリアや会社までの距離、入居の条件を考えておくことで、いざ引っ越しをする際にかなり楽になります。

転職と引越しは別のタイミングがおすすめ

転職と引っ越しを並行して行う人もいますが、これはかなりの負担になるのでおすすめできません

引っ越しの際には作業の他にも、各種手続きや登録が必要となります。新たな地での勤務となると精神面でも疲労するので、転職を優先した方が良いでしょう。

もし、引っ越しのタイミングが遅れそうな時には、その旨を転職先の企業に伝えておきます。目安としている予定日があればそちらも伝えます。

就活、転職で引っ越しをする際のやることリスト

カエル
カエル

ところで、引っ越しの前後では何をすれば良いのかな?

初めてだからよく分からないや。

ウサギ
ウサギ

それなら次は引っ越しのやることリストを紹介しよう。

やることは本当に多いから忘れることがないよう注意しような。

次に、企業入社のために引っ越した方のために、届け出の提出や登録情報の変更など、やることを紹介します。

必ず行う手続きをリスト化したものが、以下になります。

  1. 転出届・転入届の提出(転入届は引っ越し後14日以内)
  2. 銀行口座の開設・解約(転居届提出後)
  3. 印鑑登録の手続き(転居届提出後)
  4. ライフラインの利用停止・申し込み(申し込みは引っ越し前数日~1週間前)
  5. 証明書や書類の住所変更

引っ越しのやることリスト①『転出届・転入届の提出』

引っ越しの際に住所が変わるのであれば、『転出届』と『転入届』を市区町村の役所に提出して住民票の変更しなければなりません。

転出届とは「この住所から出ていきますよ」という内容の届け出で、引っ越し前まで住んでいた市区町村の役所に提出します。窓口で直接提出する他に、郵送も受け付けています。

転出届を提出することで『転出証明書』が発行されるのですが、この証明書は転入届を提出する際に必要となるので保管しておきましょう。

一方、転入届とは「これからこの住所を使いますよ」という内容の証明書で、引っ越し先の市区町村の役所に提出します。この転入届を提出しないと、現住所が必要となる一部の手続きができないので、始めに提出しておきましょう。

転入届には、新居に住み始めた日から14日以内という期限が設けられています。

引っ越しのやることリスト②『銀行口座の開設』

企業が給与の振り込み先として特定の銀行を指定することは良くありますが、他県など遠方の企業に就職する場合では、これまで使用してきた銀行が利用できないこともあります。

必要に応じて、給与振込専用の銀行口座を開設しておきましょう。

就職するエリアの地方銀行に口座を作っておくことで、給与の振り込みに困らないだけでなく、これまで利用してきた銀行の支店が少なかった時にも困らなくて済みます。

また、使用しなくなった口座がある場合には解約手続きも忘れずに行いましょう。長期間に渡って使用されていない口座は休眠の扱いを受けてしまい、すぐには使用できなくなってしまうことがあります。

引っ越しのやることリスト③『印鑑登録の手続き』

印鑑登録をしている人は、手続きが必要になるか確認しておく必要があります。

転出届を提出するとその時点で印鑑登録が失効するのですが、引っ越し先の市区町村ごとに印鑑登録が必要になるかが異なります。

転職を機に、これまでとは異なる市区町村に引っ越すのであれば、以前の印鑑登録は失効しているため新しく印鑑登録証を発行する必要があります。

一方、同じ市区町村に引っ越す場合は、転出届を提出した際に印鑑登録の住所が変更されるため印鑑登録の手続きは必要ありません。

印鑑登録は必要に応じて再発行の手続きをすることになりますが、廃止するために手続きは必要ありません。

異なる市区町村への引っ越し同じ市区町村への引っ越し
印鑑登録の手続き必要不要
印鑑登録廃止不要不要

引っ越しのやることリスト④『ライフラインの利用停止・申し込み』

引っ越し前には、電気や水道、ガスの利用停止が必要となります。電話やインターネットから所定の会社に連絡して利用を停止しましょう。

また、引っ越した後にすぐライフラインを利用できるよう、利用開始の申し込みも引っ越し前に済ませておきます。

申し込み方法は、電気と水道では事前に所定の会社に連絡するか、新居での用申込書を提出します。ガスの開栓には立会人が必要となるので回線の日時を決めることになります。

引っ越しのやることリスト⑤『証明書や書類の住所変更』

引っ越しが済んだら、住所の記載のある証明書や書類について住所変更を行います。

前の住所のままにしておくと証明書としての効力を失ったり、スムーズな手続きができなくなることがあります。転職の場合には、入社までには変更しておきましょう。

以下の所定の機関に変更届を提出するのは以下の3つです。

  • 自動車(運輸支局)
  • 運転免許証(警察署)
  • 預金通帳(銀行)

また、以下の3つについては電話やインターネットで住所変更の手続きを行うことができます。

  • 生命保険
  • 通信料金
  • クレジットカード

この他にも住所登録をしているサービスの住所も変更しておきましょう。変更が完了していないと、前の住所にお知らせはがきや請求書が届くことがあります。

引っ越し前後のやることリスト(確認用)
  • 転出届・転入届の提出
  • 銀行口座の開設・解約
  • 印鑑登録の手続き
  • ライフラインの利用停止・申し込み
  • 証明書や書類の住所変更(自動車、運転免許証、預金通帳、生命保険、通信料金、クレジットカードなど)
カエル
カエル

リストアップしてみると本当にやることが多くて大変そうだね。

早めに動かないと後が辛そう...。

引っ越し、入居にかかる費用は?

カエル
カエル

ところで、引っ越しにはどれくらいのお金がかかるの?

できるだけ安く済ませたいな。

ウサギ
ウサギ

それなら引越しや入居にかかる費用を紹介しよう。

引っ越しや入居には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

まず、引っ越し代金ですが、こちらは利用する業者や時期、引っ越しの距離によって金額が変わってきます。複数の業者に見積もりを依頼して大まかな予算を組んでおきましょう。

次に、入居費用ですが、こちらは敷金・礼金の他に前家賃(日割り家賃)が必要となってきます。一般に新居に入居するまでには家賃の3~5ヶ月分が必要となると言われています。

引っ越し、入居費用のリスト
  • 引っ越し代金・・・業者や時期、距離による
  • 入居費用・・・家賃3~5ヶ月分

転職に関する引っ越しの相談はエージェントサービスへ!

転職エージェントのイメージ画像

このページでは、引っ越しを伴う転職をする方のために、引っ越しのタイミングややることをリスト化しました。

引っ越しの際には、やることが多くて大変です。精神的にも肉体的にも披露するので入社して仕事が落ち着いたころに引っ越すのがおすすめです。

もし、疑問や不安がある方は転職エージェントサービスを利用して仕事を探しましょう。

エージェントサービスでは入社後のサポートまで受けられるので、引っ越しの相談ができます。他の転職経験者がどういった選択をしているのか問い合わせてみると良いでしょう。

無料で利用できるので気になった方は登録してみてください。

おすすめはリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

こんな方は転職エージェントに相談しましょう!

  • 無事に転職できるのか不安
  • 無料のサービスを使いたい
  • 非公開求人も案内されたい
  • 短い期間で内定を貰いたい
  • プロのサポートを受けたい

完全無料&大手で安心!

リクナビNEXT

転職 転職の始め方・進め方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました