おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

繁忙期に退職する方が覚えておきたいポイント|転職を成功させる方法とは

アイキャッチ画像『転職で繁忙期に退職する方法』転職
カエル
カエル

転職活動をしていて内定をもらうことができたんだけど、今勤めている会社が繁忙期で言い出しづらいんだよ。

繁忙期に退職するのは社会人として間内半なのかな?

ウサギ
ウサギ

繁忙期に退職するのは良くないとされることが多いな。

だが、いくつかのポイントを押さえることで会社への負担を最小限にとどめることができるそう。

今回は繁忙期に退職する方に向けた情報を紹介しよう。

転職活動が当初の計画以上に長引いてしまうと、繁忙期に退職を迫られることがあります。

例えば『10月入社を目指していたのに、内定を貰うのが11月になり年末の繁忙期に退職することになった』という場合です。

では、繁忙期に退職する事は認められるのでしょうか?

会社に迷惑をかけずに退職するためには何をすれば良いのでしょうか?

当記事では、転職活動の結果、繁忙期に退職することになった方に向けてトラブルを防ぎながら無事に退職する方法を紹介しています。

このページで分かること
  • 繁忙期に退職する人への世間の声
  • 繫忙期に退職しても良いのか
  • 退職、転職を成功させるためのポイント

転職の始め方、流れについてはこちら

繁忙期に退職するのは会社にとって迷惑

繁忙期に退職する社員に対して悩む社員の画像

転職活動の長期化や家庭の事情など、様々な理由で繁忙期に退職することを迫られるケースがあります。

会社にとって迷惑をかける行為であると自覚している人は多いですが、具体的にはどのような損失があるのかを紹介します。

  • 人手不足
  • 人事の業務負担
  • 上司、後任者への負担
  • プロジェクトメンバーの変更

繁忙期に退職することで、人手が不足するだけでなく、人事や上司、後任者の業務を増やすことになります。

忙しい時期に仕事を増やすことになるため、良く思わない人は多くいます。また、会社によっては上司が退職交渉に応じてくれないこともあり、繫忙期に退職することがトラブルの原因となることも珍しくありません。

繁忙期に退職する社員への評価・コメント

カエル
カエル

繁忙期に転職する事は、残された社員に迷惑をかけることになるんだね。

みんながどう思うかについても詳しく聞きたいな。

ウサギ
ウサギ

それなら、当サイトが独自に行ったアンケート調査の結果を紹介しよう。

転職のために繁忙期に退職する社員に対し、在籍する社員がどういった思いを持っているのかを紹介します。

当サイト、転職ステップが社会人50名に対して『転職目的で繁忙期に退職する社員に迷惑と感じますか』という内容で行ったアンケート調査の結果では以下の回答が得られました。

『転職目的で繁忙期に退職する社員に迷惑と感じますか』のアンケート調査結果(転職ステップ2021年調べ)
転職目的で繁忙期に退職する社員に迷惑と感じますか(計50人)
迷惑・・・24人(48%)
迷惑でない・・・12人(24%)
どちらとも言えない・・・14人(28%)

アンケート調査の結果では、繁忙期に転職する者に対して『迷惑』と感じている人が全体の半数となる結果でした。

今回のアンケートでは、回答者の職業や役職に条件がないため、人事や役員の割合が多くなるほど『迷惑』と答える人の割合が高くなると予想されます。

繁忙期に転職する社員に対するコメント

上のアンケート調査に参加した方に対し『繁忙期に転職する社員をどう思うか』という内容で具体的なコメントを募集しました。

得られた声の一部は以下の通りです。

  • 考えが甘い
  • 自己中心的で非常に迷惑
  • 社会人としてなっていない
  • 時期をずらしてほしい
  • 事情があれば仕方ない
  • 転職はその人の自由
  • 特に気にしない

繁忙期に退職することを非難する声も多く上がりましたが、その一方で「忙しくなるのは嫌だが、理由があれば仕方がない」と考えている方の声も同じくらい寄せられました。

繁忙期に退職しないのは損です

カエル
カエル

会社に迷惑をかけて、周囲からも非難されるかもしれないんだね。

不安だから繁忙期に退職するのはやめて、また後で転職活動を始めるよ。

ウサギ
ウサギ

いや、転職活動はそのまま進めた方が良い。

会社の状況を考えるのは大切なことだが、それ以上に自分の人生を優先するべきだ。

ここまでの情報を見て「繁忙期に退職するのは良くないのかな?」「転職は先延ばしにするべきなのかな?」と感じた方もいるかもしれません。

しかし、会社が繁忙期だったとしても転職活動はこれまで通りに進めるべきです。

会社の状況を考えて行動するのは社会人として大切なスキルですが、退職の様なライフイベントとなれば話は別です。

例え、会社に迷惑をかけることになったとしても、それは結果的に転職と繁忙期が重なってしまっただけであり誰かが悪いわけではありません。また、転職を先延ばしにしても自身がチャンスを逃すだけであり会社が損失を補ってくれる事はありません。

会社の雰囲気は引き留めに負けてしまえば、周囲からは「自分の意思も実行力もない人だ」と認識されることでしょう。

会社が繁忙期であったとしても転職活動と被ってしまったのであれば、スムーズに進まないことも覚悟して退職交渉に移るべきです。

繁忙期に退職する際に覚えておきたいポイント

カエル
カエル

会社が繁忙期であったとしても転職と被ってしまった場合には退職するべきなんだね。危うくチャンスを逃すところだったよ。

ウサギ
ウサギ

勇気のいることだろうがしっかりと自分の意思を伝えて退職した方が良いぞ。

しかし、トラブルを避けるために無計画で転職するのは避けよう。

会社が繁忙期であったとしても転職を優先させて退職するべきではあります。しかし、無計画に退職交渉を始めても上司に取り合ってもらえなかったり周囲からの非難を浴びることになります。

ここからは、繁忙期に退職するために覚えておきたいポイント、やっておきたいことについて紹介します。

  • 退職の準備は早めに取り掛かる
  • 残りの業務にも真面目な取り組む
  • 必要に応じて退職代行を利用する

退職の準備は早めに取り掛かる

転職活動を進めていて「退職交渉を始める時期と会社の繁忙期が被りそう」と感じた場合には、早めに退職の準備に取り掛かることで会社への負担を減らすことができます。

業務が溜まっていたり引継ぎができていないとスムーズに退職できないため、これらに取り組んでおくと良いでしょう。

残業ができない方や「転職をバレたくない」と感じている人は、引き継ぎ用のマニュアルを作成します。マニュアルがあれば、後任者の負担を減らせるだけでなく、業務が残ってしまった時に代わりの人材が参照することができます。

引き継ぎの方法についてはこちら

残りの業務にも真面目な取り組む

転職を希望していた会社から内定をもらい、退職交渉が目前となると「もうやめる会社だから」という気持ちが働き、仕事への取り組み方がいい加減になったりモチベーションが下がってしまう人がいます。

しかし、出勤最終日を迎えるまでは会社の業務に真面目に取り組むべきです。

仕事への取り組み方が悪くなると、上司がまともに退職交渉に取り合ってくれなくなる可能性があります。

繁忙期に退職することで少なからず会社には迷惑をかけることになります。自分の希望や都合だけを通すのではなく、会社のことも考えた態度をとりましょう。

必要に応じて退職代行を利用する

もし、現在の会社が非常にブラックで転職を許してくれない場合には退職代行を利用しましょう。

退職代行とは、依頼者に代わって退職の手続きを行ってくれるサービスです。専門的な知識を持ったプロが対応してくれるため、ブラックな会社であったとしても退職を認めざるを得ません。

数万円ほどの費用が必要となりますが、個人で退職交渉を行うよりも成功率が高く、苦手な上司や社員と顔を合わせる必要がなくなるため非常に人気のあるサービスです。

繁忙期に退職する人は前向きに検討してみてください。

お勧めの退職代行サービスはこちら

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

転職活動を計画通りに進める方法

カエル
カエル

繁忙期に退職するにはいろいろなポイントを押さえておく必要があるんだね。

どれも参考になったけれど、一番良いのは計画通りに転職活動を進めることだよね。

ウサギ
ウサギ

繁忙期に退職することが悪いわけではないが、計画通りに転職できるのが一番だろう。

転職活動を続けた結果、繁忙期に退職することになる人は少なからずいますが、会社のためにも本人のためにも、忙しい時期を避けて退職交渉に移りたいものです。

ここからは、転職活動計画通りに進めるために覚えておきたいポイントについて紹介します。

  • 自己分析と企業研究は忘れない
  • 複数の会社に応募する
  • 面接対策は抜かりなく

自己分析と企業研究は忘れない

転職活動を始めるにあたって自己分析をしない人がいますが、自分の市場価値を理解して参入しやすい業界・職種を見定めるためにも必ずやっておくべきです。

自己分析は、リクナビNEXTのサイトを利用することで無料で行えます。分析結果をもとにしたお勧めの求人も探すことができるので参考になさってください。

また、自己分析に次いで企業研究をおろそかにする人も多いのですが、企業研究は面接対策になるだけでなく企業とのミスマッチを防ぐ目的があります。

自己分析や企業研究の甘さは面接官に簡単に見抜かれてしまいます。

転職への意欲や志望度が低いと判断されることがないよう以下の記事を参考に企業研究を行いましょう。

企業研究の方法はこちら

複数の会社に応募する

転職活動を行うにあたって1つの会社しか応募しない方がいますが、エントリー数が少ないと不採用になったときのリスクが大きく、面接に慣れることができないデメリットがあります。

入社したい会社が1社であるケースや時間が取れないケースを除いて、必ず複数の会社に応募しましょう。

条件の良い求人が見つからない場合には、非公開求人を豊富に取り扱っているリクナビNEXTを利用してみてください。

ハローワークや転職エージェントでは出会えない好条件の求人と出会えることがあります。

リクナビNEXTはこちら

リクナビNEXT

リクナビNEXT

面接対策は抜かりなく

「繁忙期に退職することになった」もしくは「なりそう」という方は、面接試験で不採用になったために計画がずれたのではないでしょうか?

面接対策が不十分であると、採用されるはずの企業に応募しても不合格となることがあります。

そもそも、面接時には志望動機や自己PRだけでなく応募者の人となりやマナーについても見られています。欠点となるポイントがあれば優れた人材であっても採用は遠くなります。

まずは面接の内容に以下の情報が盛り込まれているか確認してみてください。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 志望動機
  • その会社を選んだ理由
  • 業界への志望動機
  • 入社後のキャリアビジョン
  • 採用することで会社のメリットとなること

自己PRばかりに重点を置く方がいますが、好ましくありません。必要な情報を適切に伝えられるよう面接練習を行っておきましょう。

また、マナーの面でも見直しが必要です。試験会場への入退室の仕方やバッグの置き方、名刺の貰い方など細かなところでミスがないか振り返ってみてください。

複数の会社に応募して面接試験を受けるながら悪かったポイントを修正していくと良いでしょう。

繁忙期の退職についてのまとめ

退職願、退職届の画像

このページでは、繁忙期に退職することになった方に向けて、繁忙期に退職する社員に対する世間の声や退職を成功させるポイント、計画通りに転職するためのコツを紹介しました。

繁忙期に退職するためには、しっかりと準備を行い最後まで業務に取り組む姿勢が大切です。また、自己分析や企業研究、面接対策をしっかり行った上で転職活動に挑むことで、繁忙期に退職せずに済むかもしれません。

このページで紹介したリクナビNEXTでは、他の転職サイトやハローワーク、転職エージェントサービスにはない独自の非公開求人が豊富に掲載されています。

登録しておくだけで転職に有利になるため非常にオススメです。

気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

リクナビNEXTで内定をゲット!

リクナビNEXT

リクナビNEXTの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました