おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

優良企業の見分け方と便利な情報源|転職で失敗しないための仕事選び

アイキャッチ画像『転職で使える優良企業の見分け方』転職
カエル
カエル

転職活動を始めて求人をチェックするようになったんだけど、優良企業を見つけるのが難しくてなかなかエントリーできないんだ。

優良企業の見分け方があれば教えて欲しいな。

ウサギ
ウサギ

どういった企業を優良企業と呼ぶかはその人次第になるが、一般にホワイト企業と言われる会社にはいくつかの共通点がある。

今回は優良企業の見分け方について紹介していこう。

転職活動は気になる企業を見つけてエントリーすることから始まります。

自己分析や自身のライフスタイル、キャリアビジョンを参考に気になる企業をピックアップしていけば良いのですが、中には「ブラック企業には入りたくない」「優良企業だけに応募したい」という方もいることでしょう。

実は、優良企業は求人や公開されている情報から見分けることができるのです。

この記事では、優良企業の見分け方や情報収集の仕方と注意点、おすすめの転職サイトを紹介しています。

このページで分かること
  • 優良企業を見分ける方法
  • おすすめできない見分け方
  • 転職に使える情報ソース

転職の流れを確認したい方はこちら

優良企業の見分け方6選

優良企業を見極める方法について考える人の画像

当記事では、優良企業を以下の様に定義して話を進めていきます。

  • 社員の働く環境が整っている
  • 売り上げが社員に還元されている
  • 社員が満足して働ける
  • 経営が安定している
  • 入社後に長く働くことができる

一般に『優良』と言われている企業は、働き手が満足できる環境で安定した売り上げを出しています。社員のワークライフバランスにも力を入れていれば、入社後の定着率も高くなるでしょう。

上記の条件を満たした企業を探すためのポイントを紹介していきます。

優良企業の見分け方①『従業員に働きやすい環境を提供できているか』

優良企業の見分け方のひとつに、従業員に良い環境を提供するための取り組みがあるか、長期に渡って働くための配慮があるかが挙げられます。

社員を大切にしている優良企業は、確実にキャリア構築ができるよう入社後の内定率を高める動きが活発です。

例えば、最近ではノー残業デーの導入や有給取得の推奨、プレミアムフライデーによる早めの退勤を進めている企業も増えつつありますが、地方ではあまり浸透していない現実があります。

労働環境の改善については、既に働きやすい環境が整備されている会社もあれば、今後の環境改善に向けて様々な取り組みを行っている会社もあります。いずれの場合にせよ、従業員が働きやすいと感じる環境を作れるよう会社全体が意識していることが大切です。

優良企業の見分け方②『他社にはない強みがある、事業に将来性がある』

多くの優良企業は、他社にない強みを持ち安定した業績を得続けるか、もしくは常に新しい事業に挑戦することで利益を生み出しているかのどちらかに分けられます。

これらの特徴がないと、仮に現在の業績が安定していたとしても経済の変動や時代と共に伸びが悪くなり、ブラック企業へと変わりやすい傾向があります。

働き甲斐やキャリアアップという観点からも強みや将来性のある企業を選ぶよう心がけましょう。

優良企業の見分け方③『会社の純利益が安定している』

会社説明会や企業のホームページで会社の売り上げをチェックする人は多いです。会社説明会でも「売り上げが伸びている」とアピールする企業は多いですが、重要なのは純利益が安定して伸びているかです。

売り上げはあくまでも収入の一部であり、これが安定していても多くの費用をかけていたり失敗による損失が大きければ、その年は収支がマイナスになっていることもあります。

注目すべきは、売り上げから費用や損失を差し引いて求められる純利益であると覚えておき、会社説明会に参加した際には積極的に質問しましょう。

優良企業の見分け方④『業界でのシェア率が高く、横の繋がりが多い』

安定した会社は、業界でのシェア率が高い傾向があり、多くの企業と提携、取引を行っています。

『シェア率が高い=優良企業』とは限りませんが、業績が安定していると社員への待遇が良かったり倒産リスクが低くなるので、従業員としては働きやすいことが多いです。

企業のホームページを参照することで、取引先の企業名や所属している協会について知ることができます。商品やサービスのシェア率についても確認できることがあるのでチェックしてみると良いでしょう。

優良企業の見分け方⑤『社員の声を反映させている、評価制度が整っている』

応募する企業が優良企業であるかをチェックするための方法に、会社が社員の声を積極的に反映させているか、評価制度が整っており社員の貢献が給与や役職として反映されているかがあります。

会社のやり方を重要視して社員の声を軽視する会社では、従業員は与えられた仕事を消化するだけになってしまい経験の幅が狭くなります。ブラックな体質が他の面でも見られるようになるかもしれません。

また、評価制度の整っていない会社ではモチベーション維持が難しいうえに若手社員が意見できる立場になるまで時間を要する欠点があります。

優良企業の見分け方⑥『実際に働いた人が不満を持っていないか』

簡単な見分け方として、実際に働いている人の声を参考にする方法があります。

例えば、OpenWorkなどのクチコミサイトでは、現在会社に所属している人や既に退職した社員の投稿を見ることができます。会社の内情や不満を知れるのはもちろんのこと、選考過程について経験が記載されていることがあります。

情報のほとんどは主観的なものになりますが、悪い部分を知ったうえで応募するかどうかを決められるので非常に便利です。

ひとつのサイトでは情報が不足しがちになるため、複数のクチコミサイトを利用しましょう。

優良企業の見分け方、優良企業とブラック企業の比較画像

おすすめできない見分け方もあるため注意

カエル
カエル

優良企業の見分け方にはいろいろなものがあるね。

上記で紹介した項目はあくまでも傾向なんだろうけど、何も知らないで応募するよりは良いしすごく参考になったよ。

ウサギ
ウサギ

一応、おすすめできない見分け方もいくつか紹介しておこう。

優良企業の見分け方には様々なものがあり、信憑性の高い方法もある一方で本当に見分けられるのか怪しい方法も沢山あります。

例えば、以下の方法で見分けるのはおすすめできません。

  • 名の知れた大企業であるか
  • 雑誌で取り上げられている
  • 求人に記載されている給与額
  • 第三者機関から表彰されている

企業名が知られているか、ビジネス雑誌などの情報誌で取り上げられているかどうかは優良企業を見極める方法としては役に立ちません。実際に多くの大手企業でブラックな問題が起きており、ホワイトを売りに情報誌でアピールしていた会社が数年以内に倒産していることもあります。

また、給与が良い、表彰されているなどの事実も内情を知るために用いることはできません。過酷な労働条件や残業故に高い給与を実現したり表彰される実績を手にしていることがあります。

企業の情報を調べる際には、会社の取り組みや社長の考え方を重要視しましょう。

優良企業を調べるために使える情報ソース

カエル
カエル

ところで、会社の情報ってどうやって調べれば良いの?

企業のHPだけでは情報量に限界があるんだ。

ウサギ
ウサギ

情報は様々な方面から取得して審議を見極める必要があるな。

いつ、誰が発信した情報なのか吟味して参考にしよう。

応募を検討している会社が優良企業なのか知りたい場合には情報収集をする必要があるのですが、参考にすべき情報源が分からないことも珍しくありません。

転職の際に活用したい情報源としては以下のようなものがあります。

  • 会社のホームページ
  • パンフレット
  • 求人情報
  • 転職サイト
  • 企業説明会
  • 就活イベント
  • クチコミサイト
  • SNS

企業が公表している強みを知りたい場合、正確な情報を入手したい場合にはホームページや会社説明会の情報、リクナビNEXTなどの大手転職サイトを参照しましょう。

一方、社内の人間や既に退職した社員の意見を参照したい場合にはクチコミサイトやSNSを参考にすると良いです。

リクナビNEXTはこちら

リクナビNEXT

情報を参照する際のポイント・注意点

インターネット上、もしくはSNS上の情報を参照する際には『その投稿が個人の偏見が強くないか』『信憑性に欠けたものになっていないか』などのメディアリテラシーを意識しながら閲覧しましょう。

また、仮に正しい情報だったとしても情報が古くて誤りがある可能性があります。求人情報やホームページの記載は何年にも渡って更新されていないことがあるので、正しいと決めつけるは危険です。

面接や書類選考の際に古い情報であることが分かっても取り返しがつかないので、有効な情報を選び、正しく判断できるようになっておきましょう。

優良企業に採用されるために必要なこととは?

カエル
カエル

優良企業の見分け方には様々なものがあるんだね。

でも、ホワイト企業を見分けることができれば転職で失敗することはないから安心だ!

ウサギ
ウサギ

企業を見極める力がついてでも採用されなければ意味がない。入社できない企業の求人を見ていても仕方ないからな。

ここからは優良企業で求められる力と対策方法を紹介しよう。

「優良企業に入社したい」という希望は現在転職活動に励む多くの人が持っているため、良い求人ほど多くの応募者や経験・スキルを有した人材の応募があり勝ち抜くことが難しい状態にあります。

優良企業を目指すのであれば以下の条件に適しているか、身に付けているかを確認しましょう。

  • 業界での経験やスキル
  • 役立つ資格
  • キャリアビジョン
  • 積極性、挑戦意欲
  • 働ける環境(家庭の事情、既往歴など)
  • 若さ

以上の条件は、即戦力の採用や社員のキャリア構築を目指している会社側から求められるものです。全ての条件を満たしている必要はありませんが、応募する企業が何を求めているかを理解したうえで企業に貢献できることをアピールする必要があります。

不利な条件はプラスの表現に変えることができる

もし、転職において不利な条件があれば、採用のためにできることを始めたりプラスで言い換えることでマイナスの印象を与えないようにすることはできます。

言い換え、できること
業界での経験やスキル業界に関わらず役立つ経験、スキルをアピール
・プロジェクトリーダーの経験
・計画実行力
役立つ資格勉強を始めて履歴書に『勉強中』『取得予定』と記載
・職業訓練校にて○○の講座を勉強中
・○○の資格を△月に取得予定
キャリアビジョン企業のHPを参考に具体的に考える
積極性、挑戦意欲入社後にやりたいことを複数アピール
働ける環境仕事に支障が出ない事、他で補えることを伝える
・通院は土曜なので仕事に影響はありません
・休日出勤が可能です
若さ長期的に働く意思があることをアピール

プラスの表現に言い換えたり、これから勉強を始めるのも難しい方は不利な条件があることを正直に伝え、そのうえで何ができるかアピールしましょう。「企業にとってメリットがある」と面接官や採用担当者に思わせることができれば採用の可能性があります。

優良企業を見つけるおすすめの方法

カエル
カエル

優良企業の見分け方を教わったけど、自分で見つけられる自信がないよ。

いろいろと条件を加えると応募できる求人が減ってしまうんだ。

ウサギ
ウサギ

気になる企業が見つからない場合には、プロに頼ろう。

ハローワークはみんなが利用するから転職エージェントがおすすめだぞ。

このページでは、優良企業の見分け方や転職で使える情報源、企業研究をする際の注意点を紹介しました。

優良企業への転職を成功させるためには、多くの情報を偏りなく収集してその真意を確かめる必要があります。また、会社に必要とされる人材でないと高い倍率の選考を勝ち抜くことはできません。

もし、自分で優良企業を見分けられない場合やホワイトな求人が少ない場合には転職エージェントサービスに登録して求人の案内を受けましょう。

プロが優良企業と認めた会社であれば失敗のリスクが少なくて安心です。また、独自の非公開求人も用意されているので有利に転職できることもあります。

おすすめのエージェントサービスは『type転職エージェント』

type転職エージェントの画像

転職エージェントに依頼する人の中には「初めての利用で不安がある」という方もいることでしょう。始めてエージェントサービスを利用する方は、type転職エージェントがおすすめです。

豊富な求人や選考対策が受けられるのはもちろんのこと、入社したその後まで手厚いサポートが受けられるため困った時の相談が可能です。

完全無料で利用できるので気になった方は登録してみてください。

type転職エージェント公式サイト

type転職エージェント

type転職エージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました