おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

転職活動に役立つ!辛い時期の乗り越え方と内定を貰うためのコツとは

アイキャッチ画像『転職活動における辛い時期の乗り越え方』転職
カエル
カエル

数ヶ月前から転職活動始めているんだけど、全然採用されなくて悩んでいるんだ。

辛い時期の乗り越え方があれば教えて欲しいな。

ウサギ
ウサギ

転職活動で思うような結果がついて来ないことは珍しくない。

今回は辛い時期の乗り越え方や転職を成功させるためのポイントについて紹介しよう。

転職活動を続けていると、選考過程で不採用になったり応募条件を満たしていないなどの理由で活動が辛くなったりモチベーションが下がってしまうことがあります。

一般に、転職活動は活動開始から内定をもらうまでに2〜4ヶ月ほどかかるのですが、活動が長引くにつれて辛い時期に直面することでしょう。

では、転職活動が辛いと感じる時期にはどういった対処すれば良いのでしょうか?

この記事では、転職活動における辛い時期の乗り越え方や転職を成功させるためのポイントについて解説しています。

このページでわかること
  • 転職活動の辛さについて世間の声
  • 辛い時期の乗り越え方
  • 転職を成功させるためのコツ

転職活動の流れはこちら

転職活動に辛い時期があった人は全体の7割

転職活動、辛い時期の乗り越え方が分からず悩んでいるビジネスパーソンの画像

転職活動を辛く感じている人の中には「自分には続ける根性がないのかも」「転職意欲が強くないのかも」と自身やその活動に対して否定的な考えを持ってしまう方もいます。

しかし、転職活動を辛いと感じるのは特別なことではありません。

当サイト、転職ステップが独自に行ったアンケート調査では、転職経験のある社会人50名のうち約70%の人が転職活動において辛い時期があったと回答しています。

『転職活動に辛い時期があったか』アンケート調査の結果(転職ステップ2021年独自調査)
転職活動に辛い時期があったか(計50人)
あった・・・34人(68%)
なかった・・・16人(32%)

現在、転職活動が思うように進まず「つらい」「辞めたい」と考えている方は、現状をマイナスに捉えるのではなく「他の転職経験者も同じような状況にあった」と前向きに考えると良いでしょう。

転職活動の辛い時期とは?

次に、上のアンケート調査にて転職活動に辛い時期があったと回答した方に対して『どういったシーンで辛いと感じたか』を調査しました。

寄せられたコメントのうち、特に多かった回答が以下の通りです。

  • 内定を貰えない時
  • 仕事が忙しくて日程調整に苦労した時
  • 選考の準備や参加が大変だった時
  • 面接に参加する時
  • 圧迫面接など面接の内容
  • 転職活動が長引いた時
  • 会社への罪悪感
  • 退職の相談を切り出す時

特に多かったのが、希望する会社から内定を貰えなかったケースと現職が忙しいために思うように転職活動に専念できなかったケースの2つでした。

このアンケートの結果から、転職活動がいかに時間と労力を必要とするかがよく分かります。

転職活動で役立つ辛い時期の乗り越え方

カエル
カエル

みんなが辛いと感じている時期についてはよく分かったよ。

でも、僕が知りたいのはその辛い時期の乗り越え方なんだ。

ウサギ
ウサギ

もちろん乗り越え方についても紹介するぞ。現状を変えるために参考にしてくれ。

転職活動が長引いたり計画通りに進まないことで、辛いと感じたりモチベーションが下がりパートやアルバイトにシフトチェンジする方は多くいます。

そんな方々のために、ここからは転職活動における辛い時期の乗り越え方を紹介します。

  • 転職後の自分をイメージする
  • リフレッシュ日や休息日を設ける
  • 資格や技術を身に付ける機会を設ける

転職後の自分をイメージする

辛い時期の乗り越え方の1つ目として、転職に成功した自分の姿をイメージして現状との差を意識する方法があります。

例えば『現在はスキルや経験の身につかないブラック企業で働いているが、転職後の協会はキャリアアップしやすいため新しい経験を積むことができる』と考えることで、自分の現状に対する不満と転職への希望を再認識することができます。

この方法でモチベーションを上げたり、「自分のために転職しなければならない」といった使命感を感じることができれば、辛い時期を乗り越えることもできるでしょう。

リフレッシュ日や休息日を設ける

転職活動には、面接試験へ参加したり活動が忙しかったりと緊張や疲れを感じるシーンが多くあります。この緊張や疲労の乗り越え方として、リフレッシュや休息を行う日を設けると良いでしょう。

転職活動には数ヶ月の期間を要するのですが、この期間中モチベーションを維持し続けるのは非常に難しいです。

「早く内定を貰いたい」と焦って行動する人もいますが、余裕がない様子は面接官に良い印象を与えません。趣味で気分を変えたり適度に休み精神的な余裕を持った上でしっかりと準備して選考に挑むと良いでしょう。

資格や技術を身に付ける機会を設ける

転職活動に行き詰まった際の乗り越え方として、活動を一時停止して資格や技術を身に付ける機会を設ける方法があります。応募する業界で役に立つ資格を取得したり、セミナーや職業訓練を受けることで応募できる求人の幅が広がります。

転職活動を休むことで罪悪感や劣等感を感じてしまう人もいますが、勉強をしていれば「転職の準備をしている」という意識によって、気が重くなりにくいメリットがあります。

ただし、こちらの方法には時間や費用が必要となってくるため、短期間で取得できる資格を学んだり通いやすい訓練校で技術を習得すると良いでしょう。

転職活動を成功させるためのポイント

カエル
カエル

辛い時期の乗り越え方にはいろいろなものがあるんだね。

振り返ってみると、メンタルを保つための工夫ができていなかったな〜。

ウサギ
ウサギ

できていなかった部分はこれから改善すれば良い。

それと、メンタルを保つことも大切だが転職活動の方法を見直すこともまた重要だ。

転職活動における辛い時期の乗り越え方については紹介しましたが、活動の進め方や方法に問題がある場合には原因を突き止め、改善する必要があります。

ここからは、転職活動を成功させるためのコツをいくつか紹介します。実践できていないものがあれば取り入れると良いでしょう。

  • 自己分析で自分の市場価値を知る
  • 複数の会社にエントリーする
  • 面接練習に力を入れる
  • 離職後に転職活動を始める方は貯金をしておく

自己分析で自分の市場価値を知る

自己分析をせずに転職活動を始めてしまう方が多いのですが、自身の市場価値を知り無理のないエントリーができるよう実施しておくべきです。

学歴、年齢、資格、経験など企業は応募者に対して求める人物像があります。また、条件の良い求人ほど優れた人物が求められています。そのため「求人票の条件が良かったから」「少し経験があるから」といった理由で応募しても採用されないことがあるのです。

まずは、自己分析を行い自分が採用されやすい業界や職種を調べましょう。大手転職サイト、リクナビNEXTでは自己分析を行い、その結果から最適な求人を探すことができます。

気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

リクナビNEXTで自己分析を行う!

リクナビNEXT

リクナビNEXT

複数の会社にエントリーする

転職活動を行うにあたって、1つの会社に応募して落ちたらまた次の1社に応募するというスタイルをとっている方がいます。この方法には、1つの会社の選考に専念できるメリットがありますが、不採用になった際のリスクが大きかったり選考慣れすることができないなど多くのデメリットがあります。

どうしても1社しか応募できない場合を除いて、必ず複数の会社にエントリーしましょう。

働きながら転職を行う方は同時に3社、離職してから転職活動を行う方は5〜7社など、無理のない範囲で併願すると良いでしょう。

面接練習に力を入れる

求人探しやエントリー、日程調整に時間を費やしていると疎かになってしまうのが面接練習です。

面接練習では、話す内容を軽く確認したり練習すらしていない人も多いのですが、選考落ちする方の多くは面接練習が不十分なためにアピールポイントがしっかりと伝わっていません。

志望動機や自己PRをしっかりと答えられるのはもちろんのこと、荷物やコートの置き方、名刺の受け取り方など細かなマナーまで確認しておく必要があります。

想定外の状況で取り乱すと「対応力がない」と判断され仕事ができないイメージを持たれてしまうので面接練習には力を入れましょう。

離職後に転職活動を始める方は貯金をしておく

会社を辞めてから転職活動を始める方は、離職までにしっかりと貯金を作っておくことが大切です。

一般に、職場の転職活動で必要となる資金は、給与の3ヶ月前後と言われています。この貯金と失業保険の金額を合わせた額が空白期間の資金となります。

空白期間を利用した転職活動には、家賃や食費、水道光熱費、保険料などこれまでかかってきた費用の他に転職で必要となる物の購入費や交通費が必要となります。

貯金がないと「早く転職先を見つけなければ」と焦ってしまうため失敗につながりやすいです。

転職活動で貯金が尽きた方はこちら

辛い時期が来たら転職エージェントに相談しましょう

ウサギ
ウサギ

現在の転職が辛くて具体的な乗り越え方が分からない時には、転職エージェントに頼るのがオススメだ。

カエル
カエル

かなりの確率で転職を成功に導いてくれるサービスだよね。

無料で利用できるから使わない手は無いね。

既に転職活動が辛くなり、乗り越え方が分からなくなってる場合には、転職エージェントサービスを利用して仕事探しのプロに相談しましょう。

転職エージェントでは、カウンセリングを基にした求人の案内、選考書類のチェック、面接対策、日程調整など、転職活動の様々な部分をプロがサポートしてくれます。

大手のサービスでは内定獲得率8〜9割を誇るため、ほぼ確実に仕事を見つけることができます。

type転職エージェントがおすすめ!

type転職エージェントの画像

転職エージェントサービスに対して「初めてでよく分からない」「キャリアアドバイザーにダメ出しされそうで怖い」と不安を抱いている方はtype転職エージェントを利用しましょう。

type転職エージェントは、初心者にも優しく使いやすい仕組みになっています。転職エージェントサービスとしても最大手の1つなので非常に安心感があります。

完全無料で使えるので気になった方は登録してみてください。

type転職エージェントで内定をゲットする!

type転職エージェント

type転職エージェント

転職活動の辛い時期の乗り越え方まとめ

転職に成功した人の画像

このページでは、辛い時期の乗り越え方や内定を獲得するためのポイント、おすすめの転職エージェントサービスなど転職活動で役立つ情報について紹介しました。

辛い時期を乗り超えるためには入社後のイメージを持ちながら無理のない範囲で活動に取り組むことが大切です。また、知識あるプロに相談することで転職成功率を上げることができます。

「カウンセリングは面倒」と感じるかもしれませんが、これから時間をかけながら自力で内定を目指すよりはプロのサポートを受けて入社しやすい会社を選んだ方が良いのは明らかです。

「今回から転職エージェントを利用してみようかな」と思った方は、当サイトがおすすめしているtype転職エージェントを利用してみてください。

type転職エージェント公式サイト

type転職エージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました