転職はリクナビNEXT

・リクナビ運営で安心のサイト
・非公開求人が多く転職に有利
・企業から直接スカウトが届く

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)
転職転職の始め方・進め方

【ドライバー業への転職】未経験者が採用されるためのポイント・注意点

アイキャッチ画像『未経験者のドライバー業への転職』転職
カエル
カエル

トラックドライバーの求人が魅力的で応募してみたいと思ったんだ。

未経験可の掲載も多いから僕にも務まるかな?

ウサギ
ウサギ

確かに長距離ドライバーなどの仕事は、未経験でも高収入を目指せるな。

だか、ドライバーにも色々な種類があり、それぞれの業種によってメリット・デメリットも異なってくるぞ。

今回は、ドライバーへの転職について未経験の方に向けて解説しよう。

大型トラックのドライバーや長距離運転手など、未経験可で高収入の募集は多く掲載されています。また、タクシーやバスの運転手など送迎を通してお客と関わることのできる仕事も多くあります。

業務内容としては運転がメインで、特に難しい知識を必要としないためバリバリ働いて稼ぎたい方には、最適な職業に思えます。

しかし、本当に未経験者でも務める事ができるのでしょうか?

当記事では、ドライバーの種類や業務内容、選考対策の方法について解説しています。仕事への適性を図り、入社後の定着に役立ててください。

こんな方におすすめの記事です
  • ドライバーの仕事に興味がある
  • 運転メインの仕事は未経験
  • 転職を成功させたい

転職情報のまとめはこちら

ドライバーは未経験者でも採用されやすい

ドライバーへの転職

トラックやトレーラーによる物流、タクシーやバスによる送迎など様々な形で募集されているドライバーの仕事ですが、未経験者でも採用されやすい職種のひとつです。

それぞれの職種で体力が必要だったり接客の技術が求められたりと、身につけるべきスキルは異なりますが、未経験者への技術指導に力を入れている企業が多いため入社後に知識を身につける事ができます。

また、近年では物流の需要が高まりドライバーの人手不足が続いており、未経験者の採用に積極的な企業が増えているので転職のチャンスは十分にあると言えるでしょう。

なお、求人に『経験者優遇』と記載し、実務経験がある方を優先的に採用している企業もあります。

応募するなら未経験可の求人がおすすめ

ドライバーの募集に応募するのであれば、募集要項に『未経験可』と記載されている求人を選ぶのがおすすめです。

未経験者の採用に力を入れている企業であれば、研修制度が確立されている事が多いです。知識なしでも十分な指導を受けられるので入社後のキャリア形成がしやすくなります。

募集要項に詳細が記載されていない場合には、企業のホームページを参照したり研修制度について問い合わせる事ができます。

気になる募集があれば、情報を集めて応募してみると良いでしょう。

未経験可の求人はリクナビNEXTで探せます!

リクナビNEXT

ドライバーに転職するメリット

カエル
カエル

ところで、ドライバーの仕事に転職することにはどんなメリットがあるの?

ウサギ
ウサギ

職種によって異なるが、いくつかの利点があるぞ。

ここからはドライバーに転職するメリットについてその一例を紹介しよう。

ここからはドライバーの仕事に興味を持つ方に向けて、ドライバーのメリットを紹介します。

トラックドライバーやタクシーの運転手、物流関係者など幅広い職種について解説しています。

ドライバーに転職するメリット
  • ひとりで黙々と仕事ができる
  • 専門的な知識が必要ない
  • トラックドライバーは未経験者でも給与が高い

ひとりで黙々と仕事ができる

物流関係のドライバーは、1人で黙々と仕事をしたい方に向いています。

トラックドライバーの業務は、1人で担当することが多いため対人の業務が苦手な方やひとりで仕事に集中したい方にはおすすめです。入社直後や新入社員の指導を行う際には2人でルートを周ることもありますが、基本的には単独での業務になります。

一方、仕事の中で人と関わりたい方は、タクシー運転手や施設の送迎ドライバーを選ぶと良いでしょう。

専門的な知識が必要ない

ドライバーの仕事は専門的な知識を必要としないため、経験や資格、やる気さえあれば働く事ができます。

運転や牽引の免許を取得したりルートを覚えたりと、業務を行う上で多少のスキルアップは求められます。しかし、入社に際して専門的な知識が求められる事がほとんどないので未経験者でも採用されやすいメリットがあります。

トラックドライバーは未経験者でも給与が高い

トラックドライバーに限った話ですが、初任給が高く未経験者でも稼ぎやすいメリットがあります。基本的に小型、中型、大型の順で給与が額が高くなり、大型トラックの運転手となると月30万円近く稼げる募集もあります。

物流ドライバーの求人は、基本給を高く見せるために昇給が少なめに設定されているケースが多いです。

そのため、経験による給与額の差が少なく、長く働いている人と新人の手取りがそれほど変わらないのです。

短期間だけ働いてしっかり稼ぎたい方にトラックドライバーはおすすめの職業です。

ドライバーに転職するデメリット

カエル
カエル

ドライバーの仕事に転職することには様々なメリットがあるんだね。

未経験でも採用されやすいし働きやすそうだから良い事しかないね。

ウサギ
ウサギ

いや、メリットだけを見て判断するのはよくないぞ。

次はドライバーに転職するデメリットを紹介しよう。

未経験でも採用されやすかったり専門的な知識が必要ないなど転職する上で様々なメリットのあるドライバー業ですが、1部にはデメリットとなる特徴もあります。

ここからは、ドライバーに転職するデメリットを紹介します。

ドライバーに転職するデメリット
  • 過酷な業務が多く危険が伴う
  • 経験やスキルが広がりにくい
  • トラックドライバーは昇給が少ない

過酷な業務が多く危険が伴う

大型車両の運転手や長距離ドライバーでは、過酷な業務が多いうえに危険が伴います。

長時間の運転はもちろんのこと、悪天候での運転、重い荷物の積み下ろしなど重労働で危険と隣り合わせな仕事が多くなります。

経験に関わらず参入できて給与額が高めの業界ではありますが、体力的な面でキツく事故を起こす危険性もあるため長期間にわたって続けるのは容易ではありません。

長年に渡ってキャリアを築きたい方はタクシーやバスの運転手、施設の送迎として運転業務に携わるのがおすすめです。

経験やスキルが広がりにくい

ドライバーの仕事は、基本的に車の運転やそれに伴う作業になるため経験やスキルが広がりにくいデメリットがあります。

業務で運転をしていた経験は、同じ業界で転職する際にアピールすることができます。

ただし、運転を必要としない業種に転職しようと考えた時、ドライバーの経験やスキルは活かせるタイミングが少なくアピール力に欠けてしまいます。

トラックドライバーは昇給が少ない

上記にてトラックドライバーが未経験者でも稼ぎやすいことを説明しました。基本給を高く昇給を少なく設定しているため、長期に渡って働いても給与額はあまり増えていきません。

「初任給が高いなら働き続けたい」と感じる人は多いですが、長期的な目で見ると一般企業で役職を獲得していった方が稼ぐことはできます。

短期で高収入を目指すのであればトラックドライバーは最適な仕事ですが、長期的に働くのはコスパがよくありません。

ドライバー業へ転職するメリット・デメリット

ドライバーに向いている人とは

カエル
カエル

ところで、ドライバーにはどんな人が向いているのかな?

自分に適性があるかを知りたいんだ。

ウサギ
ウサギ

ドライバーにも色々な種類があるかな。

いくつかのパターンに分けて向いている人の性格を紹介しよう。

職種が多岐に渡るドライバーの仕事ですが、それぞれの仕事に向いている人とそうでないと人がいます。

ここからは、タイプ別の運転業務について向いている人を紹介します。

タクシー、送迎のドライバーに向いている人
  • 運転が好き
  • 接客が好き、得意
  • 人と関わる仕事をしたい
  • 短時間の運転をしたい
  • 力仕事は少ない方が良い

接客が好き、または得意という方はタクシーやバスの運転手、送迎に向いています。

人を乗せるドライバーは運転距離がそれほど長くなく、力仕事が少ないのが特徴的です。また、日中から夜にかけての勤務が多く、夜勤が少ないのも働きやすいポイントです。

ただし、給与や待遇の面ではトラックドライバーに劣ります。

トラック、物流ドライバーに向いている人
  • 運転が好き
  • 1人で仕事をするのが好き
  • 長時間の運転が苦でない
  • 力仕事ができる
  • 高収入を得たい

1人で黙々と仕事をしたい方やハードワークで高い給与を貰いたい方は、トラックの運転手など物流ドライバーが向いています。

長時間の運転や力仕事を必要とする業界ですが、経験による賃金差が少なく、初めての方でもしっかり稼げます。

ドライバーへの転職を成功させるためのポイント

カエル
カエル

運転の仕事には色々なメリットとデメリットがあるんだね。

是非とも働いてみたいんだけど、転職に際してコツやポイントがあれば教えて欲しいな。

ウサギ
ウサギ

それならドライバーへの転職を成功させるために覚えておくべきポイントをいくつか紹介しよう。

未経験可の求人を多く出しているドライバーの仕事ですが、必ずしも応募者が採用されるわけではありません。

選考で評価され、内定を獲得するためにも以下のポイントを押さえると良いでしょう。

  • 免許や資格の取得が強い武器となる
  • 真面目で時間に正確な人材は好印象

免許や資格の取得が強い武器となる

ドライバーは未経験でも採用されやすい職種のひとつではありますが、免許や資格を取得している方が担当業務の幅が広がり採用されやすくなります。

面接官など企業の採用担当者も、すでに免許を持っている人材の方が教育の手間が省けるうえに仕事に関する話が伝わりやすいため採用後をイメージしやすいのです。

また、応募前に必要な免許を取得しても良いでしょう。免許取得に向けて教習所に通うことで、実際の運転業務の雰囲気を味わう事ができます。

ドライバーにおすすめの資格
  • タクシー運転手・・・二種免許、地理試験(一部地域限定)
  • バスの運転手・・・大型二種免許、普通自動車免許、大型一種免許
  • トラックドライバー・・・大型免許、中型免許、けん引免許、フォークリフト

真面目で時間に正確な人材は好印象

ドライバーの仕事は時間にシビアな事が多いです。物流であっても送迎であっても真面目で時間に正確な人材は好印象を持たれます。

選考で評価されるためには、自己PRでこれまでの仕事に対する姿勢をアピールしたり、面接会場に到着する時間、面接官との話し方、選考書類の文字など至る所にこだわり、真面目な印象を与えられると良いでしょう。

福利厚生と資格支援制度を重視して求人を探そう

ドライバーの仕事を探す画像

このページでは、ドライバーへの転職を考えている未経験者に向けてドライバーの種類やメリット・デメリット、選考対策の方法を紹介しました。

未経験可の求人を多く出しているドライバー業ですが、応募するのは福利厚生が整っており資格支援制度を設けている会社に絞りましょう。

キャリアアップのうえで資格は必要になってくるので金銭的、時間的に支援してくれる会社は働きやすいです。

条件の良い求人は、大手転職サイトのリクナビNEXTで探せます。

他の転職サイトにはない独自の非公開求人を豊富に取り扱っているので理想の会社に出会えるかもしれません。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

リクナビNEXTで内定をゲットする

リクナビNEXT

リクナビNEXT

\転職サイトTOP3!/

転職に際して利用したいサイトを3つ紹介しています。

年齢や転職スタイルに合わせて最適なサービスをご利用ください。

リクナビNEXT
リクナビNEXT

リクルートが運営する業界トップの転職サイト!
・第二新卒、キャリア採用など多岐に渡る利用が可能
・自己分析、スカウト機能が非常に便利
転職するなら登録必須のサイトです。

キミスカ
キミスカ

企業からスカウトが届く新卒専用サイト!
・登録だけでスカウトが受けられる
・マッチした企業へ有利に転職できる
新しい業界に挑戦するきっかけになります。

Re就活
Re就活

第二新卒、既卒など20代の転職に特化したサイト!
・20代に向けた大企業が豊富
・就職支援、イベントが多くて心強い
転職経験のない方でも利用しやすいのが嬉しいポイント。

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました