転職はリクナビNEXT

・リクナビ運営で安心のサイト
・非公開求人が多く転職に有利
・企業から直接スカウトが届く

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)
転職転職の始め方・進め方

【電気工事士への転職】志望動機の書き方・考え方、面接対策のポイント

アイキャッチ画像『電気工事士への転職、志望動機の書き方・例文』転職
カエル
カエル

転職活動を始めていろいろな求人を見ているうちに電気工事士という仕事に興味を持ったんだ。

資格がないけど挑戦してみたいから志望動機の書き方や面接対策の方法教えてよ。

ウサギ
ウサギ

電気工事士はインフラ整備を行う働きがいのある仕事だぞ。

今回は、電気工事士への転職を考えている方に向けた情報を紹介しよう。

電気工事士を目指す際に「どういった志望動機を書けば良いのか分からない」「正しい面接対策の方法を知らない」などの理由で挑戦できない方もいるのではないでしょうか。

電気工事士は、資格を必要とする専門的な職業ですが、言い換えると資格取得が有利に働く仕事でもあります。

このページでは、電気工事士への転職を考えている方に向けて、先行で評価されやすい志望動機の書き方や面接対策の方法、転職のリスクを軽減させるコツなどを紹介しています。

こんな方におすすめのページです
  • 電気工事士への転職を考えている
  • 志望動機の書き方、面接対策に不安がある
  • 会社が求めている人材を知りたい

本当に使える転職サイトはリクナビNEXT

リクナビNEXT

電気工事士への転職で求められる要件、能力とは

電気工事士に転職する人の画像

電気工事士に転職するにあたって『企業がどういった人材を求めているのか』について確認しましょう。

まず、中途採用で最重要とされるのは、実務経験やスキル、知識です。

企業は『即戦力』となる人材を求めているため、アピールできる経験やスキルがあれば志望動機で全面的に売り出します。

また、経験やスキルの他にもビジネスマナーやコミュニケーション能力、忍耐力や継続力、リーダー経験などが求められます。

電気工事士としての経験がない方は、上記のような『業界に縛られない強み』を前職での経験と共にアピールすることで魅力的な志望動機を作成しましょう。

電気工事士に応募する際、資格は必要か?

電気工事士は、専門性の高い職業であるために無資格で働くことができません。業務を行うためには『電気工事士』の資格を取得する必要があります。

企業側が即戦力となる人材を欲しがっていることもあり、資格取得は評価に繋がりやすいです。

しかし、必ずしも資格を取得しておく必要はありません。

会社によっては、入社後に知識を身につけながら資格取得を目指せたり、取得支援として手当を支給していることがあります。

「資格がないから採用されないだろう」と諦めることはせず、その他の強みを武器に挑戦してみると良いでしょう。

【電気工事士の志望動機】書く時のポイント・注意点

カエル
カエル

未経験でも転職できる可能性があると知れてよかったよ。

志望動機を書くことにしたからポイントや注意点について教えてもらえるとうれしいな。

ウサギ
ウサギ

志望動機を書くときのポイントはいくつかあるが、重要な4つを紹介しよう。

電気工事士の志望動機を書く際、気をつけたいポイント・注意点については以下の通りです。

志望動機のポイント・注意点
  • 個性のない文章は避ける
  • 転職理由にマイナスの表現を使わない
  • 志望理由は明確に記載する
  • 自己PRはどのように活かすかが大切

個性のない文章は避ける

志望動機としてテンプレート的な文章を書いてしまう方がいますが、個性がなくありきたりな文章は評価されにくいです。

評価される志望動機を書くためには、自身の経験や志望理由、入社後のキャリアビジョンについて具体的に記載して個性を出していきましょう。

志望動機に具体性を持たせるためには『なぜ』『いつ』『何を』『どうしたか』といった細かい情報を加えていきます。

志望動機の例文としては『電気設備の安全な管理により社会に貢献したいと考え、大学在学中に第二種電気工事士を取得しました。』と記載することで、応募者のバックグラウンドを想像しやすくなります。

転職理由にマイナスの表現を使わない

転職理由を記載する際には、前職を否定するようなマイナスの表現は避けましょう。

前職を否定することで、自身の誠実なイメージを失ったり忍耐力がないと判断される可能性があります。「不満があったらすぐに転職するのだろう」と思われてしまうと、採用は難しくなるので注意しましょう。

転職理由では、キャリアアップを目的としたり『優秀な上司、先輩に指導して頂きたい』など、プラスの表現に変えると良いでしょう。

志望理由は明確に記載する

業界や会社を志望した理由は、説得力を持たせるため明確に記載します。

志望理由を考える際には『どうしてその業界・会社を選んだのか』よりも『他の業界・会社ではいけない理由』が大切です。

他の業界にはない特徴や応募した会社独自の取り組み等をピックアップすることで、志望動機に説得力を持たせましょう。

志望動機の例文としては『貴社が独自に行っている〇〇事業に携わりたいと考え、志望いたしました。』のように記載すると良いでしょう。

自己PRはどのように活かすかが大切

志望動機で自己PRを記載する際には『入社後にどのように活かすか』もセットでアピールしましょう。

企業は自社の利益に貢献する人材を募集しており、採用することでどんなメリットがあるのかを知りたがっています。

志望動機では『入社後には、〇〇の経験、知識を生かして1日でも早く戦力になれるよう努力して参ります。』のように書きます。

【電気工事士への転職】志望動機の例文、NG例

カエル
カエル

志望動機を書く際のポイントや注意点についてはよく分かったから、次は実際の例文を見せてよ。

ウサギ
ウサギ

それなら上記どっちを押さえた例文をいくつか紹介しよう。

ここからは、経験者、未経験者別に電気工事士への転職で使える志望動機を紹介します。

参考としてNG例を掲せているのでマイナスポイントを探しながら見てください。

電気工事士未経験者の志望動機【例文】

私は、電気設備の安全な工事を通して、社会インフラを担う責任のある仕事をしていきたいと考えております。
現在、私は〇〇職で電気関連の□□業務を行っております。現在より専門的な知識を身につけて社会貢献度の高い仕事をしたいと考え、業務内容が多岐にわたる地域貢献型の貴社への転職を決意いたしました。
大学在学中には、電気設備や回路など電気工学の知識を学びました。また、貴社を応募するにあたって第二種電気工事士の勉強を始めました。
入社後には、勉強中の資格を取得し、大学で培った知識を活かしながら貴社に貢献したいと考えております。

未経験者の転職では、実務経験以外でアピールポイントを考える必要があります。

大学時代のエピソードや前職での経験で使えるものがあれば採用します。アピールできる強みがない場合には、転職を機に資格の勉強を始めても良いでしょう。

電気工事士経験者の志望動機【例文】

私が貴社を志望した理由は、ワークライフバランスに力を入れた会社で今後のキャリアを築いていきたいと考えたためです。
私は現在、電気工事士として〇〇事業部の主任を任されております。
今後もこの仕事を続けていくにあたって、無理なく働ける環境が必要であると判断し、転職に至りました。
入社後のポジションでは、これまでの経験を生かして働くことができると考えております。
即戦力となれるよう尽力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

前職で電気工事士として働いていた場合、志望動機では『同業他社に転職する理由』が重視されます。

転職理由では、前職を否定するようなマイナスな表現は使わず、キャリアアップや環境改善など無難な理由を伝えましょう。

志望動機のNG例

私が貴社を応募した理由は、電気工事士として経験を積みたいと考えているからです。
私は、以前から電気設備に関心があり、貴社で働きたいと考えておりました。
貴社は新入社員の研修に力を入れているため、知識を身に付けながら働くことができると考えております。
よろしくお願いいたします。

上記のNG例では、会社や業界を志望した理由が具体性に欠けています。人事担当者としては「電気工事士の仕事ができればどこでも良いのかな?」と感じてしまう内容です。

また、自分の要望や目的ばかりを伝える文章となっており、採用するメリットが伝わってきません。

面接対策は転職エージェントにおまかせ

カエル
カエル

志望動機は魅力的なものが書けたと思うよ。

きっと書類選考は通過できるから一安心だね。

ウサギ
ウサギ

書類選考が終わったら次は面接試験だ。

ここが非常に重要だからプロのアドバイスをもらいながら練習すると良いだろう。

面接では、志望動機の内容を確認するとともに応募者の人間性やビジネスマナーなど細かな部分までチェックされます。

非常に重要な選考過程なので、知識ある第三者のアドバイスを参考に対策すべきです。

減点されるポイントを1つでも減らすためには、ハローワークや転職エージェントの就職支援を受けると良いでしょう。

特に、転職エージェントでは各分野のエキスパートが適切なアドバイスをしてくれるため、内定獲得の可能性が高くなります。

おすすめはマイナビエージェント

マイナビエージェントのホームページ画像

初めて転職エージェントを利用する方には、マイナビAGENTがおすすめです。

大手マイナビが運営しているため豊富な求人数と高い満足度を誇ります。サイト自体も非常に使い勝手が良く、初めての方にも分かりやすい仕組みになっています。

また、就職支援を行ってくれるキャリアアドバイザーも親切で、面倒なやり取りやトラブルを避けたい人も安心して利用できます。

完全無料で利用できるので気軽に登録してみてください。

マイナビエージェント公式サイト

マイナビAGENT

マイナビエージェント

転職が不安な方は複数エントリーがオススメ

カエル
カエル

エージェントサービスを利用して面接対策を受けたけど、減点ポイントが尽きなくて大変なんだ。

面接対策ってすごく難しいものだね。

ウサギ
ウサギ

そうだな、面接時に魅力が伝わらなかったりマナーで減点を受けることは多い。

そういった不安に備えておくのも転職成功の秘訣だぞ。

電気工事士未経験の方、採用されるか不安な方は、1度に複数の会社にエントリーすることで不採用時のリスクを下げることができます。

リクナビNEXTを始めとする大手の転職サイトには、大手から中小企業まで全国各地の豊富な求人が掲載されています。特定の業界・職種から気になる会社を探すこともできて非常に便利です。

ハローワークや他社の転職サイトにはない独自の求人も多く取り扱っているので、大手の転職サイトをチェックしてみると良いでしょう。

選考の同時進行についてはこちら

電気工事士への転職まとめ

電気工事士への転職に成功する人の画像

このページでは、電気工事士への転職を考えている方に向けて、企業が求める人材から志望動機の書き方・例文、おすすめの面接対策や各種サービスについて解説しました。

電気工事士は業務を行ううえで資格を必要とする仕事です。しかし、エントリーにあたって必ずしも資格が必要なわけではありません。

明確な志望動機とキャリアビジョンを持ったうえで、細かなビジネスマナーに気を付けながら採用試験に挑みましょう。

また、複数社の選考を同時進行することで、リスク管理や選考の練習を行うことができます。このページでも紹介したリクナビNEXTを利用して最適な求人を探してみてください。

リクナビNEXTで求人を探す

リクナビNEXT

リクナビNEXT

\転職サイトTOP3!/

転職に際して利用したいサイトを3つ紹介しています。

年齢や転職スタイルに合わせて最適なサービスをご利用ください。

リクナビNEXT
リクナビNEXT

リクルートが運営する業界トップの転職サイト!
・第二新卒、キャリア採用など多岐に渡る利用が可能
・自己分析、スカウト機能が非常に便利
転職するなら登録必須のサイトです。

キミスカ
キミスカ

企業からスカウトが届く新卒専用サイト!
・登録だけでスカウトが受けられる
・マッチした企業へ有利に転職できる
新しい業界に挑戦するきっかけになります。

Re就活
Re就活

第二新卒、既卒など20代の転職に特化したサイト!
・20代に向けた大企業が豊富
・就職支援、イベントが多くて心強い
転職経験のない方でも利用しやすいのが嬉しいポイント。

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました