おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

【営業への転職】志望動機は何と書く?書き方のポイントと例文を解説

アイキャッチ画像『営業への転職、志望動機の書き方・例文』転職
カエル
カエル

営業の仕事って資格や経験がなくても就きやすいと聞いたよ。

僕も営業職に転職して会社の売り上げに貢献したいな!

ウサギ
ウサギ

実際に未経験者を歓迎している求人も多いな。

だが、経験を問わないということは人手が必要となるわけだ。

決して楽な仕事ではないと思うぞ。

転職や就活のために求人を探していると、営業職の募集を頻繁に目にします。

募集要項には、未経験でも働けたりノルマがなかったりと魅力的な文面が並んでいて、これを目にした方の中には「ノルマがないなら続けられそう」「研修制度がしっかりしていて安心」と感じる人もいます。

しかし、実際に入社した方はどのように感じているのでしょうか?

また、入社するためにはどういった志望動機を持っていれば良いのでしょうか?

このページでは、営業職への転職を希望している方のために営業について基本的な説明から志望動機の書き方、例文を紹介しています。

このページで分かること
  • 営業の仕事について基本的な説明
  • 営業のメリット・デメリット
  • 志望動機の書き方・例文

転職の始め方、進め方はこちら

営業の仕事内容とは

営業の画像

まずは営業の仕事について確認しておきましょう。

営業は自社の商品やサービスを売り込む仕事です。売り込みをかける対象はBtoB企業とBtoC企業とで異なりますが、営業活動や商談を通して商品やサービスの良さをアピールする業務内容に変わりはありません。

販売と混同されることもありますが、会社によっては営業と販売の線引きがはっきりしていたり、営業が受注や納品まで担当することがあります。

営業だからといって販売の業務がないとは限らないので、応募前には募集要項で業務内容を確認しておきましょう。

営業の魅力・悪い部分

カエル
カエル

営業の仕事については分かったけど、実際に働いている人はどういった感想を持っているのか知りたいよ。

やりがいとか悩みとか聞いてみたい!

ウサギ
ウサギ

それなら営業の仕事をしている方にアンケート調査を行った結果を紹介しよう。

志望動機も教えてもらったからエントリーする際の参考になるだろう。

次に当サイト、転職ステップが独自に行ったアンケート調査の結果を紹介します。

転職経験の有無に関わらず、企業で営業の仕事をしている方を対象に『営業に感じる魅力・働きがい』と『営業の悪い部分』を調査した結果が以下の通りです。

  • 人と関わる仕事が好き
  • 成果が目に見えてモチベーションが維持しやすい
  • 未経験でも採用されやすい
  • 経費の自己負担があることも
  • 人を相手にする仕事はストレスフル

人と関わる仕事が好き

20代・女性・Sさん
業種:保険
志望動機:人と関わる仕事がしたい
営業の魅力は人と関わる仕事ができることです。仕事を覚えたり人前で話すのは簡単ではありませんでしたが、現在ではお得意様も増えて楽しく働けています。
もちろん、今でも悩んだり相談することはありますが職場の人間関係にも恵まれているので自分に合った仕事だと思っています。

営業は人と関わることの多い仕事です。BtoB企業であるかBtoC企業であるかによって営業相手は異なりますが、対人の仕事が好きな方は働きがいを感じられるでしょう。

反対に、自分の意見や考えを伝えるのが苦手な方、人前で話すのが苦手な方は続けるのが難しくなることもあります。

成果が目に見えてモチベーションが維持しやすい

20代・男性・Eさん
業種:部品メーカー
志望動機:好きな商品の販売に携わりたい
成果が目に見えてモチベーション維持がしやすい部分では営業は良い仕事だと思います。うちは成果による昇給があって、これを目指して仕事しています。業務内容は決して楽ではありませんが、頑張った分がそれなりに返ってくるのは良いと思います。

社員の業績を給与で還元している会社は多くあります。そのため、仕事で成果を上げている方は高い給与を受け取ることができ、モチベーションを維持しやすいのです。

バリバリ働きたい方、成果を上げて多くの給与を受け取りたい方にはおすすめの仕事です。

未経験でも採用されやすい

30代・男性・Hさん
業種:無回答
志望動機:無回答

出入りが激しい会社は未経験者でも採用しているので正社員になれるチャンスがあると思います。僕も未経験で正社員になりました。入社後は苦労しますが。

転職サイトには営業職を募集する求人が多く掲載されています。

訪問や営業電話を苦手とする人は多く、会社のストレスフルな環境も相まって退職率が高くなる傾向があります。中には正社員採用の求人もあるので未経験でも挑戦しやすい業種の1つになっています。

経費の自己負担があることも

40代・男性・Kさん
業種:住宅販売
志望動機:販売に携わりたい
私が以前勤めていた会社では、経費の自己負担に不満を抱いている社員が多かったです。
車や携帯電話の支給はありましたが、お客様にお渡しする物は自己負担でした。これらの費用は間違いなく経費なので会社が負担するべきです。
他社では、車の支給がなかったり自費で会食させられることもあると聞いています。ブラックな職場には注意が必要です。

営業では、移動用の車、連絡用の端末、備品の購入費が必要となります。その他にもお客に渡す物の購入や会食費が必要となることがあり、これらの費用は経費であるため会社が支給すべきです。

しかし、経費を社員に負担させるブラックな企業も多く、社員の不満が溜まりやすい欠点があります。求人に応募する際には、クチコミサイトを利用して経費の自己負担がないかをチェックしておきましょう。

人を相手にする仕事はストレスフル

30代・男性・Hさん
業種:無回答
志望動機:経験を活かして働きたい

営業は人を相手にする仕事です。そこにやりがいを感じている人もいますが、辛くなって辞めていく人もいます。
私自身、仕事を通して多くの人と関わりたいと考えていたのですが、営業を経験して考え方が変わりました。今は黙々と働ける仕事に転職を考えています。

営業は人との関りが多く、ストレスフルな仕事です。取引先やお客に怒られた、会食や接待が多くて休みがないなどの理由で続けていくのが困難になる方も多くいます。

人と関わるのが好きな方でも入社後に考え方が変わることがあり、これが未経験歓迎の募集を多く出している理由でもあります。

営業の志望動機を考える際のポイント

カエル
カエル

僕は人にプレゼンするのがうまいんだ。

営業に挑戦したいから志望動機の書き方を教えてよ!

ウサギ
ウサギ

かなり自信があるようだな。

それならいくつかのポイントを紹介してやろう。

ここからは営業への転職で押さえておきたい志望動機の書き方を紹介します。

例文と共に解説しているので参考になさってください。

  • その会社を志望した理由は必須
  • キャリアビジョンは明確に記載する
  • 経験があれば成果と共に記載する
  • 強みをどのように活かせるか伝える

その会社を志望した理由は必須

志望動機では、その会社を志望した理由を必ず記載しましょう。

どうしてその会社を選んだのかが分からないと「特に理由はありませんが貴社に応募しました」とアピールしているようなもので、非常に失礼です。

採用担当者から志望度が低いと判断されることもあるので注意が必要です。

会社を志望した理由では、他社にはない強みや他社と比較して優れている部分を挙げます。「この会社だからこそ応募した」と伝わるようにしましょう。

例文としては『貴社の実験している○○を拝見いたしました。△△業界において○○の技術を取り入れている会社は貴社は少なく、貴社の挑戦の姿勢に感銘を受けました。』の様に書くと良いでしょう。

キャリアビジョンは明確に記載する

企業の採用担当者は、応募者が会社の利益になる事を期待しています。

そのため『入社後には何をしたいのか』『長期に渡って働き続ける意思はあるのか』を伝えて、会社に貢献できることをアピールします。

キャリアビジョンでは、その会社での目標を素直に答えれば良いです。

志望動機に書く際の例として『貴社に入社した際には、○○の開発に携わりたいと考えております。』の様に入社後にやりたいことを書きます。年数や役職名、部署名を挙げて『○年以内に△△を経験して、□□職の業務に携わりたいです。』と書くと具体性がアップします。

経験があれば成果と共に記載する

転職において経験は強みとなります。過去に営業職として勤務していた経験があれば、その時の成果と共に記載しましょう。

アピールできるような結果を残せていなかった場合には、営業の仕事をする上で心がけていた事や工夫していた事を結果と共に伝えます。

単に経験があると伝えるだけではアピールにならないので注意しましょう。

志望動機を書く時の例としては『私は過去に○年間に渡って営業職を担当しておりました。営業成績では常にトップを目指し、10人近い営業社員の中で3位以内を保っておりました。』と書くと良いでしょう。

培った経験をどのように活かすか説明することで、自然な形でキャリアビジョンを話すことができます。

強みをどのように活かせるか伝える

業界での経験や人間力などアピールできるポイントについては、入社後にどのように活かすかをセットで説明しましょう。

アピールできる強みを持っていたとしても、応募する会社で活かせなくては意味がありません。また、同様に強みを持っていたとしても、その価値が相手に伝わらなくては評価されません。

例としては『私は前職で○○職を担当しており、△△を経験しました。この経験は貴社のプロジェクトにおいて□□をするために活かせると考えております。』の様に書き、志望動機の質を上げましょう。

営業への転職で使える志望動機【例文】

カエル
カエル

志望動機の書き方は分かったけど、実際に書いてみると難しいものだね。

全体のイメージを把握するために例文を見せて欲しいんだ。

ウサギ
ウサギ

それなら、経験者・未経験者別の志望動機の例文を紹介しよう。

営業への転職で使える志望動機を紹介します。経験者、未経験者ごとの例文を紹介しているので参考になさってください。

営業経験者の志望動機【例文】

貴社の営業職を志望した理由は、これまでの営業の経験を活かしながら△△の普及、発展に携わりたいと考えたためです。
私は○○業界の営業職として自社製品の営業販売を担当しております。営業成績は年々右肩上がりでノルマの150%の売り上げを維持しております。
私は、趣味で△△を利用することがあり、この商品の発展に携わりたいと考えるようになりました。貴社は□□の技術を積極的に取り入れていることから、私のやりたいことが実現できると考えております。
貴社に入社した際には、営業の経験を活かして会社の戦力となれるよう尽力する所存です。よろしくお願いいたします。

上の例文を参考に志望動機を考える際には、以下のポイントを忘れずに記載してください。

  • その会社を志望した理由
  • 入社後のキャリアビジョン
  • 経験とその成果
  • 経験をどのように活かすか

志望理由とキャリアビジョンが明確でないと選考に不利になるだけでなく、採用担当者の心象を悪くすることがあります。必ず要点を押さえた文章にしましょう。

営業未経験者の志望動機【例文】

私は○○業界で△△の業務を担当しております。
○○業界では貴社の製品を使用することが多く、私もその普及に携わりたいと考えるようになりました。本当に良い商品だけをおすすめする貴社の社風は、私の考え方にマッチしていたため志望致しました。
私は人にプレゼンすることが得意です。(自身の経験や強みを説明する)
この経験を貴社の□□で活かせると考えております。よろしくお願いいたします。

未経験者は、会社や業界に関わらず需要のある強みをアピールしましょう。未経験者が志望動機、自己PRで記載できる強みには以下のようなものがあります。

  • 集中力、物事に取り組む力
  • 積極性、チャレンジ力
  • 意見や考えを伝える力
  • 忍耐力、我慢強さ
  • 計画性

強みが複数ある場合には、2つ以上挙げても良いです。入社後に『どのように活かすのか』も一緒に記載しましょう。

営業への転職まとめ

仕事探しの画像

このページでは、営業への志望を考えている方に向けて、営業の基本的な説明から仕事の魅力・悪い点、志望動機の書き方・例文を紹介しました。

営業では、人と関わる力以外にも忍耐強さ、計画性など様々な力が必要となります。経験がある方は成績と共に記載し、未経験の方は営業で使える能力をアピールしましょう。

もし、選考に不安があれば、複数の企業に応募して不採用になった時のリスクを減らしてください。

3~5社にエントリーしておくことで、1社からお祈りメールを貰った際に他社の選考に専念できます。選考の練習にもなるのでおすすめです。

おすすめは非公開求人の多いリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました