転職転職のお悩み・疑問解決

4月入社を目指すならいつから動き出す?転職スケジュールとやるべき事

アイキャッチ画像『4月入社の転職、いつから動き出すか』転職
カエル
カエル

4月入社を目指して転職しようと考えているんだ。

でも、転職に必要な期間とか、いつから動き出せば良いのか分からないから動き始めのタイミングを教えてよ。

ウサギ
ウサギ

上半期の始まりを目指して仕事を探す人は少なくない。

それなら今回は、転職スケジュールや失敗しないための対策について解説しよう。

「○月までに転職したい」と目標を持って転職する人は多く、中でも上半期の始めとなる4月は企業が採用活動を強化する転職シーズンとなります。

では、4月入社を目指して転職活動を行う場合、いつから動き始める必要があるのでしょうか?

当記事では、4月入社を実現するための転職スケジュールや転職活動を計画通りに進めるためのポイントについて解説しています。

こんな方におすすめの記事です
  • 4月入社を目標に転職を考えている
  • 転職活動のやり方がわからない
  • 選考落ちに不安を感じている

本当に使える転職サイトはリクナビNEXT

リクナビNEXT

転職活動にかかる期間(目安)

いつから転職を始めるか悩む画像

4月入社を目指している方の中には「いつから動き出せば良いのか分からない」「転職にどれくらいの時間がかかるのか知らない」という人もいることでしょう。

まずは、転職活動にどれくらいの時間が必要となるのかを確認しておきましょう。

求人探しから入社までにかかる大まかな期間は以下の通りです。

  • 求人探し〜応募・・・数日
  • 書類選考・・・2週間前後
  • 面接試験〜内定獲得・・・1〜2ヶ月間
  • 内定承諾・・・1〜2週間
  • 退職交渉〜引き継ぎ・・・1〜2ヶ月間

転職では、応募から入社までに3~4ヶ月の期間を必要とします。

もちろん、応募する会社や転職への取り組み具合、離職しているかによっては2ヶ月程度で入社できることもあります。その一方で、選考落ちやエントリーの辞退によって半年から1年と長引く人もいます。

所要期間が人によって異なるため「いつから動き出せば良いのか分からない」と感じる人が多くいるのです。

4月入社のメリット・デメリット

カエル
カエル

4月に入社できるよう転職活動を行う人は多いみたいだけど、そこにはどんなメリットがあるのかな?

ウサギ
ウサギ

それなら、メリットとデメリットの両方について解説しよう。

ここからは、転職で4月入社を目指すメリットとデメリットについて解説します。

それぞれの特徴を参考に入社時期を考える際の参考になさってください。

4月入社のメリット・デメリット
  • 企業の受け入れ体制が整っている
  • 上半期の始まりでキャッチアップがしやすい
  • ボーナスをもらってから退職できる
  • 応募の増加に伴う募集倍率の増加
  • 日程調整が難しいケースも多い

企業の受け入れ体制が整っている

採用活動や人事異動が活発化する4月は、企業の受け入れ体制が整っているため転職しやすいメリットがあります。

多くの企業が4月入社を目安に採用活動を強化しているため、年明けから3月頃にかけては求人が増えたり、企業が採用枠を増やしていたりと選択の幅が広がります。

また、新入社員や人事異動を受けた社員を対象に研修が行われるなど、転職をするにはベストなタイミングとなります。

上半期の始まりでキャッチアップがしやすい

4月入社の転職には、入社後にキャッチアップ(他の社員に追いつくこと)がしやすいメリットがあります。

例えば、5月以降に入社した社員は個別で研修を受けたり、新年度から始まる事業については他の社員に追いつくための努力が必要となります。

一方、4月入社の場合には十分な研修が受けられたり、新規事業に計画段階から参加できるなど、様々な点において知識や経験を積みやすくなっています。

ボーナスをもらってから退職できる

年2回の賞与を定めている企業の多くが冬のボーナスを12月に支給しています。

そのため、4月入社を目指して転職すると、在籍しながら活動を進めた場合でも12月末以降に離職した場合でもボーナスを受け取ることができます。

会社によっては退職の意思を伝えることでボーナスが減額されることもあるのですが、退職交渉を始めるタイミングを1月以降にずらせば満額を受け取ることができます。

応募の増加に伴う募集倍率の増加

4月入社には様々なメリットがありますが、この時期に転職を希望する人も多くなるため募集倍率が高くなるデメリットがあります。

特に大企業や人気のある中小企業では、2〜3月にのみ採用活動を行っている場合があります。年間を通した募集がされていない求人は好条件なことが多いため、応募が殺到して難易度が高くなる可能性があります。

4月入社を目指して転職活動を始めるのであれば、就活シーズン以外にも求人チェックをして倍率も高くなりそうな企業を知っておくと良いでしょう。

日程調整が難しいケースも多い

転職活動や退職手続きの進捗具合によっては入社日の調整が必要となりますが、日程調整に応じてもらえないケースも少なくありません。

例えば、会社側が入社日を厳格に決めている場合には、期限までに退職手続きを行い入社できるよう準備しておく必要があります。

反対に、離職中の方が「できるだけ早く入社してほしい」と言われ、予定より早く入社するケースもあります。

日程調整の可能な求人を探したり、リクルートエージェントを始めとする転職エージェントサービスを両方して代行してもらいましょう。

転職はリクルートエージェント

リクルートエージェント

年明けの1〜2月から動き始めることが大切

カエル
カエル

転職に時間がかかる事は分かったけれど、いつから動き始めれば良いのかな?

ウサギ
ウサギ

動き始めは早いに越したことがない。

できれば年明けの1月ごろから活動を開始しよう。

転職活動では様々な過程で多くの時間を費やすことになります。

4月の入社を目指すのであれば、年明けの1月から2月を目安に活動を始めましょう。

離職中の方は内定をもらってからすぐに入社できるため2月から始めても遅くありません。一方、会社に在籍しながら転職活動を行う方は、退職手続きに時間を要するため1月から始めましょう。

前年12月から応募しても問題ありませんが、年末は企業の採用担当者が業務に追われ、選考が進まないケースも珍しくありません。

早めに転職活動に取り掛かりたい方は、年末から求人探しを始めて年明けに応募するのがおすすめです。

4月入社を目指す方の転職スケジュール

カエル
カエル

あまり早くから応募しても効果はないんだね。

僕も12月は求人探しをして1月から本格的な活動を始めることにするよ。

ウサギ
ウサギ

動き出しは早いに越した事はないが、早すぎても効果が薄いということだな。

4月入社を目指すためには、余裕を持って動き始めることが大切です。

転職活動を行うにあたって参考にしたいモデルスケジュールは下の通りです。

4月入社の転職モデルスケジュール

4月入社を実現するためのポイント

カエル
カエル

とりあえず、1社に応募したけど採用される気がしなくて不安だよ。

もし、落ちたら始めからだしモチベーションが下がってしまいそうだよ。

ウサギ
ウサギ

それなら複数の会社にエントリーして対策すれば良いぞ。

選考の練習にもなるからオススメだ!

転職に不安がある場合には、複数の求人にエントリーすることで不採用時のリスクを軽減しましょう。

1社のみの応募では不採用通知を受けた際にエントリーからやり直すことになりますが、複数エントリーしていれば不採用時には併願他社の選考に専念できます。

リクナビNEXTRe就活(20代専門)といった大手の転職サイトでは、大企業から中小企業まで幅広い求人が掲載されています。

特に、リクナビNEXTには自己分析機能やスカウト機能、独自の非公開求人があるため非常におすすめです。

完全無料で使えて転職に有利なサイトで、登録しておいて損はありません。

選考の同時進行についてはこちら

4月入社の転職についてまとめ

転職活動に取り組むビジネスパーソンの画像

このページでは、4月入社を目指して転職する方に向けて、4月に入社するメリットやデメリット、いつから転職活動を始めるべきか、転職のモデルスケジュールを紹介しました。

4月入社には、職業選択の幅が広がったりキャッチアップが容易になるメリットがある反面、倍率が高くなる傾向があります。

この時期の入社を目指すのであれば、年明け1月頃に動き始めることが大切です。

また、選考落ちや試験に備えて複数の会社にエントリーしておく事が転職成功の鍵となります。

このページでも紹介したリクナビNEXTは非常に使いやすいので、ぜひ利用してみてください。

リクナビNEXTで求人を探す

リクナビNEXT

リクナビNEXT

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました