転職転職のお悩み・疑問解決

月の途中で転職すると保険・年金・給与はどうなる?支払い、手続きの仕方

アイキャッチ画像『月の途中の転職、保険・年金・給与』転職
カエル
カエル

転職活動で内定をもらったんだけど、契約開始が月の途中なんだ。

厚生年金や社会保険、給与額はどうなるのかな?

ウサギ
ウサギ

契約開始が1日でないと、色々とわからないことも多いだろう。

今回は月の途中に転職する方が知っておくべき情報を紹介しよう。

転職では、月の途中から入社するケースは珍しくありません。

企業から入社日を提案されることもあれば、転職者側から日程調整を交渉することもあります。

では、月の途中で入社した場合、年金や健康保険、給与額はどうなるのでしょうか?

このページでは、入社時期が月の途中になる転職者に向けて、各種手続きや給与額の計算について解説しています。

こんな方におすすめのページです
  • 転職を考えている
  • できるだけ早く入社したい
  • 月の途中で退職・入社する

→正社員転職ならリクナビNEXT

社会保険の支払いはどうなる?

保険証の画像

転職により保険が切り替わった場合、月末に加入している保険について1ヵ月分の支払いが必要となります。

例えば、4月20日に入社するケースでは、4月30日時点で在籍している会社(転職先の企業)で1ヵ月分の支払いをすることになり、4月19日まで在籍した会社(前職)では保険料が控除されます。

月の途中で退職した場合、最後の月は保険料の控除を受けられますが、控除された1ヶ月分は転職先で支払うことになります。

保険の切り替え・各種手続き

・離職期間のない方

退職日の翌日に入社する方(離職期間がない方)については、個人で行う手続きはありません。

前職で発行した『健康保険資格喪失証明書』を提出するだけで、その他の手続きは転職先企業が行ってくれます。

・離職中に転職した方

前職を退職してから転職活動を行っている方は、任意継続か国民健康保険への加入、もしくは扶養に入るいずれかの選択を行っているでしょう。

転職により社会保険に切り替わった場合、社会保険への切り替え手続きが必要となります。

国民健康保険の被保険者証、健康保険証、印鑑を持参した上で市役所で届出を出します。

厚生年金の支払いはどうなるの?

年金手帳の画像

厚生年金は月末に在籍している会社で支払うこととなります。

例えば、4月20日に入社する場合、4月30日時点で所属している会社(転職先の企業)で4月分を支払います。3月分の支払いは前の会社が期限までに行うので、個人ですることはありません。

離職中など、月末時で離職している方は国民年金の対象となります。

年金の切り替え・各種手続き

・離職期間のない方

離職期間のない方は、転職先で新たな厚生年金の資格を取得することができます。

会社側に年金手帳を提出するだけで良いので、個人で行う手続きはありません。

・離職中に転職した方

月末に離職している方は国民年金を支払うことになります。国民年金を利用していた方が就職する場合、入社時に厚生年金へと切り替わります。

厚生年金への加入手続きは、会社側が行うため個人での手続きはありません。

月の途中で転職したら給与・ボーナスはどうなる?

カエル
カエル

保険と年金については、月末時点で在籍している会社で支払えば良いんだね。

日割りの支払いがないのは分かりやすいね。

ウサギ
ウサギ

そうだな、次は多くの人が気になるであろう給与・ボーナスについて解説しよう。

ここからは、給与とボーナスの支給額についてよくある例を紹介します。

・給料は日割りのケースが多い

月の途中から入社した場合、給料は入社日から締日までの日割計算で算出されることが多いです。

例えば、20日締めの会社に15日に入社するケースでは15日から20日までの6日間が実働日数とされます。

また、試用期間中の給与を本採用より下げている会社もあるので「給料が少ない」と感じたら就業規則や労働条件を確認しましょう。

・ボーナスは月割、定額のケースが多い

ボーナスの計算方法としては、勤務期間が長い社員に対しては月割で給付、入社から日が浅ければ定額とされることが多いです。

また、算定期間に在籍していないとボーナスを受け取れない会社も多数あります。

ボーナスについては各社の賞与規定に定められているので、入社前に一度目を通しておくことが大切です。

転職のボーナス受給については『ボーナスで損をしない転職スケジュール!減額、貰い逃げにならないために』をご覧ください。

入社日を調整したい方は転職エージェントに相談

リクルートエージェント公式サイトの画像

月の途中で入社すると、給与やボーナスを満額で貰えないなど、様々な不都合が生じることがあります。

入社日や時期に希望がある方は、転職エージェントを利用してプロの就活支援を受けましょう。

転職エージェントでは、求人案内のほかに選考対策(履歴書・ES添削、模擬面接)や日程調整、年収交渉などを代行してくれます。

入社したい時期を伝えると、かなりの確率で実現できます。

転職エージェントのおすすめは、大手リクルートが運営するリクルートエージェントです。18万件以上もの豊富な求人から自分に合った仕事を探せるので入社後のミスマッチを減らすことができます。

完全無料で利用できて、相談だけの利用も歓迎しているので気軽に登録してみて下さい。

\リクルートエージェント 公式サイト/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

月の途中の転職まとめ

転職のポイント

このページでは、月の途中に入社する方に向けて、各種手続きや支払いの方法、給与・ボーナスの支給について解説しました。

入社時の年金、保険については月末の状態を参考に算出されます。二重支払いが生じた時には返金があるので「よく分からない」という方は、とりあえず支払っても良いでしょう。

また、手続きについては離職期間がなければ書類の提出で済みますが、離職期間のある方は状況に応じて役所に届け出る必要があります。

この記事を見て「月始めに入社したい」と感じた方はリクルートエージェントを始めとする転職エージェントを利用して日程調整をお願いしましょう。

個人で交渉するよりも融通が利きやすいのでお勧めです。

→20代・第二新卒・フリーターにおすすめの転職サイト

→30代以降におすすめの転職サイト

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました