おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

未経験で転職できるのは何歳まで?アンケートや採用担当者の声を紹介

アイキャッチ画像『未経験では何歳まで転職できるか』転職
カエル
カエル

転職を考えているんだけど、応募した会社はスキルも経験もない業界なんだ。

未経験の人は何歳まで転職できるのかな?

ウサギ
ウサギ

そうだな、今回は未経験で何歳まで転職できるのか解説しよう。

転職には、年齢のリミットがあると言われています。

「○○歳以上になると転職できない」という言われることがあるように、実際の求人には『○○以下』という応募条件が設けられていることがあります。

実際のところ、未経験の転職は何歳までできるのでしょうか?

このページでは、未経験者が何歳まで転職できるのか解説します。

このページでは、分かること
  • 転職の平均年齢
  • 未経験者でも転職できる業界
  • 動き出しのタイミング
  • 転職のコツ、ポイント

転職の始め方、進め方はこちら

転職の平均年齢は30歳前後

転職の平均年齢は男女ともに30代前後と言われています。

この平均は、エリアや業界・業種によっても異なり、営業職などのストレスフルな業種では20代前半での転職が多くなっています。

このサイトが独自に行ったアンケート調査の結果を見ていきましょう。

2018年1月~2020年12月の3年間に転職を経験した100名に年齢を調査しました。回答者を年代別にまとめた表は以下の通りです。

『転職した年齢』のアンケート調査結果
転職した年齢(計100人)
10代・・・9人(9%)
20代・・・27人(27%)
30代・・・38人(38%)
40代・・・18人(18%)
50代・・・8人(8%)

また、男女総合の平均年齢は29.7歳となりました。

このアンケート調査の結果からも分かるように転職の平均年齢は30歳前後です。

未経験者は何歳まで転職できる?

カエル
カエル

ところで、未経験者は何歳まで転職できるの?

35歳までと聞いたことがあるんだ。

ウサギ
ウサギ

未経験者が転職できる年齢は、業界によるが正解だな。

一般に未経験で転職できる年齢は、男女ともに28~35歳までとされています。

面接でも年齢が高くなるほど、採用担当者からの評価が悪くなります。

一般に30~40代は会社でバリバリと働きキャリアを構築している年代です。30代後半以上で転職をしていると「忍耐力がない」「人間性に問題がある」「前の会社で問題を起こしているかもしれない」と心配されることがあります。

キャリア構築を目的として30~40代以上の入社を認めていない会社も多く、転職の選択肢も減ってしまいます。

しかし、実際には35歳を超えた未経験者でも転職できます。

転職できる年齢は業界や職種、応募者の所有しているスキルや経験によって大きく異なります。

若手を積極採用している会社や特別な経験を必要とする会社ではスキル・経験に関わらず受け入れられないことも多いですが、40代を超えた未経験者を積極採用している会社も多くあります。

未経験者でも転職できる業界

カエル
カエル

未経験者だからといって何歳までといったボーダーラインはないんだね。

どんな業界が未経験者を募集しているの?

ウサギ
ウサギ

そうだな、営業職や販売職は常に募集がかけられているな。

それだけ大変な仕事なのかもしれない。

ここからは未経験の方でも転職しやすい業界をいくつか紹介します。

一般にキツイと言われる仕事も含まれることがあるので、自身の働き方や好みに合わせて業界を選んでください。

  • 住宅・不動産・保険の営業職(販売職)
  • IT関連のエンジニア
  • 飲食店、小売店のスーパーバイザー

住宅・不動産・保険の営業職(販売職)

住宅や不動産、保険の営業職(販売職)は未経験でも採用されやすいです。

これらの業界は入社後に必要な知識を身に付け、その後に個人顧客を相手に訪問や電話などで商品を売り込みます。

営業や販売の仕事は、精神的にキツイと言われることもありますが、人と話すことが好きな人、物を売り込むのが得意な人はやりがいを持って続けることができます。

IT関連のエンジニア

ITやweb関連のエンジニア職は慢性的な人手不足で、未経験歓迎の求人を出していることがあります。

「PCやプログラミングに知識がない」「機械に強くなくても務まるの?」と不安になる方もいますが、20~30代でエンジニア転職をすれば、スキルアップを目指すことができます。

会社によっては年齢の制限を設けていることがあるので、応募の際には求人をチェックしてください。

飲食店、小売店のスーパーバイザー

飲食店や小売店の店長、スーパーバイザーも未経験者の募集が多いです。

店長やスーパーバイザーは、仕事量が多いうえに責任が重く伸し掛かる大変な仕事ですが、スキルや経験が要求されないために経験を問わない募集がかけられています。

人をまとめる立場上、ある程度年齢を重ねた人の方が働きやすいこともあります。

ただし、会社や業種によっては高頻度で転勤があるので、応募の際には注意が必要です。

キャリアチェンジは20代が安全

カエル
カエル

未経験者を歓迎している会社は多いね。

どこに転職するかゆっくり考えようかな!

ウサギ
ウサギ

いや、キャリアチェンジを考えているのであれば、20代のうちに転職するのがおすすめだ。

完全未経験で年齢を重ねていると間口が狭くなる。

未経験の業界に挑戦できる年齢は20~30代と言われていますが、おすすめは20代です。

20代では新卒採用で入社した会社を辞めてキャリアチェンジをする人が多いです。30~40代の人材に比べ、キャリア構築のための時間が十分にあるので、受け入れ先の企業も歓迎しやすいです。

また、新卒採用で社員を取れなかった会社が第二新卒として募集をかけていることがあり、応募をしやすいのもキャリアチェンジに有利な点といえるでしょう。

企業の採用担当者の声

実際に、企業の採用担当者にキャリアチェンジで転職するなら何歳の人を取りたいかと質問したところ『22~30歳』という声が多く寄せられました。

具体的な理由は以下の通りです。

50代・男性・Hさん

(食品メーカー・役員)

うちの会社では、やる気などの姿勢も評価したうえで採用活動を行っているので、何歳の人を取りたいかについての明確な基準はありません。

ただ、私個人としては、キャリアチェンジを目指すなら早いに越したことはないと思っています。

敢えて数字を挙げるなら、最低限の経験や社会常識を身に付けておいて欲しいので25~28歳くらいですかね。

40代・男性・Kさん

(エンジニア職・人事)

30代以降でもキャリアを積んでいくことはできますが、キャリアチェンジとなれば20代が良いですね。

会社のためだけでなく、本人のためにも若い人を積極的に採用したいです。 

他にも30歳以下を積極的に採用したいとのコメントが多く、キャリアチェンジに有利な年齢が20代であることは明らかでした。

もし、完全未経験の業界、業種に挑戦したいと考えているのであれば、20代のうちに動き出すことをおすすめします。

正社員を目指す場合にも動き出しは早く

カエル
カエル

30代以降だとキャリアチェンジは難しいんだね。

だったら僕は同じ業界で転職して正社員になるよ。

ウサギ
ウサギ

正社員を目指す場合にも動き出しは速いに越したことはない。

もし、正社員採用を条件に転職を進めるのであれば、早めに動き出しましょう。

経験やスキルに関わらず、正社員として採用される可能性は20~30代が最も高く、40代以降では徐々に下がっています。

会社側も若い世代を取り入れることで、キャリア構築や社員の若返り、仕事への定着を目指しています。新しいプロジェクトに挑戦する際にも若い世代が中心となることも多く、企業からのニーズが十分にあります。

一方、40代以降となると特別なスキルや経験を持っていることもありますが、退職までの期間が短かったり、若い世代を中心としたプロジェクトメンバーに選びづらいなど、企業にとって歓迎しづらいポイントがいくつもあります。

未経験の業界に限らず、正社員を目指すのであれば早めに動き出しましょう。

未経験の業界で転職を成功させるコツ

カエル
カエル

無事に転職できるか不安になってきたよ。

未経験者が転職する際に気を付けるポイントはないの?

ウサギ
ウサギ

そうだな、いくつかあるから紹介しよう。

ここからは、未経験の業界、業種に転職する方のために、転職時に押さえておきたいポイントを紹介します。以下の3つを確認しておきましょう。

  • 第三者機関を利用して転職を進める
  • 自己分析で自分に合った仕事を見つける
  • 選考では全ての仕事に活かせる能力をアピール

第三者機関を利用して転職を進める

未経験者の転職には、ハローワークや転職エージェントサービスのような第三者機関の利用がおすすめです。

転職や仕事探しのプロにこれまでの経歴や希望の業種、未経験であることを伝えることで最適な求人案内を受けることができます。

特に、転職エージェントサービスでは、非公開求人を取り扱っています。未経験者歓迎で条件の良い求人は少ないので、選択肢が増えるのは大きなメリットとなるのでしょう。

おすすめはリクナビNEXT

リクナビNEXT

自己分析で自分に合った仕事を見つける

未経験者の転職では、自己分析をしっかりと行い自分に合った業界を見つけることが大切です。

自分にできること、やりたいことがはっきりしていないと、入社してからモチベーションを保つのが難しくなります。

また、自己分析が足りていないと求人だけを見て、自身の能力以上を要求される会社を選んでしまうことがあります。選考落ちする可能性が高いのはもちろんのこと、入社後の挫折にも繋がります。

特に、35歳以上の方は転職を繰り返すのが難しいので失敗しない企業、業界選びが必要となります。

選考では全ての仕事に活かせる能力をアピール

書類選考や面接では、全ての会社に活かせる能力をアピールしましょう。

例えば、システムエンジニアに応募する人が、事務のスキルや営業の経験をアピールしても評価はされません。面接官は「その経験を我が社でどのように活かす予定ですか?」と質問することでしょう。

苦し紛れの自己PRをするよりは、『積極性』『リーダーシップ』『責任のある仕事をこなした経験』など全ての仕事に活かせる能力をアピールしましょう。

例えば、大きな問題を解決した話をする場合、問題とその時に感じたことを具体的に説明します。その後、どういった意図をもって解決策を提案したのか、解決に向けていかに働きかけたのかを話しましょう。

異なる業界の相手に話す場合には分かりやすい説明にすると共感を得やすいです。

未経験者が何歳まで転職できるかのまとめ

転職エージェントサービスの画像

このページでは『未経験者が転職できるのは何歳までか』の解説を始めとし、転職に際して覚えておきたい事や未経験者が転職しやすい業界を紹介してきました。

未経験でも転職できる年齢は一般に35歳と言われていますが、実際には会社や業界によります。

特別なスキルがない人でも『リーダーシップ』や『問題解決能力』など、全ての会社で活かせる能力をアピールすることで採用されることもあります。

もし、未経験募集の良い求人が見つからない、選考で何をアピールすれば良いか分からないという方は、転職エージェントに相談しましょう。

上でも記載しましたが、転職エージェントサービスでは非公開求人の案内を受けることができます。選考の対策にも力を入れているので、第三者の視点からアピールポイントを見つけてくれます。

無料で相談できるので気になった方は登録してみてください。

おすすめはリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました