転職転職のお悩み・疑問解決

平日に休めない方の転職活動はどうすれば良い?在籍中の転職方法を解説

アイキャッチ画像『平日に休めない方の転職活動』転職
カエル
カエル

今の会社を続けるのが辛くて転職活動を始めたんだけど、平日に休めないのが問題なんだ。

エントリーや選考書類の送付はできるけど、面接にはいつ参加すれば良いのかな?

ウサギ
ウサギ

平日出勤のためにスケジュール調整が難しいと感じる人は少なくない。

今回は、平日に休めない人の転職方法を解説しよう。

在職中に転職活動を行う人は多いですが、面接が平日だと参加できない人も出てきてしまいます。

どうしても平日に休むことができない場合、面接の日程調整にはどのように対応すれば良いのでしょうか?

このページでは、平日に休めない・有給が取れない方に向けて、スケジュール調整のポイントや面接の日程調整の仕方を解説しています。

こんな方におすすめのページです
  • 在職中に転職活動を行っている
  • 平日出勤で休みが取れない
  • 企業の面接が平日に開催される
→正社員転職ならリクナビNEXT

平日に休めない方の日程調整方法4選

面接の日程調整電話をかける画像

採用面接が平日に行われる場合、平日出勤で休みが取れない方は参加が難しくなってしまいます。

仕事が忙しい、有給を取得しづらいなど、平日に休めない方は以下の3つの解決方法を実践してみましょう。

  • 半休を取得する
  • オンライン面接が可能か問い合わせる
  • 休日(土日・祝日)に面接可能か問い合わせる
  • 就業時間の前後で日程調整をお願いする

半休を取得する

「1日は休めないが半日であれば休めそう」という方は、半休を取得して午前中、もしくは午後の間に面接に参加すると良いでしょう。

半休を取得することで仕事に影響が出ることはありますが、エントリー中の企業に迷惑をかけずに済みます。

また、併願している会社があっても2〜3社をまとめて受けることができます。

オンライン面接が可能か問い合わせる

「準備や移動の時間さえなければ面接に参加できる」という方は、実施方法を対面からオンラインへと変更できるか問い合わせてみると良いでしょう。

近年では、コロナ禍の影響もありzoomやteams、Skypeを利用した面接が増えています。

企業側も準備が必要なため確実に対応してもらえるわけではありませんが、問い合わせを行ってみる価値はあるでしょう。

就業時間の前後で日程調整をお願いする

「どうしても平日には休めない」という方は、面接の時間帯を就業時間の前後に変更してもらえるか問い合わせてみると良いでしょう。

在職中に転職活動を行う方は多いため、企業側も対応には慣れています。

勤務日や就業時間を伝えることで、スケジュール変更に応じてもらえる可能性があります。

メール・電話での例文

ご提案いただきました日程は仕事のために参加が難しい状態です。
現職が平日〇時〜△時勤務のため、その前後で実施していただくことは可能でしょうか。
私事で大変恐縮ですが、ご検討のほど宜しくお願い致します。

休日(土日・祝日)に面接可能か問い合わせる

「平日は休めないし、残業も不定期」という方は、休日に面接を行ってもらえるか問い合わせてみましょう。

企業によっては面接日程を土日、祝日に変更してくれる場合があります。

スケジュール次第では3〜5社の面接に参加できるので、複数の会社にエントリーしている方にはおすすめです。

メール・電話での例文

平日の参加が難しいため、土日に面接試験を実施していただきたく存じます。
以下の日程でお伺いすることができるのですが、ご都合よろしい日はございますでしょうか。
○月○日 ○時~
○月△日 午後
○月○日 時間の希望はございません。
ご都合よろしいお時間をお聞かせ頂けると幸いです。

選考関連の連絡は早めに入れる

カエル
カエル

参加できる日時を伝えれば対応してもらえることがあるんだね。

早速、人事の人にメールを送ってみるよ。

ウサギ
ウサギ

そうだな、企業側も準備があるから早めに連絡することが大切だ。

提案された候補日に参加できない、スケジュール調整をしてほしいなど、選考に関する連絡は早めに入れるのがマナーとなっています。

企業は面接試験に向けて面接官のスケジュールを調整や面接会場のセッティング、資料準備を行う必要があるため、直前の連絡は迷惑になります。

相談するタイミングが遅いと「重要な相談・報告ができない」「社会人としてのマナーが身に付いていない」とマイナスの評価を受けたり、採用担当者の心証を損なう可能性があります。

平日に休めない場合には、エントリー時に連絡したり面接の日程調整を行う段階で相談しておきましょう。

万が一、やむを得ない理由により急なキャンセルが必要になった方は『面接当日にキャンセルはできるの?減点を受けないためのマナー・電話例文』をご覧ください。

在職中の転職には転職エージェントがオススメ!

現在の会社に勤めながら転職活動を行うことで、貯金や色を失うリスクを回避することができます。

しかし、平日に開催される面接に参加できないなど、転職がスムーズに進まないデメリットもあります。

在職中に転職活動を行う方は転職エージェントを利用して、日程調整や交渉をプロに任せましょう。

リクルートエージェントやマイナビエージェントといった大手の転職エージェントでは、選考対策や内定獲得後のアフターフォローまで安全で非常に使いやすいです。

20代〜30代の転職にはマイナビエージェント

マイナビエージェントのホームページ画像

20代から30代の若手の転職に最適なのが、利用者満足度の高いマイナビエージェントです。

基本的なサービスの質や求人数が優れているのはもちろんのこと、若手の転職に特化したサービスのためポテンシャル採用の企業が多いのも魅力的です。

スキルや経験に自信がない方、キャリアよりもポテンシャル重視で転職したい方はマイナビエージェントを利用しましょう。

\マイナビエージェント 公式サイト/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

40代以降のキャリア採用ならリクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイトの画像

40代以降の方におすすめなのが、全年齢を対象としたリクルートエージェントです。

求人数が15万件以上と業界でトップクラスの規模を誇るため、希望条件が多くても最適な求人を見つけることができます。

40代以降の転職者、特別なスキルや経験がある方はリクルートエージェントを利用すると良いでしょう。

\リクルートエージェント 公式サイト/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

平日に休みが取れない方の転職活動まとめ

転職成功の画像

このページでは、平日に休みを取るのが難しい方に向けて、面接のスケジュール闘争調整の方法やお勧めのエージェントサービスを紹介しました。

在職中に転職活動を行う方は多いため、企業側その対応には慣れています。

どうしても休めない場合には、メールや電話で出勤日や勤務時間、希望の面接方法を相談すると良いでしょう。

また、連絡が遅くなると採用担当者に迷惑をかけたり印象が悪くなるので早めの連絡を心がけましょう。

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました