おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

履歴書に書けるPCスキルと記入方法【記入例付きで転職をサポート】

アイキャッチ画像『転職でPCスキルをアピールする方法』転職
カエル
カエル

僕はExcelやWordの扱いに長けているんだ。

PCスキルがないと採用されない企業もあるし、転職でアピールすれば少しは有利になると思うんだ。

でも、履歴書や職務経歴書にどのように記載して良いのかが分からないよ。

ウサギ
ウサギ

せっかくの経験だから記入しておくべきだな。

今回は転職で役立つPCスキルや記入方法について紹介しよう。

転職活動を行うにあたってPCの扱いに慣れている事は職業選択の幅を広める強みとなります。

書類選考や面接でも有利に働くので積極的にアピールするべきなのですが『どの種類、レベルのスキルが求められているのか』『どのように記載したら良いのか』について分からない方も多いのではないでしょうか。

当記事では、転職活動で役立つPCスキルの種類やレベルとともに履歴書や職務経歴書への記載方法について解説しています。

こんな方におすすめのページです
  • 現在、転職活動を行っている
  • PCの扱いに慣れている
  • PC関連の資格を取得している
  • PCスキルを必要としない会社に転職したい

転職のまとめページはこちら

転職活動で求められるPCスキルとは

PCの画像

転職活動で求められるPCスキルは、大きく分けて2つの種類があります。

  • 基本的なPCスキル
  • 各社が定めた募集要項のスキル

基本的なPCスキル

転職サイトやハローワークで求人の募集要項をチェックしている中で『PCの基本操作ができる』『基本的なPCスキル』というフレーズを目にした方もいるのではないでしょうか。

企業によって詳細は異なりますが『基本的なPCスキル』とは、PCの操作からExcelやword、PowerPointの使い方を知っているレベルを指します。

メールの送信やコピー、ファイル解凍の方法に加えて、Excelであれば数値の入力方法と簡単な計算、wordでは文章の作成、PowerPointでは資料の作成とスライドの表示さえできれば条件を満たしていることになります。

各社が定めた募集要項のスキル

ITエンジニアやプログラマーなどのクリエイティブな専門職では、会社が定めたPCスキルが募集要項に記載されることがあります。

求人に詳細が記載されるケースもあれば、面接で詳しい話を聞くケースもあります。『ウェブ制作の経験』『プログラミングの習得』など、実践レベルの表示が多いのも特徴的です。

PCスキルをどの書類に書くべきか

カエル
カエル

ところで、PCスキルはどこでアピールすれば良いのかな?

僕は履歴書に書いたけど、職務経歴書に書くべきだったのかも。

ウサギ
ウサギ

スキルをアピールするのは履歴書と職務経歴書のどちらでも問題ないぞ。

簡潔に書きたい方は履歴書、詳しく書きたい方を職務経歴書に書くのがオススメだ。

転職でPCスキルをアピールするのであれば、履歴書か職務経歴書のどちらか一方に記載します。

履歴書の『資格・スキル』の欄に簡潔に記載しても良いですし、職務経歴書の『業務内容』や『経験・技術』の欄に詳細を交えて記載しても良いです。

一般に、経験やスキルについては職務経歴書の方が具体的に書くことができるため情報量が多い方は職務経歴書を利用すると良いでしょう。

履歴書と職務経歴書のどちらに書いても良いのですが、それぞれの書類に重複する情報を記入するのは好ましくありません。また、募集要項にPCスキルの記載がある場合には、必ずどちらかには自身のスキルについて記載しましょう。

PCスキルを履歴書や職務経歴書に書く方法

カエル
カエル

PCスキルについては職務経歴書に書くことにしたよ。

具体的にはどのように書いたら良いのかな?

ウサギ
ウサギ

そうだな、具体的な記入方法について解説しよう。

PCスキルについて履歴書や職務経歴書に記載する場合、どのように表記を用いれば良いのでしょうか?

ここからは転職でPCスキルをアピールする方に向けて具体的な書き方について紹介します。

PCスキルの記入例
  • word(文章作成、見積書の作成)
  • Excel(統計データのグラフを作成)
  • PowerPoint(プレゼン資料の作成)
  • WordPress(ブログソフトウェアを用いたホームページの管理・運営)
  • マネーフォワード(会計システムを用いた会計業務、経費精算)
  • zoom(オンライン会議ソフトを用いた採用活動)

PCスキルについて履歴書や職務経歴書に記載する場合、使用するソフトウェアの名前と経験や実績について記載しましょう。

wordやExcel、PowerPointのような誰もが知っているソフトウェアに詳しい説明は必要ありません。

一方、採用担当者が知らない可能性のあるソフトウェアを記載する場合には、何のソフトなのかが分かるように表記すると良いでしょう。

PCスキルを面接でアピールする際のポイント・注意点

カエル
カエル

基本的なPCスキルを身に付けていたから書類選考受かったよ。

後は面接で自分のスキルについてアピールできれば転職成功の可能性が見えてくるね。

ウサギ
ウサギ

そうだな。

だが、PCスキルを面接でアピールするにはいくつかのポイントと注意点があるぞ。

選考書類にPCスキルを記載した場合、面接試験でより具体的な話を求められることがあります。

自身のスキルや経験をしっかりとアピールできるよう以下のポイントと注意点を確認しておきましょう。

  • 企業が求めるレベルを把握する
  • 関連する経験や使用ソフトを挙げる

企業が求めるレベルを把握する

面接でPCスキルについて尋ねられた際に、募集要項の表記を鵜呑みにして「必要な力を有しています」と即答するのは良くありません。

実際には、求人に記載されている以上のレベルを求められる可能性もあるため、自分のスキルを説明しながら企業が求めているレベルを探りましょう。

「wordを用いて表付きの文書を作成できます」のように自身の経験や能力を説明することで、採用担当者側から質問や解説を受けることになります。

このやりとりを通して、自分のPCスキルをアピールしながら求められるレベルに達しているかチェックしていきましょう。

関連する経験や使用ソフトを挙げる

PCスキルについて面接で説明する際には、使用経験のあるソフトを関連付けてアピールすると良いでしょう。

例えば、PowerPointのスキルが求められている場合に「〇〇の業務で、Excel用いてPowerPointのグラフを作成していました」のように説明することで、Excelのスキルについてもアピールすることができます。

他にも、メールやオンライン会議ソフトなどこれまで使用してきたものについては、無理のない形で関連付けてアピールすると良いでしょう。

PCスキルを必要としない会社を探すこともできる

転職で成功した人の画像

このページでは、転職でPCスキルが必要になる方に向けて、求められるスキルやレベル、PCスキルをアピールする方法や注意点について解説しました。

Excelやワードなどのソフトウェアを簡単に使用することができれば『基本的なPCスキル』が身に付いていることになります。自身の経験やスキルについては、履歴書、もしくは職務経歴書で詳しい情報とともに記載しましょう。

もし、PCスキルが募集要項を満たしていなかったり、PCスキルがなくても入社できる会社を探しているのであれば、非公開求人を豊富に取り扱っているリクナビNEXTを利用しましょう。

業界最大手の企業が運営する転職サイトなので良い求人が見つかりやすいです。

完全無料で利用できるので気になった方はチェックしてみてください。

リクナビNEXTで内定をゲット

リクナビNEXT

リクナビNEXTの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました