転職転職のお悩み・疑問解決

ミスマッチを感じた会社はすぐに退職できる?転職失敗の原因と対処法

アイキャッチ画像『転職直後のミスマッチ、退職するか』転職
カエル
カエル

転職した会社の社風に馴染めず悩んでいるんだ。

入社直後にミスマッチを感じた場合、退職することは可能なのかな?

ウサギ
ウサギ

求人票では分からない会社の実態や仕事内容があるから、ミスマッチを完全に防ぐことはできない。

今回は転職先選びに失敗した方に有益な情報を紹介しよう。

転職活動を終えたからといって必ずしも満足のいく結果が得られる訳ではありません。

中には、入社直後に「自分に合わない」「入社前に聞いていた労働条件と違う」といった理由からミスマッチを感じる人もいます。

では、転職直後の会社でミスマッチを感じたときには、試用期間を用いてすぐに辞めるべきでしょうか?

このページでは、入社した会社でミスマッチを感じた方に向けて、早期離職の方法やミスマッチを防ぐ転職方法について解説しています。

こんな方におすすめのページです
  • 入社した会社に不満がある
  • 入社してから日が浅い
  • スピード退職を考えている

優良企業の求人を探すならリクナビNEXT

リクナビNEXT

退職者の半数以上が1年以内に会社を辞めている

en人事のミカタが公開しているアンケート調査では『退職者の56%が1年以内に辞めている』という結果になっています。

また、3ヶ月以内に辞めている社員も多く、退職者の20%以上にも上ることが分かります。

退職に至る理由としては、

  1. 風土、社風のミスマッチ
  2. 昇給のしづらさ
  3. 教育体制の不備

の3つが上位を占めており、入社前の企業研究の重要性がよく分かる結果となっています。

昇給や教育制度については転職会議を始めとするクチコミサイトで確認できますが、会社の風土・社風については採用時に調べることができないため入社後に後悔する人は少なくありません。

スピード退職のメリット・デメリット

カエル
カエル

転職した会社をすぐに辞めることには、どんなメリット・デメリットがあるのかな?

ウサギ
ウサギ

それなら、ここからは早期離職の特徴について解説しよう。

転職した会社をすぐに辞めることには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

  • 悩みやストレスを少なくできる
  • 転職活動に専念できる
  • 転職活動の経験・自信が得られる
  • 短い職歴により人事評価で不利になる
  • 退職日までに転職先を見つけるのが難しい

悩みやストレスを少なくできる

ミスマッチを感じた会社を早期離職することで、悩みやストレスを最小限に抑えることができます。

転職直後や試用期間であれば、会社での責任・役割が少ないため退職交渉で引き留められる可能性が少ないです。

「すぐに辞めるのは良くない」と無理に続けたが故に、心身を壊して転職活動ができなくなる方もいるので健康なうちに動き出すことが大切です。

早期離職すれば転職活動に専念できる

長期的に働くことのできない会社を無理に続けるのは時間の無駄になります。

そのため、ミスマッチを感じた会社についてはすぐに辞めて、転職活動に費やす時間を増やす方が良いこともあります。

例えば、30代前後の人材が自分に合わない会社で時間を失うのは非常に勿体ないです。未経験の転職は35歳頃から難しくなるので、限られた時間で自分に合った仕事を探すべきでしょう。

求人情報や転職エージェントを利用して、転職できる人材なのか自分の市場価値を調べると良いでしょう。

転職活動の経験・自信が得られる

短期離職をしたからといって必ずしも転職活動で不利になるわけではありません。

新卒であれば第二新卒として幅広い選択肢の中から求人を選ぶことができます。第二新卒の採用に力を入れている会社も多いため、有利に転職できることもあります。

一方、中途採用で入社した方でも、前回の転職活動で得られた応募書類の作成や面接のスキルは次の転職活動で活かすことができます。

短い職歴により人事評価で不利になる

短期離職のデメリットとして、短い職歴が転職活動で不利になる可能性が挙げられます。

明確な退職理由を伝えることができれば減点されることは少ないのですが、面接官によっては『忍耐力や継続力がない』『計画性に欠ける』と判断されることがあります。

企業側も長期的に会社の利益に貢献してくれる人材を欲しているため、退職理由や採用担当者次第では不採用になることがあります。

退職日までに転職先を見つけるのが難しい

入社から退職までの期間が短い場合には、退職日までに次の仕事を見つけるのが難しくなります。

一般に、転職活動では求人応募から内定までに1~2ヵ月、入社までに数週間を要するため空白期間ができる可能性があります。

空白期間が長引くと面接で聞かれることもあり選考に影響するので、リクルートエージェントを始めとする転職エージェントを利用して短期間で内定を貰いましょう。

空白期間(ブランク期間)が延びた方は『ブランク(空白)期間に何もしていない【転職活動の始め方・面接対策】』をご覧ください。

転職活動は企業のクチコミを調べてミスマッチを防ごう

転職会議公式サイトの画像

転職でミスマッチが起こりやすい『風土・社風』『人間関係』といった内部を知るためには、転職会議OpenWorkを始めとした口コミサイトの利用がおすすめです。

企業のクチコミサイトには、実際にその会社で働いている社員や元社員のリアルな声が投稿されています。従業員目線で内部事情が書かれているので、求人情報で知ることのできない部分まで把握できます。

会員登録やクチコミ投稿をすれば完全無料で利用できるので、使用をおすすめします。

\転職会議で企業のクチコミを見る/

転職会議

転職会議

求人探し・面接対策は転職エージェントに頼ろう!

リクルートエージェント公式サイトの画像

短期間での退職、転職活動に不安がある方はリクルートエージェントを始めとする大手の転職エージェントを利用してプロのキャリア支援を受けましょう。

転職エージェントでは、キャリアカウセリングを基にした求人案内、選考対策(書類添削・模擬面接)、日程調整や年収交渉を行ってくれます。

中でも、リクルートエージェントは求人数18万件以上の大手ということもあり、自分に合った求人が複数見つかるのでお勧めです。

完全無料で相談のみの利用も歓迎しているので、気になった方はチェックしてみてください。

\リクルートエージェント 公式サイト/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職のミスマッチは退職すべきか|まとめ

転職するビジネスパーソンの画像

このページでは、転職直後の会社でミスマッチを感じ、退職を考えている方に向けた情報を紹介しました。

短期離職は社員と会社の両方にデメリットが生じます。しかし、ストレスや今後の転職を考慮すると、無理をして長く働くよりも良い判断だと感じる方もいるでしょう。

次回以降の転職では、転職会議など口コミサイトの利用やリクルートエージェントなどエージェントサービスの登録でミスマッチを避けると良いでしょう。

\会社のクチコミを知ろう!/

会社のクチコミは転職会議で調べられます!

  • 現在の会社
  • 転職先の企業
  • 転勤先

などなど、社員のリアルな声で内情を知りましょう。

選考内容が書かれていることもあり転職対策に有利です!

↓転職会議公式サイト↓

転職会議

転職会議

転職エージェントを利用していますか?

転職エージェントを利用するメリット

転職がうまくいかずに悩んでいる方は、今すぐにでも転職エージェントに相談しましょう。

希望の条件で内定を貰うにはプロのサポートが欠かせません。

個人で転職を進めても条件次第では採用が難しくなります。多少の手間を投じてでも就活支援サービスを利用した方が結果的な時短となるのです。

大手から中小企業まで幅広く取り扱っているマイナビエージェントがおすすめです。

転職するか迷っていても利用できるので、一人で悩んでいる方は登録してみてください。

マイナビエージェントで転職先を見つける

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用した人のコメント

20代・女性・Fさん

職業:経理事務

中小企業の事務職から大手医薬品メーカーの経理事務へと転職しました。

エージェントサービスを利用したのは初めてでしたが、トラブルもなく安定した職に就けました。

30代・男性・Sさん

職業:システムエンジニア

webで対応してもらえるので時間を有意義に使えました。

履歴書の添削では、自分の思い込みを指摘されて新しい発見もありました。

転職で失敗している人は利用すると良いのかもしれません。

→マイナビエージェントを利用する

転職ステップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました