おすすめの転職サイトはこちら!

・リクナビが運営する安心のサイト
・非公開求人が多数あり転職に有利
・登録だけでスカウトが受けられる

リクナビNEXTをチェックする(完全無料)

転職の経歴詐称はすぐバレる!履歴書に嘘を書いてはいけない理由とは

アイキャッチ画像『転職の経歴詐称ばバレるのか』転職
カエル
カエル

転職活動がうまくいかなくて悩んでいるんだ。

こうなったら経歴詐称をしてエリートに見せるしかないね...。

ウサギ
ウサギ

経歴詐称はバレることもあるし、詐称の内容によってはバレた時のリスクが大きいぞ。

事の重大さを分かっていないようだから今回は転職における経歴詐称について解説しよう。

転職活動をしている方の中には「選考で少しでもよく思われたい」「見られたくない経歴がある」などの理由で経歴詐称を考える人がいます。

確かに、全ての人が自慢できるような経歴を持っているわけではありません。人によっては経歴を隠さないと採用してもらえないこともあるでしょう。

しかし、経歴詐称はバレやすく、バレた際には様々なリスクがあることを覚えておく必要があります。

このページでは、転職において経歴詐称することのリスクや経歴詐称はバレるのかを紹介します。安易な気持ちで嘘をついて取り返しのつかないことにならないよう当記事の内容をチェックしておきましょう。

このページで分かること

  • 経歴詐称のよくある例とバレる理由
  • 詐称がバレるとどうなるのか
  • 伝えたくない情報がある方の対処法

転職の始め方、進め方はこちら

転職でよくある経歴詐称とその理由

転職の経歴詐称はバレるのか、職務経歴書の画像

経歴詐称には、学歴や資格を実際より良く記載するケース、見られたくない会社を記載しないケース、年収交渉を有利に進めるために過去の年収を水増しするケースなど様々なものがあります。

中でも多いのが、過去に勤務していた会社の在籍期間を調整して短期間のみ勤務していた会社を省略したり、空いた期間を経歴欄にある別の会社に在籍していたことにしてしまうケースです。

この経歴詐称が多い理由のひとつが、世間的な評価にあります。

世間的には短期間でいくつかの会社を転々としているよりも、長きに渡ってひとつの会社に貢献している方が評価が良くなります。採用担当者もすぐに辞めるかもしれない人を採用するのはリスキーであるため、在席期間が長い人の方が好まれる傾向があります。

また、ハローワークや転職エージェントサービスを利用していると、転職活動を少しでも有利に進めるために担当者が「省略してしまいましょう」と提案してくることがあります。

プロから提案されると「問題ないこと」「他の応募者もやっている」と感じてしまうのも経歴詐称が多くなる理由になります。

経歴詐称がバレる主な理由とは

カエル
カエル

ところで、どうして経歴詐称はバレるのかな?

普通に働いているだけでは誰にも分からないと思うんだけど。

ウサギ
ウサギ

すぐにバレることは少ないが、能力不足や話のつじつまなど不自然な所から疑われ始めるな。

「採用担当者から良く思われたい」と考える人は多いですが、経歴詐称はバレることがあります。では、どうしてバレてしまうのか確認しておきましょう。

経歴詐称がバレる原因は様々ですが、最も多いのが以下のようなケースです。

  • 保険や源泉徴収票、年金手帳の履歴にズレがある場合
  • 本人の能力不足が露呈した際
  • 経歴について話した際につじつまが合わない時
  • 人伝えなど人的要因

特に保険や源泉徴収票、年金手帳の履歴が実際の記録とずれていた場合、そのことについて言及されれば嘘をついて逃れることはできません。審査体制の整った企業であれば経歴詐称が疑われた時点で前職の会社に問い合わせを行ったり興信所に依頼することがあり、ほぼ100%バレると思っておいてよいでしょう。

他にも、仕事をする上でスキル・経験不足が明らかになって「長年の経験があるはずなのにおかしい」と疑問を持たれたり、選考や入社後の話が入社時に話していた経歴と異なっている場合、その他人的な要因によって「詐称して入社したのでは」と疑われることがあります。

嘘がバレた時に更なる嘘で誤魔化してしまう方もいますが、素直に経歴詐称を認めるべきなのでしょうか。次は経歴詐称がバレた場合について解説します。

経歴詐称がバレるとどうなるのか

カエル
カエル

経歴詐称がバレるのには色々な理由があるんだね。

疑われているかもしれないと考えると、怖くて仕事が手につかないね。

ウサギ
ウサギ

嘘をつかないに越したことはないな。

経歴詐称がバレるとどうなるかも教えてやろう。

ここまでで、よくある経歴詐称の紹介と詐称がバレる理由を紹介しました。経歴詐称がバレることに不安を感じている人も多いですが、そのほとんどがバレたらどうなるのかについては詳しく把握していません。

次は、万が一会社に経歴詐称がバレてしまうと仕事においてどのような影響を及ぼすのか解説します。

経歴詐称がバレると以下のような不利益を被る可能性があります。

  • 内定取り消し、解雇の可能性がある
  • 社内での信用を失う、孤立する
  • 犯罪として立件される、損害賠償請求をされる可能性がある

内定取り消し、解雇の可能性がある

入社前、もしくは入社後に経歴詐称がバレると内定を取り消されたり解雇となるケースがあります。これは全く珍しいことではなく、実際に詐称の発覚によって職を失っている人が少なからず存在しているのです。

例えば、内定獲得後には内定承諾書にサインして企業側に送ります。この書類には『採用時の情報に虚偽があれば内定を取り消すこともあり得る』という旨の記載があります。

また、入社後には雇用契約に従うのですが、ここにも同様の記載があるはずです。

入社が決まっている方や既に転職先の企業で働いている方は、既に規約に同意していることになるため、内定を取り消されたり解雇になったとしても文句を言うことはできません。

社内での信用を失う、孤立する

仮に、働き続けることができても経歴詐称が判明すると社会での信用を失うことになるため、重要な仕事が任されなくなったり他の社員から距離を置かれることもあります。

嘘をついてまで入社した社員を『目的達成のために有効な手段を選択できる』と評価する会社はありません。『自分の利益のために他人を欺く人』と悪いレッテルを貼るのが周囲としては当然の反応です。

経歴詐称がバレたことにより会社に居づらくなったと感じて転職してしまう方もいます。せっかく入社した会社をすぐに辞めることになるのは非常に勿体ないことです。

犯罪として立件される、損害賠償請求をされる可能性がある

経歴詐称がバレると、職を失ったり信用をなくしたうえで働き続けることになると説明しました。大抵の場合は、上記のどちらかになるのですが、詐称によって会社に損害が発生した際には犯罪として立件されたり損害賠償を請求されるケースがあります。

例えば、新規プロジェクトのメンバーとして経験者を募集している場合、求人には『○年以上の経験がある』と記載されているにも関わらず、条件を満たしていない方が経歴を詐称して入社すると、入社後に経験不足がバレてプロジェクトに携われない可能性があります。

このようなケースでは、会社側には採用に費やした費用と時間、プロジェクトメンバーの人員不足という損失が残ります。

会社の損失が大きい場合には、犯罪行為として立件されたり補填の費用を求められることがあるので注意が必要です。

経歴詐称で入社すると後悔することも多い

カエル
カエル

転職で経歴を詐称することには色々なデメリットがあるんだね。

バレると大変なのは分かったけど、バレなくても悪いことはあるの?

ウサギ
ウサギ

詐称がバレていなくても後悔している人はいるようだ。

無事に入社できてもどういった不利益を被るか教えよう。

経歴詐称をしたことが周囲に知られなかったとしても入社後に後悔する可能性があります。嘘をついてしまった場合には取り返しがつかないので、リスクについて予め確認しておきましょう。

  • 入社後に周囲についていけない
  • バレないよう気を張る必要がある

入社後に周囲についていけない

経験やスキルを詐称して入社した場合、周囲のレベルについていけず後悔することがあります。

会社側は『能力のある人材』として採用しているため、業務について手厚く教えてもらえない事がほとんどです。いきなり仕事を任されて、何をすれば良いのか分からなくなる方もいます。

このように単に周囲に着いて行けないだけであれば、業務に慣れるよう努力したりキャッチアップに力を入れることで解決できます。しかし、レベルの差によって詐称していたことがバレる可能性もあり、非常にリスキーです。

経歴詐称で実力以上の会社に入るのは決しておすすめできません。

入社した会社のレベルが高く、ついていけない方はこちらの記事を参考になさってください。

バレないよう気を張る必要がある

嘘をついて入社すると「バレた時に職を失うかもしれない」「周囲からの信頼を損ないたくない」という心配やプレッシャー、罪悪感から疲れを感じることがあります。

実際に、経歴詐称の経験がある方の中には「入社後にバレないように気を張るのが大変だった」と話す人もいます。また、経歴詐称を知られないために周囲との付き合いを減らしたり、嘘を隠し続けることに疲れて短期離職を検討する人もいます。

気を張ることなく長期的に働きたい方は、経歴詐称をするべきではありません。

どうしてもバレたくない経歴がある場合

カエル
カエル

世の中にはどうしても履歴書に書きたくない経歴を持っている人もいるよね。

そういう人達はどうやって応募すれば良いのかな?

ウサギ
ウサギ

自己責任で経歴を変える、もしくは正直に話すしかないだろうな。

転職活動をしている方の中には、様々な理由でどうしても公開したくない経歴を持っていることがあります。会社に知られたくない情報がある場合には、意図的に省略するか正直に伝えて納得して貰うしかありません。

伝えるべき情報を意図的に隠しても罪に問われることはありません。推奨する訳ではありませんが、内容によっては「記載し忘れたのかな」と判断され、問題にならないこともあります。

ただし、架空の経歴を作り上げたり、伝えるべき重要な経歴を省略するのは故意であることが明らかなため、経歴詐称がバレてしまった際に信頼を失う可能性があります。

内容にもよるため一概に断言することはできませんが、入社後のことを考えるであれば、正直に記載するべきです。

公開したくない経歴について伝えた場合には「誠実な人だ」と評価れることもあれば「採用したくない経歴を持っている」と判断されることもあります。

隠したい経歴について公開しても良く思われることは少ないのですが、嘘をついて後に発覚するよりはトラブルが少なく、秘密を持って働くよりも居心地が良いのは明確です。

もし、伝えるべきか迷っている方がいれば採用に不利になったとしても正直に話すと良いでしょう。

不利なポイントも言い方次第で良い印象を与えられる

カエル
カエル

でも、隠したい経歴について正直に話すのは不利になるんじゃない?

皆はそれが嫌だから詐称しているんだよね。

ウサギ
ウサギ

それなら、入社してから会社に如何に貢献できるかをアピールすれば良い。

詐称したい経験についても帳消しできるような強みがあれば積極的に売り出していこう。

詐称したい経歴について正直に話すと選考に不利になることがあります。

もし、隠したい経歴があれば他の言い回しでアピールポイントにならないか考えてみましょう。

例えば、転職回数の多さや在籍期間の短さを指摘されそうな方は『様々な仕事を経験したかった』と伝えることで挑戦意欲を評価対象にすることができます。他にも、空白期間やフリーターの期間がある方は『挑戦したい仕事を探していて貴社を見つけた』と応募する仕事への意欲をアピールすることができます。

経歴詐称はすぐにバレてしまいますが、印象良く言い換えたアピールは選考の役に立ちます。入社後に不安やプレッシャーを感じる必要もないので働きやすくなるメリットがあります。

転職がうまくっていない方は転職エージェントに頼って内定を貰っている

転職に成功した人の画像

このページでは、転職時の経歴詐称がバレるのか気になっている方に向けて、経歴詐称の具体例やリスク、バレる理由について紹介しました。

経歴詐称がバレるのには様々な理由がありますが、いずれの場合でも周囲に知られたしまった際のリスクは大きいです。入社後に真面目に働いていたとしても、何らかのきっかけで「君、経歴を偽っていないよね?」と聞かれたらおしまいです。

もし、転職がうまくいっていないために経歴詐称を考えているのであれば転職エージェントサービスを利用してプロのサポートを受けましょう。

エージェントサービスが一般的になってきた現在ですが、今でも多くの人がハローワークを利用しています。エージェントから求人を紹介してもらった方が競争相手が少ないということを知らない人が多いのです。

経験不足や家庭の事情など転職に不利になる条件を持っていても転職できる強みがあります。

おすすめのエージェントサービスは『type転職エージェント』

type転職エージェントの画像

「転職エージェントサービスを利用してみたいけど、どこに依頼すれば良いのか分からない」「初めての利用で不安がある」という方は、type転職エージェントを利用しましょう。

type転職エージェントなら初めての利用者にも優しく、安心して利用できます。

カウンセリングから選考対策、入社後のサポートまで受けることができるのはもちろんのこと、高い内定獲得率を誇るためひとりでの転職に比べて成功率が高くなります。

登録から入社まで全ての利用が無料なので気になった方は登録してみてください。

type転職エージェント

type転職エージェント

コメント

タイトルとURLをコピーしました