情報商材の効果的な売り方|成功を手にする最強ノウハウ

アイキャッチ画像副業情報

最近、情報商材って言葉を聞くことがあるんだ。

情報商材を売るってどういうことなの?

情報商材を売るというのは、個人が持っている知識やスキルをPDFなどのデータにまとめて販売することを言うんだ。

お客の関心を引きつける情報商材を作ることができれば、それを売ることも可能だ。

スポンサーリンク

そもそも情報商材とは

そもそも情報商材とは何かご存知でしょうか?

簡単に説明すると、情報商材とは情報を販売目的で商品としたもののことです。情報のほとんどは目に見えないものですが、これを第三者向けにまとめることで売れるようになるのです。
情報商材の販売では、メールやPDFを利用して情報を伝えるという売り方が多く採用されています。他にも情報をまとめたサイトのURLや動画を送るという売り方もあります。

情報商材の売り方に関しては物を売るのと同じ方法で行えます。物の代わりに情報を売るという捉え方で問題ありません。

この記事で分かること

  • 情報商材とは何か
  • 情報商材の売り方
  • 売れる情報商材とはどんなものか
  • 情報商材で稼ぐ方法
  • 情報商材を売る最強のノウハウ

情報商材と物品の違い

情報商材って言っても何かしら送る必要があるんだね。

情報商材を売るのと物を売るのとでは何が違うの?

物を売る方法より、情報商材を売ることで得られるメリットの方がかなり多いんだ。

売り方においては共通する部分もあるが、発送や準備に於いては違いが明確だ。

まずは『情報商材を売る方法』と『物を売る方法』の違いを見ていきましょう。

異なる点
『情報商材を売る方法』には、商材が売れても発送費用がかからない、商材の複製が簡単にできる、長期的かつ安定的な売り方ができるというメリットがあります。
一方、『物を売る方法』では、商品の仕入れや製作を怠ってしまえば次の販売には繋がりません。また、商品をデータで送ることができないため、発送が求められます。情報商材を売る方法に比べ、在庫補充と発送に時間と費用を費やすことになります。

『情報商材を売る方法』と『物を売る方法』にはこれだけの違いがあります。しかし、同じ商品販売として共通することもあるのです。

共通する点
例えば、『情報商材を売る方法』でも『物を売る方法』でも欠かせないのが商品の品質向上です。質の低い商品を送っていては、売り方を工夫しても利益は出ません。両者ともユーザーの評価が次の販売に繋がるのです。
また、集客の必要性に関しても共通する点が多いです。多くのユーザーが商品を楽天市場やAmazonを利用して購入するように情報商材の購入者も実績を出している出品者から購入する傾向があります。『情報商材を売る方法』も『物を売る方法』も売れるまでの努力が求められるのです。

情報商材と物の販売に関して違いと共通点を学んで頂きました。

売り方に絞って話せば上記のようになりますが、需要に関しても違いが出ます。情報商材は購入者の数が比較的限られているため、市場に存在する一定数の購入者を取り合う形になるのです。

情報商材の売り方

情報商材を売れば在庫なしでお金を稼ぐことができるんだね。

速く売り方を教えてよ。

情報商材を売れば在庫を持たなくて済むが、複製元を作る必要がある。

売り方の前に情報商材の作り方を学ぶんだ。

情報商材を売ることには、在庫や発送の面で様々なメリットがあります。しかし、その恩恵を受けるためには商材を作る必要があります。

ここからは商材の作り方をお教えします。

情報商材の作り方は以下の通りです
1.商材のテーマを決める
2.購入者にとって有益な情報を考える
3.情報を分かりやすくまとめる

1.商材のテーマを決める

まず、売りにできるスキルや情報(勉強の仕方や稼ぎ方など)を持っている場合はそれを使って商材を作りましょう。

売りにできる強みがなくても情報を集めることで商材を作ることができます。(例、2020年おすすめの冷蔵庫、プログラミングスクール5選、化学的に効率の良い勉強法、人の心を操作する話し方)

テーマは可能な限り購入者の関心を集めそうなもの、流行物ではなく長期的に利用されそうなものを選びましょう。
テーマ選びの裏ワザとして、ヤフー知恵袋で質問数の多い内容を取り上げる方法があります。

2.購入者にとって有益な情報を考える

テーマが決まったら、その商材を売るための有益な情報を考えましょう。購入者が「この商材でこれを学べた」と実感できるものを考えるのです。

商材のテーマに関する知識やスキルを持ち合わせている場合は、「○○のプロだから分かる…」「経験者が教える○○」といった文章で知識を紹介すれば良いです。
知識やスキルのない人の場合、テーマがについてとことん調べたり実際にや意見することで購入者に有益な情報を作ることができます。
SNSで感想や口コミを募る裏ワザもあります。

3.情報を分かりやすくまとめる

ここまで進んだらあとは文章にまとめるだけです。まとめる内容に分からないことがあれば積極的に調べて詳細まで書くようにしましょう

情報をまとめる際の形式としてPDF、メール、サイトの、動画などがありますが、これは何でも大丈夫です。

まとめ方以上にこだわって頂きたいのが、目を惹くキャチコピーを入れているか、分かりやすく図や写真を入れているかです。同じ内容の情報商材であっても、まとめ方次第で購入者の満足度が変わります。

情報商材を作る手重は以上です。情報商材は一見難しいように思われがちですが、表現次第で売れるようになるのです。

次は、情報商材の売り方を学んでください。



情報商材は売れるのか

得意なゲームの攻略法で情報商材を作ったんだ。

売り方さえ教えてもらえれば発送もできるんだけど、情報商材って売れるの?

情報商材はもともとの購入者が少ないうえに内容が不明確なものが多いから売りにくいんだ。

だから、ここでは売り方のポイントを教えてやる。

情報商材は売り方次第で売れる、売れないが変わってきます。

そもそも情報商材を購入する人は、その商材で特定の分野の知識を得たいと考えています。情報商材を売るためには、このニーズを理解し、ターゲットを明確にする必要があるのです。

例えば、
1.『誰でも絶対稼げる方法』
2.『稼げる保証付き、転売初心者が稼げるようになる方法』
というキャッチフレーズのみ異なる、同じ内容のサービスがあった場合どちらのサービスに購入者が付くと思いますか?

答えは2番です。
1番のキャッチフレーズは一見魅力的ですが購入者からすると、とにかく怪しいのです。それに比べて2番は、同様のサービスにも関わらず『転売の情報商材であること』『確実に利益がでること』『初心者をターゲットとしていること』が明確で、購入者がサービス内容をイメージしやすいのです。

これにより2番のサービスは、安心して転売をしたい初心者のニーズに応えていることになります。

情報商材の内容はもちろんですが、こういった細かな所から売れるかどうかは決まってくるのです。

逆に言えば、こういったニーズを理解してターゲットを明確にすれば情報商材は売れるのです。

売れる情報商材とは

僕の場合、ターゲットはゲームのプレイヤーだね。

今すぐゲームがうまくなりたい人のニーズに応えるよ。

ターゲットを絞り、ニーズに応えた情報商材ができたら売り方を考えていくぞ。

売れる情報商材について知っておこう。

情報商材の売り方には注意すべきポイントがあります。

1.購入者の目を惹くサービスか
2.他にはないサービスか

1.購入者の目を惹くサービスか

情報商材の売り方で大切になってくるのが、いかに購入者の目を惹く魅力的なサービスかです。

情報商材はその性質上、詳しいサービスの内容が購入するまで分からないため、購入したいサービスかどうかが販売の肝になるのです。

情報商材のおすすめの売り方は、目立つ画像と魅力的なキャッチフレーズ、可能であれば高評価のレビューを掲載することです。ターゲットの注目をいかに集め購入に繋げるか、ここが工夫のしどころです。

例えば以下の2つの広告を比較してみましょう。どちらのサービスが多く利用されるかお考え下さい。

購入者の購買意欲を刺激するのは右の広告です。情報商材の強みやターゲットを入れると購入されやすいです。工夫の余地がたくさんあるので定期的に更新して売り上げを比較してください。

2.他にはない情報か

情報商材の売り方で重要になるポイントに独自性があります。情報商材の独自性とは、提供する情報が他にはない唯一無二であることを指します。

実際のところ、情報商材で扱われている情報の多くはインターネット上にも載っていたり、他の情報販売者も取り扱っていたりします。実際に独自の情報を謳う副業情報の多くは既に出回っている方法をまとめただけでした。
しかし、ここに新たな情報を少し加えたり、まとめ方を変えるだけで独自の情報になるのです。

この独自性を全面的に出した売り方が成功に繋がるのです。

情報商材で稼ぐためには

情報商材の売り方を知ることができたよ。

これで僕もお金が稼げるね。

たくさん稼ぎたいんだけど、コツとかないの?

何ごとも成功の秘訣は継続だ。

情報商材の売り方も大切だが、販売の鍵は努力を続けることなのだ。

情報商材で安定的に稼ぐためには、継続して集客を続ける必要があります。

集客に関してはこちらの記事をご覧ください。

情報商材を売る最強ノウハウとは

情報商材の販売でたくさん稼ぎたいんだけど、おすすめの売り方ってないの?

あるぞ、特別に教えてやる。

実践できる分野は限られるが、この売り方を実践すれば確実に売り上げはアップする。

ここで、情報商材の販売を圧倒的に加速させる最強ノウハウをご紹介します。情報商材の売り方を一工夫するだけです。

それが、費用還元です

情報商材の費用はピンキリで、数百円の商材もあれば数万円の高額商材もあります。提供価格を下げずに購入者を増やすために『商材の購入金額を還元できる売り方』にするのです。

方法はいたって簡単で、

・副業系であれば購入した商材の転売を許可する。
(情報商材の売り方を説明するサービスを提供した場合、提供した情報商材も購入者の在庫として販売できるよう許可するのです。広告や招待コードなどを記載しておけば、不労所得に繋がります。)

・商品比較の情報商材を売る場合は、商品の割引クーポンを付ける売り方で実質無料も謳えます

この方法はかなり効果的で、「情報商材は気になるけれど、買いにくい」と考えてしまう人を安心させ購入者に変えることができるのです。



情報商材で稼げなかった人にアドバイス

僕の情報も早速売れたよ。

情報商材の売り方を学ぶと収益は変わるものだね。

でも、稼げていない人も見かけるけど、こういう人はどうすればいいの?

情報商材は売り方次第だな。

情報商材で継続して稼げない人には共通の特徴があるんだ。

これは情報商材以外を売る際にも大切になってくるから覚えておくと良い。

情報商材で売り方を工夫しても収入が上がらない人には、ある共通点があります。以下の記事で稼ぐ知識を蓄えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました