得意を売る際に重要な3つのポイントとは|おすすめの出品方法も紹介

副業情報

スキルや知識、データなど無形商品の販売を目的としたサービスの充実とともに自分の得意を売れるサイトやアプリが数多く登場しました。代表的とも言えるココナラはテレビCMをきっかけに高い知名度を誇るサイトになりました。

無形商品の販売は、物品販売とは異なるため売り上げを維持、もしくは向上させるために覚えておきたいポイントがいくつか存在します。このページでは、得意を売る際に覚えておきたい要点を3つご紹介します。

スポンサーリンク

得意を売るとは?

お金のイラスト

そもそも得意を売るとはどういった意味なのかご紹介します。得意を売るとは、仕事や勉強などで培った知識を他人に享受したり知識を用いることで他人の代わりに仕事をこなす行為を指します。また、スキルを生かして制作した商品を販売する行為を含めることもあります。

例えば、プログラミングスクールで培ったプログラミングの知識を使うことでプログラミングに関する仕事を受けられるのはもちろんですが、プログラミングの知識自体を他人に教えることで収入を得る方法もあります。

得意を売る方法に関しては、専門性の高いものから趣味や習慣などで培った知識などあらゆるものを売ることができます。

「自分はこれが得意だ」と思えることがあれば他人に提供することで収入を得られるかもしれません。

得意を売る方法

仕組みのイラスト

得意を売る際にはいくつかの方法が用意されています。自分の販売方法に合った手段を選択して対応する最も使いやすいサービスを選ぶことが大切です。

以下のそれぞれの販売方法についてお勧めのサービスをご紹介します。

  • 商品の販売
  • 無形商品の販売

商品の販売

クリエイターや職人、ハンドメイド作家など制作に関する得意を『物』として販売する場合には、ネットショップの作成やホームページの開設をお勧めします。制作物を簡単に売り買いできるフリマアプリやショッピングサイドを使う方法もあるのですが、自分をブランド化したり大々的な宣伝を行いにくいといったデメリットがあるため将来的な成長が望めません。

一方、ネットショップやホームページを開設して集客を行う方法では、手間がかかったり集客が思うようにいかなかったりと時間こそかかりますが、フリマアプリやショッピングサイトでは期待できないリターンが得られるます。

現在では完全手数料制で売れるまでの費用負担が一切必要なく、手数料も数%程度のネットショップ作成サービスが多く登場しています。中でも2019年の大型リニューアルにより使い勝手を格段にアップさせたSTORESがお勧めです。ブログやサイトにショッピングカートを設置する機能も無料で使えます。

一方、自分のブログやホームページを作成して宣伝と販売を同時に行いたい方には、ホームページが低価格で簡単に作れるペライチがおすすめです。

無形商品の販売

エンジニアやプログラマー、ライターなどデータ上での仕事に関する得意を『目に見えない商品』として販売する場合には、スキルの売り買いができるサービス(無形商品の取引を前提としているサービス)やクラウドソーシングサイトへの登録をお勧めします。前者のスキルを売れるサービスでは、得意を売りたい人が出品者となり購入者が現れるのを待つ形になります。

こちらは、販売者が自分の好きな内容でサービスを提供できるため確実に自分のしたい仕事を実現できます。

一方、クラウドソーシングサイトでは企業や個人が出している募集に対して得意を売りたい人たちが応募する形になっています。こちらでは、募集されている仕事をこなすスタイルになるため自分の好きなように働けないことがあるうえに知識を伝授することもできません。

両サービスともに手数料にほとんど違いが見られません。大きな違いは、購入者によって出品が購入された際に働く募集形式か、自分の働きたい日時に応募できる応募形式かです。

いつでも仕事を受けられる人にはココナラタイムチケットといった大手がおすすめです。また、休日のみや夜間のみなど自分のライフスタイルに合わせて仕事を受けたい方にはクラウドワークスクラウディアがおすすめです。

得意を売る際のポイント

詳細のイラスト

得意を売る際には、売り上げの低下や低評価のレビューを防ぐためにも以下のポイントを押さえておく必要があります。(ここでは物品の販売に関してではなく、無形商品の取り扱いについての注意点を紹介しています)

  • 対応可能な時間帯を明記する
  • 内容の充実を図る
  • リピーターの獲得を目指す

対応可能な時間帯を明記する

ココナラタイムチケットなど出品制のサービスを利用して依頼者を募るのであれば、商品紹介ページやプロフィールページなどに対応可能な時間帯を記載しておく必要があります。常時対応可能な方であればこれは必要のないことですが、主婦やビジネスパーソンなど比較的忙しい人たちにとっては覚えておくべきポイントです。

出品形式のサービスでは、出品者からのコメントがない限り提供が進まないケースがほとんどです。品販売でも同様のことが言えますが、無形商品に関しては「今すぐ提供してほしい」と思っている購入者も存在します。そのため、購入者に対するメッセージの送信が遅かったことでマイナスの評価をつけられることがあります。

実際にココナラで得意を売っている方の口コミレビューを見てみると、『返信が遅い』といったコメントとともに評価を下げるレビューが非常に多いことがわかります。情報と言う抽象的な商品を販売するユーザーにとって利用者からのレビューは次の購入者を獲得できるかを左右し兼ねない命綱となるのです。

このマイナス評価を避けるためにも常時対応可能でない方は、対応可能な時間帯や『返信が遅れることもある』などの記載をしておくよう心がけてください。

内容の充実を図る

得意を売る行為では提供サービスの内容が重視されます。提供した情報や仕事が正確かつ的確であることはもちろんですが、購入者の意図に沿うようプラスアルファとなる要素を取り入れるのがおすすめです。

例えば、指定された文字数のライティングを行う際にキーワードの強化やSEO対策などプラスに働く仕事を追加することで高評価を得られる可能性が高くなります。また、情報商材の販売では関連知識やサブコンテンツをセットにしたりプレゼントとなる追加情報を送信することで購入者にお得感を与えることができます。

こういったプラスアルファの要素は必ずしも必要なことではありません。しかし、得意の売り買いで見られるレビューの中には『普通だった』『内容通りの仕事』といったコメントがあります。

記載されている内容以上の仕事を期待している一部のユーザからマイナスの評価をもらわないための工夫となります。

リピーターの獲得を目指す

得意を売る際に最も難しいのが集客です。内容が抽象的かつ不可視的であるため多くのユーザーが購入すべきか迷ってしまいます。加えて、1人の購入者もいないデビューなしのサービスを売るのはかなり大変です。

こういった問題を解決するためにもリピーター作りに力を入れることが大切です。商品を購入してくれたユーザーに対して手厚いサービスを提供するだけでなく、補償などのサポートによる信頼獲得でリピーターを作ることができます。

このリピーターとなったユーザーは新しく出品したレビュー0件の出品にも期待を込めて購入してくれるためサービスの拡大が容易になります。また、リピーターが入ることによって安定した収入を得られると言うメリットもあるので固定客を作らないではありません。

リピーターを作るのは非常に大変なことですが、提供サービスの内容が微妙だったり信頼を失う態度を見せるとすぐに離れてしまうためリピーターの維持にも力を入れてください。

得意を売り始める

販売のイラスト

このページでは得意を売るための手段や販売の際に覚えておきたいポイントを紹介してきました。無形商品の得意を売る方法には、在庫管理のコストが少ない、梱包や発送業務が必要ないなど様々なメリットがあります。

効率的に収入を得られる方法として非常に有効な手段であることに間違いありません。年齢や性別、持ち合わせている知識やスキルに関わらず、アイデア次第で売れる商品を作ることもできます。

自分にとって得意だと思えることがある方は、その得意を必要としている方々に向けて販売してみてください。

得意を売るなら無形商品の販売ができるSTORESがおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました