低所得者こそ副業をするべきです|低所得者の再生産から抜け出す方法

アイキャッチ画像副業情報

会社から支払われる給与が少ないんだ。

カエルは保険料や税金が高いから控除分を差し引くと、月収3万しか残らないんだ。

もしかすると僕って低所得者かな?

カエルの労働条件は最悪だな。

年間の手取りが36万のお前は間違いなく低所得者だ。

でも、残念なことに日本人の30%以上は低所得者なんだ。

スポンサーリンク

低所得者とは

疑問のイラスト

まず、低所得者とはどういった人たちのことを指すのでしょうか。

低所得者とは、一般に年収が300万円に満たない人達のことを指します。 この300万円とは、給与明細に『基本給』として表記される控除前の額になります。働いた人が実際に受け取る金額は、ここから健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税、住民税を差し引いた額になります。(年末調整還付金も含む)

こういった控除を考えると、年間の手取りは200万円から250万円と言われています。月ごとの手取りが20万円に達していない方は低所得者に当てはまる可能性があります。

低所得者には、介護職従事者や保育士職員、パート職員、アルバイトで生計を立てているフリーターなどが多く当てはまります。

この記事では、低所得者向けに副業の重要性をお伝えします。低所得者の自覚をお持ちの方が知っておくべき内容をまとめましたので最後まで読んで頂けると幸いです。

この記事で分かること

  • 社会がいかに低所得者に厳しいか
  • 低所得を脱するために必要な事
  • 低所得者を卒業できるのか
  • 低所得者が副業を始めるべき理由
この記事を書いている筆者も、低所得の家庭で育ちました。社会の仕組みや企業優遇の政策に不満を抱く毎日から脱するため、副業で成功を目指しました。

社会は低所得者に厳しい

低所得者でも使うお金を減らせば不自由なく生活ができるよ。

僕は生活の大半を田んぼで過ごすから月3万円でも生きていけるんだ。

その日暮らしのカエルはそれでいいかもしれないが、人間は違う。

日常生活でもお金は必要になるし、ライフイベントに備えた貯金をする必要もある。

この社会はお金や権力を持つ者が作っているから低所得者には厳しいんだ。

社会が低所得者に厳しいとは、日本で打ち出される多くの政策が低所得者の生活を圧迫しているということです。

例えば、消費税を考えてみましょう。

現在の消費財は8%もしくは10%と一律に定められていますが、これは理想的な平等の形を取っているでしょうか?

応えはNOです。

現在の消費材は絶対的平等の形を取っています。分かりやすく言うと『全員が購入金額の○○%を消費税として払いなさい』というものです。これではお金持ちと低所得者が同じ額の買い物をした時に払う税金が同じ額で、低所得者には負担が大きくなるのです。

理想的な消費税の形式として、相対的平等(収入に比例した消費税)が挙げられます。消費税を例に挙げましたが、これ以外にも低所得者の生活を苦しくする政策がたくさんあります。

日本の政策は企業や高齢者優先の性質が強いのですが、それらの政策の負担を減らすためには国民の犠牲が必要です。その影響を大きく受けるのが低所得者というわけです。

低所得者の再生産を脱出できるか

低所得者って大変なんだね。

日本の政策には低所得者を支えるのものあるけど、保障されるのは最低の生活だけだもんね。

中途半端に稼ぐとそれも受けられなくなるし…。

だから低所得者は自分の力で稼ぐ必要がある。

低所得者の再生産を辿らないためにも社会に頼っていてはいけないのだ。

低所得者はこのブログを参考に副業を始めよう。初心者でも始められるようしっかり教えてやる。

低所得者が余裕のない生活から抜け出し、生活水準を上げるためには収入を増やす必要があります。しかし、資格や職を持っていないと転職をしたところで収入は上がりません。

そんな厳しい現代でも安定した収入を見込めるのが副業です。 時間的にもかなり融通の利く副業では、好きな時間に好きな量の仕事をするだけで収入をアップさせることができます。

仮に、手取り18万円の低所得者が副業を始めて1日平均で2,000円を稼げば、月給に6万円の収益がプラスされ24万円の収入になります。

年間の手取りが288万円になるので、低所得者を卒業できます。

副業で2,000円を稼ぎ続けるのは非常に簡単です。言い換えれば、本業以外の収入を作れば低所得者を脱することができるのです。

以下でその方法をご紹介します。

低所得者こそ副業をしよう

僕は自然に帰れる低所得者だけど、お金があるに越したことはないから副業を始めるよ。

エコ製品のキャッチフレーズみたいだな。

そうだな、偉い人達によって苦しい生活を強いられるのはごめんだな。

先の人生を考えて副業に挑戦するのは良い心がけだ。

低所得者を脱するため副業に挑戦したいと考えている方向けに、おすすめの副業方法とその販売方法をご紹介します。

副業初心者におすすめの方法が商品の販売です。商品販売はブログや動画の広告収益、アフィリエイト収益と異なり結果を出しやすいという特徴があります。これにより思い立ったタイミングで稼ぐことができ、挫折しづらいのです。
また、販売系の副業には時間に縛られないというメリットもあります。日中は仕事で忙しいという人であっても無理なく続けられるのです。

販売には、物品の販売と情報の販売がありますが、専門的な知識やスキルのない方には物の販売をおすすめします。以下の記事を参考になさってください。

副業で成功するコツについてはこちらの記事を参考になさってください。失敗しないためにも読んでおくことをお勧めします。



子供を低所得者にしない

さっきから低所得者の再生産って言葉が出てきたけど、再生産ってなに?

再生産は、分かりやすく言うと『繰り返し』だ。

蛙の子は蛙ってことだ。

『低所得者の再生産』とは何かご存知ですか?

低所得者の家庭で育った子供は、裕福な家庭で育った子供に比べて、恵まれた環境を提供されず学歴や就職に差が付きます。それにより低所得者の家庭で育った子供は低所得者になりやすく、その子供も低所得者になりやすいのです。
これが低所得者の再生産です。

この再生産から抜け出し、自分の子供には苦労の少ない人生を歩ませてあげたいですよね。このブログで紹介してる副業とその方法には低所得者の再生産から脱する知識が詰め込まれています。

筆者は低所得者の再生産から抜け出すために副業を始め、今では大学の授業料を払いながら貯金もしています。一緒に頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました