お小遣いアプリ『ポイントリーダー』は安全?徹底評価してみた

各種サービス
スポンサーリンク

お小遣いアプリ『ポイントリーダー』とは

ポイントリーダーの画像
アプリ名ポイントリーダー
運営会社株式会社アプデイト
サービス開始2013年11月21日

『ポイントリーダー』とは株式会社アプデイトがサービスを運営するお小遣いアプリです。2013年にバージョン1.0が配信され、お小遣いアプリ業界では比較的長く運営されているサービスです。

記事を読むだけでポイントが貯まるという強みを売りに既に10万人以上のユーザーからインストールされました。

アプリインストールだけでポイ活が始められる手軽さと招待システムによるポイント獲得手段も利用者に嬉しいメリットです。

ポイントリーダーのアプリ内容

ポイントリーダーの画像

ポイントリーダーのアプリ画面は『ニュース一覧』『ブックマーク』『カテゴリ』『検索』『マイページ』に分かれています。

カテゴリを選択することでニュース一覧に表示される情報のジャンルを絞ることができます。また、検索から特定のキーワードに関する記事だけを表示させることができます。

例えば『ゲーム』をキーワードとして検索をかけると以下のように表示されます。検索には企業の公式サイトやまとめサイトが多く表示されます。

ポイントリーダーの画像

検索で表示される記事数はキーワードによって大きく左右されますが、コアなワードでない限りはある程度の候補が表示されます。

ポイントリーダーで気になる記事を見つけることができれば楽しみながらポイ活を行うことができます。

ポイントリーダーで稼げるの?

お金のイラスト

お小遣いアプリ『ポイントリーダー』で稼ぐためには案件を活用して交換可能最低額(30,000pt=3,000円分)以上に貯める必要があります。

しかし、ポイントリーダーで記事を読んだ際に貰えるポイントは一律で1ptに設定されています。交換可能最低額の30,000ptを貯めるためには単純計算で30,000記事を読む必要があります。1日あたり10記事読んだとしても8年以上かかる計算になります。

ポイントリーダーではどうやって貯めるの?

ポイントリーダーで交換可能額を稼ぐためにはスマホアプリのインストール案件を活用する必要があります。

インストール案件にはアプリを入れるだけのプログラムが多いですが、インストール後にノルマをこなすプログラムも用意されています。条件付きの案件はアプリを入れるだけでは報酬を受け取れないため不便に感じるかもしれません。
しかし、条件を達成した際の報酬はかなり良いです。ポイントリーダーには1件あたりで10,000ptを稼げる案件もあるため積極的にこなしていくと良いでしょう。

ポイントリーダーのデメリット

疑問のイラスト

一般にお小遣いアプリはお小遣いサイトに比べてサービスの質や信頼性、サービスの存続期間といった面で劣る部分が多いです。

ポイントリーダーも例に漏れずモッピーのようなポイントサイトに比べると格段に劣ります。

記事を読んで換金するのは非効率

ポイントリーダーはスマホで記事を読むだけでポイントが取得できる手軽さを売りにしていますが、アプリを開いて真っ先に目に入るのはアプリダウンロードの案件です。

『ニュース一覧』であるはずが、上位50項目はアプリの案件が占めています。

案件をトップに表示しているのは、ポイントリーダーの運営側が記事を読んで換金することを前提としていないからです。

ニュースを見るだけで換金ができるようサービスを運営しているのであれば、1記事につき1円分のポイントを付与して1,000円程度から交換できるように設定しておく必要があります。

一般的なポイントサイトで導入されている報酬システムの10分の1を付与し、交換を3000円からと設定しているのはアプリ案件をこなすよう促しているからです。

お小遣いアプリを始めて利用したユーザーであれば「アプリを入れて稼ごう!」と考えると思いますが、ある程度の知識がある人はポイントリーダーを避けるでしょう。

検索機能が使いづらい

ポイントリーダーを生活に取り入れるために「検索機能を使ってGoogle検索の代わりにしよう」と思っても使いづらさが目立つ結果となります。

上でもお伝えしましたが、ポイントリーダーの検索で表示される記事は一部のブログとまとめサイトのページばかりです。

そのため、情報量が圧倒的に不足しており2つ以上のキーワードを入れると一件もヒットしないことが頻繁に起こります。

例えば、『ブログ 人気』で検索すると一件も表示されません。

ポイントリーダーの画像

同様に『ブログ おすすめ』『ブログ 書き方』でもヒットしませんでした。 2つのワードを入れるとほとんど機能しないようです。

日常生活の疑問を解決したい場合、多くのユーザーは2語以上のワードで検索をかけるのですが、ポイントリーダーではGoogle検索のような使い方はできないようです。

案件数が少ない

ポイントリーダーではアプリの案件が用意されているのですが、一般的なポイントサイトに設けられているゲームコンテンツやアンケート、口座開設のようなプログラムは一切掲載されていません。

もちろん、用意されている案件を徹底的にこなせば交換可能額を上回り5,000円程度にはなるのですがアプリ案件は更新が少ないため、それ以上稼ぐのは不可能になります。

ポイントリーダーには、かなり低い収入額で限界があることを覚えておく必要があります。

信頼性が低い

ポイントリーダーはリリースから5年以上運営を続けてきたお小遣いアプリであることからセキュリティ面の信頼度は高いです。

しかし、提供しているサービスについてサポート体制が完備されていないため問題が起こった際の対応は期待できません。

「問題なんて起こらないだろう」と考えている方もいるかと思いますが、ポイントサイトやお小遣いアプリでは案件をこなしても結果が反映されないトラブルが起こる可能性があるのです。

サポート体制がしっかりしている大手のポイントサイトであれば、報酬が反映されていないときに運営側に問い合わせることで調査をしてもらえますがポイントリーダーではトラブルに対する情報が一切記載されていません。

ポイントが反映されなかった場合は諦めてくださいということです。高額案件のノルマをこなしても反映されなかったら悲しいですね。

ポイントサイトには劣る

低評価のイラスト

ポイントリーダーは決して悪質なアプリではありません。しかし、お金を稼ぐという目的を待っているのであればモッピーのような安心して稼げるポイントサイトに登録した方が良いです。

ポイントサイトは、お小遣いアプリのサイトバージョンですが企業提携の規模が全く違います。

ポイントリーダーで稼げる額が5,000円程度で限界だったとしても案件数と単価がトップクラスのモッピーであれば月に20,000円を稼ぐことも十分に可能です。

ポイントサイトを活用した稼ぎ方は以下の記事を参考になさってください。

このページではスマホ向けお小遣いアプリ『ポイントリーダー』の特徴をご紹介しました。デメリットとなる特徴が多かったため、辛口レビューのような記事になっていますがポイントリーダーを否定するコンテンツでありません。

ポイントリーダーのサービスを良いと感じた方、興味を持った方は試してみると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました