『PIXTA(ピクスタ)』の評判とは?ストックフォトで副業

各種サービス

様々な副業方法が登場し、副収入を得る方法が多様化している中で写真をデータとして取引するストックフォトというサービスが登場しました。

「趣味の写真を売って副業を始めたい」「ストックフォトに興味がある」という方には大手ストックフォトサービスPIXTAがおすすめです。日本人向けの使いやすいサービスで評判も非常に良いです。

副業初心者のストックフォトデビューには最適なサービスとなっています。

このページで分かること
  • ピクスタについて
  • ピクスタの使い方・稼ぎ方
  • ピクスタの評判
スポンサーリンク

PIXTA(ピクスタ)とは

PIXTA(ピクスタ)の画像

PIXTAはピクスタ株式会社がサービスの運営を行うストックフォトサイトで、画像や動画などの販売用として投稿された素材が掲載されています。ユーザーは購入者としての会員登録と販売者としてのクリエイター会員登録ができます。

このページでは、販売者(クリエイター)としての説明をメインに行います。

ピクスタは審査さえ合格できれば誰でも写真の販売ができるため、写真を趣味としている人や副業を始めたい方にもおすすめです。アマチュアの写真家の中にはストックフォトサービスで素材撮影の練習している人もいます。

公式サイトはこちら

趣味で副業ができる

PIXTAを含め多くのストックフォトサービスは年齢や資格に関わらず誰でも始められます。ほとんどのサービスにおいて用意されている審査に合格する必要はありますが、基本的に時間さえかければ誰でもパスできます。

趣味で写真撮影を行っている方は趣味の写真を副業にできます。稼げるようになるまでには時間を要しますが、販売というシンプルな稼ぎ方であるため誰でも始めやすく、投稿数が増えると共に収益が安定します。

継続さえできれば誰でも収益化のチャンスがあるため写真を撮ることが好き方、これまで撮影してきた写真で副業を始めたい方はストックフォトへの出品をおすすめします。

これまでのストックフォトは一眼レフなど専用のカメラで撮影された解像度の高い写真しか投稿を認められていませんでした。しかし、最近ではスマートフォンのカメラ機能が性能を上げていることからスマホで撮影した写真を投稿できるサービスが増えてきました。

どんな人が購入するの?

ストックフォトで写真を購入しているのは、サイトやブログの運営者やライティング活動を行っているWebライター、広告宣伝に画像を使う方達です。基本的にストックフォトは著作権への抵触を避ける目的で利用されます。

ブログやサイトのイメージ画像、宣伝用の写真などを公開する際に著作権で保護されている画像を添付してしまうと著作権違反となり、権利的問題に発展してしまう可能性があります。

そのため、著作権で保護されている画像を使い問題になることがないようフリーの画像や購入した写真を使うのです。

ストックフォトは著作権違反を避けたいユーザー向けの素材販売サイトです。広告などに挿入されている画像を頻繁に目にする人は写真のイメージが湧くと思います。

運営会社情報

PIXTAの運営を行うピクスタ株式会社が公開している会社概要は以下の通りです。

会社名ピクスタ株式会社
設立2005年8月25日
所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷二丁目12番19号 東建インターナショナルビル5階
資本金319,477千円

ストックフォト業界では名の知れた大手の企業です。会社やサービスの信頼性が高く、ピクスタに於けるユーザーへの還元率も高めなので登録はおすすめです。

PIXTAの始め方

写真販売のイメージイラスト

PIXTAの会員登録方法から販売開始までの基本的な流れは以下の通りです。詳細に関しては公式サイトでご確認ください。

PIXTA公式サイトにアクセス
②クリエイター会員登録をお行う
③入門テストをパス
④素材データのアップロード
⑤PAXTA内の審査をパス
⑥販売開始

サイトに記載されている手順に従って作業を行えばストックフォトで販売が開始できます。テストや審査の決して難しくないので、以下で詳しく説明します。

入門テストとは

PIXTAの販売者登録で行われる入門テストは、専用の講座を受けてテストに解答します。講座では写真を売るにあたって覚えておきたい著作権や肖像権などの権利、素材に求められる要件を学びます。

テストは用意されている講座を一読しておけば受かります。内容も至って一般的なものがほとんどで、決して難しくないため誰でも簡単にパスできます。

審査の本番は運営によって行われる素材のチェックです。講座とテストは時間があるときに受けておくと良いでしょう。

PAXTA内の審査

入門テストの後に行われる審査では、アップロードした写真が販売用のストック素材としてふさわしいか判断されます。写真そのものの出来栄えではなく、ストックフォトサービスで販売するにふさわしい写真であるかが問われます。

実際に販売されている写真を参考にどんな写真が売れているのか、構図やスペースはどのように配置されているのかをチェックしてから写真をアップロードしてください。

ポイントを押さえた写真を撮ることができれば審査にも通りやすくなります。

独創性が強かったり過激な素材の場合、審査落ちの可能性が高くなります。要点を押さえながらありふれた素材をアップロードしてください。

PIXTAで稼ぐことはできるのか

お金のイラスト

基本的にストックフォトは写真1ダウンロードごとの報酬が低く設定されています。PIXTAではクレジットという独自の通貨を用いて支払われます。(1クレジット=110円)

単品購入では、購入価格の40%前後がクレジットとしてクリエイターに支払われます。また、低額性の会員によって写真が購入された場合には0.4クレジット前後が支払われます。

単価が低いため毎月多くの写真をダウンロードされない限り、安定して稼ぐことはできません。しかし、売れる写真の傾向を掴み、投稿数を増やすことで次第に収益は伸びていきます。
出品した写真は制限なく売り続けることができます。新規参入した方や副業感覚で取り組んでいるユーザーであれば、会員登録から半年ほどで月5,000円稼げるようになれば良い方です。
簡単な作業で半永久的に収入を得続けられるシステムを作ることができるため、ストックフォトは副業初心者にもおすすめの方法です。

PIXTAの口コミ・評判

口コミ・評判のイメージイラスト

PIXTAの口コミ・評判の参考として実際に写真の販売を行っているクリエイターを対象に調査を行いました。その結果をご紹介します。

10代男性
趣味の写真で副業ができる点に魅力を感じました。ストックフォトで稼ぐのは想像以上に難しく、ピクスタなどいくつかのサイトに登録していますが、未だに1,000円も稼げていません。継続していれば稼げるようになると信じて続けています。

30代男性
PIXTAはネット上の評判を参考に登録しました。既に2年以上続けているため毎月3,000円は確実に稼いでいます。PIXTAは販売しやすいサービスですが、稼げるようになるまで時間がかかるので短期的な収入を考えている方にはオススメできません。

PIXTAの口コミ・評判に関する今回の調査では、ストックフォトで稼ぐ難しさが露になりました。ストックフォトは安定までにかなりの時間を要する副業方法であることが分かります。

PIXTAのサービスに関しては悪いコメントがほとんどなく、全体的に見ても良い評価が多かったです。

公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました