高校生でも稼げるおすすめの方法6選|お小遣い稼ぎのコツも大公開

副業情報

「お金を稼ぐ方法を知りたい」と考えている高校生の中には、ブログやYouTubeなど未知の分野について関心を持ったり可能性に期待している方もいるのではないでしょうか?

このページでは、そんな方々が抱くであろう疑問を解決していきます。

このページで分かる事
  • 高校生でもお小遣い稼ぎは可能か
  • 高校生におすすめの稼ぎ方
  • 稼げるおおよその額
  • 各方法のメリット・デメリット
スポンサーリンク

高校生でもお小遣い稼ぎは可能

お金のイラスト
結論から言うと高校生でもお小遣いを稼ぐことは十分に可能です。

2000年以降、インターネットの拡大やスマートフォンの普及と共に副収入を得る目的でWebサービスに申し込む人が増加しました。これに伴い個人の収益化をサポートするサービスが充実し、斬新な事業も多くみられるようになりました。これらのサービスの多くは年齢に関わらず利用可能で、専門的な知識やスキル、実務経験がなくても稼ぎやすくなっているのです。

どの分野に関しても継続が必要となりますが、このページでは特にポピュラーで参入しやすい方法をメリット・デメリットと共に紹介します。

麦

筆者は高校2年生から大学受験の1週間前まで情報販売を続けていました。毎日20分程度の通学時間を活用することで1年半で30万円超を稼ぎました。

アルバイト

履歴書のイラスト
アルバイトのメリット
・安定した額を稼げる
・専門的なスキルが不要
・人と関わることができる
・リスクがほとんどない
アルバイトのデメリット
・昇給がほとんどない
・勤務先に通う必要がある
・人と関わる必要がある
・シフトの希望が通らないこともある

高校生のお小遣い稼ぎとして最もポピュラーな方法がアルバイトです。このページを読んでいる方の中には既にアルバイトで収入を得ている人もいるのではないでしょうか。

高校生であれば誰もが知っているであろうアルバイトは、非正規雇用という雇用形態の下で個人が企業と契約を結び対価を受け取りながら働く方法です。アルバイトを禁止している学校も多いですが、最近では多様な家庭事情のために適当な理由のある学生であれば基本的に許可が下りるようになっています。

アルバイトで稼げる額は1ヶ月あたり2万円から5万円程度です。

シフトの量によって月額は大きく左右されますが働いた分に応じた報酬が貰えるという点では、今すぐに希望額を手に入れたい人に最適な方法となります。飲食業や販売業などアルバイトで大なう仕事の多くは他人との関りが必要となるため、高校生の社会勉強の一環としてもおすすめです。

ただし、アルバイトを始めるにあたって多くの場合で履歴書を書いたり面接を行ったりと時間と費用を費やす必要があります。加えて、アルバイトではシフトの度に勤務先まで通う必要があるうえに望める昇給が数十円程と、費やす時間に対して成長を見込めないというデメリットがあります。

長期的に続けることができる人にとっては無理なく稼げる方法といえるでしょう。

アルバイト探しには求人数が圧倒的に豊富なギガバイトがおすすめです。

お小遣いサイト

お金を稼ぐイメージイラスト
お小遣いサイトのメリット
・稼ぎ方の種類が豊富
・難しい知識が一切必要ない
・スキマ時間でコツコツ稼げる
・お小遣い程度なら稼ぎやすい
お小遣いサイトのデメリット
・案件をこなさないと稼げない
・まとまった額を稼ぐのは難しい
・向き不向きがある
・すぐには換金できない

インターネット広告を経由してお小遣いサイトにアクセスした経験のある方は多いのではないでしょうか。参入者の多くが稼ぎ方を知らないが故に継続の難しいお小遣いサイトですが、サイトを使ったことのある方は非常に多いのです。

お小遣いサイトとは、ポイントサイトやアンケートモニターサイトなどサイト内通貨を交換最低額以上貯めることで現金や電子マネー、仮想通貨と交換できるサービスを広く指す言葉です。副業ブーム時には主婦を中心に『ポイ活』という呼び名で広く普及しました。

お小遣いサイトで稼げる額は1,000円から5万円程度です。

スマホやPCを所有していればいつでもどこからでもアクセス可能で、初期費用の負担なしで今すぐにでも始められるお小遣いサイトは高校生の間でも多くの利用者を誇ります。稼ぎ始めるまでに下見や面接を必要とするアルバイトとは異なり、登録後すぐにサイト内通貨を貯めることができます。また、勤務地に通う必要がなく完全在宅も可能な稼ぎ方であるため忙しいや人と関わる仕事が苦手な人でも気軽に始められるのです。

メリットのみに着目すると非常に魅力的なお小遣いサイトですが、短期間でまとまった額を稼ぎづらいといったデメリットがあります。高額案件と呼ばれる単価の高い案件をこなして1件あたり数千円稼げるプログラムも存在しますが、無料で参加できる高額案件の数には限りがあるため継続的に稼ぐのは難しいです。

紹介制度を活用して一気に稼ぐユーザーもいますが、時給に換算すると数百円程度であることが多いためアルバイト以上にコツコツと貯め続ける努力が必要となります。

おすすめのポイントサイトや効率的な稼ぎ方はこちらをご覧ください。

物や情報の販売

販売のイラスト
販売のメリット
・安定した収益をあげやすい
・販売は規模を拡大しやすい
・難しい知識が一切必要ない
販売のデメリット
・身に付けるべき知識が多い
・結果が出ない場合が多い
・赤字のリスクがある

販売は物の売り買いというシンプルな仕組みのために参入のハードルが非常に低くなっています。メルカリを始めとしたフリマプリの充実、ネットショップ作成サービスの発展などに見られるように販売を始める個人は増加傾向にあります。

販売には目に見えるアイテムを売り出す物品販売とアイディアや知識といった情報を売る情報販売があります。両者には商品を売ってお金を稼ぐといった共通の仕組みが見られますが、有形商品と無形商品の販売には在庫管理や発送作業の量などに大きな差が付きます。

販売で稼げる額は1ヶ月あたり1万円から5万円前後です。

販売で比較的始めやすい物品ですが、こちらは仕入れた商品に買い手を見つけて発送するといったシンプルかつ容易な作業のために主婦や学生にもおすすめの方法となります。一方で、情報販売には在庫の複製や発送が用意であることから販売の半自動化も容易に実現できます。少ない作業量でもしっかりと稼げる方法であるために忙しい人でも始められます。どちらの販売方法でもより多くの人に見てもらうことが収益アップに繋がります。

ネットショップやホームページを開設してハンドメイド作品や仕入れた物を売っている高校生も多くみられますが、個人が新しく開設したショップで収益をあげるのは容易ではありません。集客力のある媒体を作れないと月額負担や仕入れ代金で赤字になることもあります。こういった媒体を持っていない人はフリマアプリやオークションサイトを利用することになりますが、高い販売手数料の負担は避けられません。また、情報販売では売りにできる魅力的な情報を持っている事、継続的な集客が可能な事など条件が多くなります。

稼ぎがマイナスになるリスクを避け、集客に力を入れることで稼げる額も増えるので継続が必要となります。

Amazonのブランド名と物流システムを利用できるサービスはこちら

ブログの運営

パソコンのイラスト
ブログのメリット
・安定した収益をあげやすい
・需要が尽きない
・完全在宅で稼ぐことができる
・ライティングのスキルが身に付く
・知識が豊富になる
ブログのデメリット
・稼ぐまでに時間がかかる
・身に付ける情報が多い
・参入分野の見極めが難しい
・赤字のリスクがある

みなさんが日常的に使用しているインターネットですが、検索によって表示されるページには個人が運営するブログの記事が多く含まれています。稼ぐのが難しいと言われているブログですが、ある程度コツを掴み続けることができれば安定した収益につながります。

ブログで稼ぐ方法には、広告を掲載してアクセス数や広告のクリック数によって報酬が支払われる広告収入、商品やサービスの紹介で一定の条件を満たすことで報酬を受け取れるアフィリエイト、自分の取扱商品やサービスの集客・販売を行うといった方法があります。

ブログで稼げる額は収益が安定すると、1ヵ月あたり20,000円前後は稼げるようになります。

ブログで作成した記事は個人の財産となり、ブログが存在し続ける限り半永久的な収入源となります。また記事数が増えれば増えるほど収益の窓口が増えることになるため努力が結果として出やすいジャンルでもあります。ブロガーには月に1,000円も稼げない人もいれば、1ヵ月で数百万円を稼いでいる人もいて高校生だからといって稼げないという決まりはありません。

ただし、ブログは収益化までの道のりが長く、早い人で3ヶ月遅い人で数年にも渡って投稿を続けなければなりません。加えて競合の投稿に劣らないようユーザーファーストかつ不足のない情報を提供し続ける必要があるのです。

ブログには年齢や性別に関係なく稼げるチャンスが詰まっており、非常に夢のある方法ですが副業として参入している人も多いため道のりは険しいです。

ブログで稼ぎたい方には特化ブログがオススメです。特化ブログに関してはこちらの記事をご覧ください。

YouTube

YouTubeのイラスト
YouTubeのメリット
・安定した収益をあげやすい
・動画に関する技術が磨ける
・新規の視聴者を狙える
・好きなことで稼ぐことも可能
YouTubeのデメリット
・稼ぐまでに時間がかかる
・パートナープログラムに合格する必要がある
・広告停止やチャンネル削除への対策が必要

すぐに稼げるといったイメージを持ってYouTuberを目指す人は非常に多いです。今や中高生であれば誰でも知っているYouTubeですが、審査を設けるなどの措置により新規参入が難しくなっています。

YouTubeで稼ぐ方法はブログと同様に広告収入やアフィリエイト収入、自身が提供する商品やサービスの宣伝となります。加えてYouTubeではスーパーチャットと呼ばれる投げ銭機能がついているためライブで稼ぐこともできます。

YouTubeで収益が安定した場合、1ヵ月あたり10,000円から30,000円ほど稼ぐことができます。

YouTubeを始める最大のメリットとして投稿した過去の動画から収益は得続けられる点が挙げられます。また、自分を売り出すことができれば自信をブランド化して商品の販売を始めたりインフルエンサーとしての活動も可能になります。YouTubeは非常に大きな動画配信プラットフォームであることから閉鎖される可能性は非常に低く、長期にわたって稼げると期待されています。また、仮にYouTubeが閉鎖に追い込まれる問題があった場合でも代替プラットフォームの登場は確実で新たなサービスでの収益化が可能です。

YouTubeには安定して稼げるようになるだけでなく、高校生を含め一般人が有名人になるチャンスも溢れているのです。

しかし、無計画のままYouTubeに参入したユーザーの多くは収益化を前に挫折しています。YouTubeをよく知らない人の中には、有名YouTuberが動画投稿を続けることによって数千万円から数億円といった大金を稼いでいることから「YouTubeは面白い企画があれば誰でも稼げる」と誤解していることがあります。確かに、過去のYouTubeは誰でも参入できてすぐに稼げる媒体として知られていました。ところが、現在では収益化を目指すにあたって『YouTubeパートナープログラム』という審査への合格が条件となっています。

簡単に稼げるサービスではなくなってしまったYouTubeですが、参入して収益化を目指すメリットは十分にあります。

YouTubeで稼ぐ方法についてはこちらをご覧ください。

スキル販売

お金を稼ぐイメージイラスト

既に習得しているスキルがある人、これから何かしらのスキルを身に付けたいと思っている人はそれらを他人に提供して稼ぐことができます。

スキルの販売のジャンルは幅広く、データ入力やテープ起こし、ライティングなど単純作業系のものからイラスト作成や作曲、動画の作成、Web関連のサービスなど専門性が必要となる作業まであります。

スキルの販売で稼げる額は、集客力や短歌にもよりますが1ヵ月あたり10,000円から50,000円ほどです。

スキル販売は自分の身に付けた知識や経験を活かしながら得意分野で活動し続けることができるため、スキルアップを期待できるのはもちろんですが人によっては好きなことでお金を稼げるなどメリットの多い方法です。スキルの販売も無形商品の販売と同様に発送作業や在庫管理のコストがかからないためローリスクで始めることができます。

「売りに出せるスキルがない」と難しく考えてしまう人もいますが、スクールに通うより安く済ませたい人が多くいるため学校や習い事で身に付けた知識でも需要はあるのです。

得意やスキルを活かしたサービスの提供には大きなデメリットはありません。クラウドソーシングサービスの販売手数料が20%前後と高めなこと、サービスの魅力を全面的に出して集客を行う必要があることがネックとなります。ただし、これらは継続と経験によってカバーできるため収益が安定しやすく提供しやすい優れた方法となります。

スキルを得るならココナラがお勧めです。ココナラで稼ぐ方法は以下の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました