ライターの副業ならココナラがおすすめ|ライティングを始めやすい

副業情報
スポンサーリンク

Webライターとは

ライティングのイラスト

ウェブライターとはインターネット上に掲載される記事を書く人たちのことです。ライターには企業や個人の雇用によって活動している人もいれば、副業としてライティングの依頼を募集している人もいます。

前者は会社に勤める形になるため収益は月ごとにおおよそ定額で渡されるケースが多いですが、後者では作業量に応じた報酬が支払われるため月ごとの収益が安定しづらいデメリットがあります。

ライティングを始めるにあたって特別な資格やスキルが必要ないこと、スマホやパソコンがあれば今すぐにでも始められることから主婦や学生の副業としても人気の方法になります。

ライターの副業にはココナラ

ココナラの画像

ライターとして副業を始めるのであれば、まずはライティングの仕事を募集して依頼を引き受けなければなりません。仕事の引き受け方によって納品する文章の条件や仕事の内容が変わってくるためライターは自分に合った出品方法を考えなければなりません。

企業に属すことなく副業としてライティングの仕事を受けるには大きく分けて2つの受注方法があります。

応募型のライティング

1つ目はクラウドソーシングサービスに登録し、掲載されている依頼に応募する方法です。自ら仕事を募集するのではなく、掲載されている募集に参加していく形になります。

こちらの方法では、プログラムに記載されている条件をもとに内容を考えて文章を書くことで決められた報酬を受け取ることができます。また、ライティングの仕事を引き受けるかどうか、いつ受けるかはライター側が決めることができるため自分のスケジュールの都合に合わせて余裕があるときに関心のあるライティング案件に応募することができるのです。
しかし、この方法でライターの副業を始める場合には知っておきたいデメリットがあります。それが、ライター同士の競争の中で新規参入したばかりの副業ライターは、ライティングの仕事を勝ち取れないことです。副業としてライターになった人にとって条件の良い依頼を勝ち取るのはかなり難しいです。なぜなら、クラウドソーシングサービスで募集をかけている案件には多くの応募が集まり、その中にはブログ運営をしている人やライターとしての経験がある人も含まれているため優先的に選ばれるユーザーが仕事を独占しやすい状況に陥るからです。

副業感覚でライティングを始めた人がたくさんの実績を持つプロのライターに勝つのは容易ではありません。

出品型のライティング

2つ目に、ココナラのようなスキルの売り買いができるサイトに登録してライティングの出品を行うとことで購入者を募集する方法もあります。

副業としてライティング作業を始める方にはこちらの方法がおすすめになります。出品型の募集方法では、売り手側(ライター側)が文字数や価格、記事のジャンルまで詳細に定めることができます。また、クラウドソーシングのような応募型とは異なり自分の提供するライティングに魅力を感じた人が依頼者となります。そのため、価格を下げたり、割引キャンペーンを行うなど他の出品者との違いを作ることで副業として参入した新人ライターでも仕事を引き受けやすくなるのです。
しかし、こちらの方法にもデメリットとなる部分があります。例えば、出品を閉鎖していない間に購入者がついてしまえば指定した納期までに仕事をしなければなりません。クラウドソーシングでは自分の都合に合わせて仕事を引き受けられますが、ココナラのような出品型のサイトではこういった使い方ができないのが最大のデメリットとなります。

出品を一時的に閉鎖することもできますが、常時開放していないと依頼者がつきにくいため忙しい主婦やビジネスパーソンの副業としては不便な点が多いのです。

ココナラで売れるライティングとは

評価のイラスト

副業ライターがライティングの仕事を募集するのであれば、出品型のサイトで始めるのが最適な方法となります。しかし、収益アップを目指すのであれば出品型のサイトで経験や技術を習得してクラウドソーシングの応募に有利になる必要があります。

その実績を稼ぐためにもココナラで多くの人に購入されるサービスを出品するのが効率的です。

また、ココナラでライティングの出品をする際に押さえておきたいポイントが以下の3つになります

  • タイトルとキャッチコピー
  • 価格設定
  • オプション

タイトルとキャッチコピー

ココナラにおいてタイトルとキャッチコピーは非常に重要な役割を果たします。特にキャッチコピーには訪問者の目を引く一文を添えておく必要があります。

ココナラのタイトルは全て『〜します』の形に制限されているため他者との差別化を図るのが難しいですが、キャッチコピーに関しては自由記述が認められているためサービスの魅力を最大限に伝えることができます。

ここでお勧めのフレーズには以下のようなものがあります。

  • ライター内で最安値
  • ◯日以内に納品
  • 2回目以降の割引

これらのフレーズをキャッチコピーに組み込むことで自由度の低いタイトルを補い、自身の出品の魅力を最大限に伝えることができるのです。

実際にキャッチフレーズを工夫することでサービスの詳細ページを見てくれるユーザの数が増え、お気に入り追加をされる確率がアップします。ライティングに限定した事ではありませんが、特定のキーワードは副業収入の上昇にも直結するためしっかりと考えておく必要があります。

価格設定

副業としてライター活動に参入するユーザーの多くは、ブログ運営の経験がなかったりライティング活動の実績が少ないケースが多いです。こういった無名のライターが既に稼いでいる人と同じ金額設定にしたところで、評価が多く信頼性の高い出品者に勝つことはできず依頼を独占されてしまいます。

ココナラに出品されているライティング案件の報酬は『1文字あたり◯円』のように文字数×単価で計算されるタイプと『1記事あたり◯円』のように記事ごとの単価を設定しているタイプが多いです。

価格設定はライターの都合に合わせて行うことができますが、ライターとしての経験が浅い方や副業として仕事の合間にライティングを行いたい方は後者の価格設定がお勧めです。

この価格設定のメリットとデメリットはこちらの記事をご覧ください。ライターとして副業をした際の収入やプロのコメントを公開しています。

副業のライターはいくら安くするの?

副業ライターが価格を設定する際にはライバルより500〜1000円ほど安くするのがコツです。文字あたりの単価を定めている場合には最終的な価格に応じた割引額を定めておくのが良いでしょう。

人気のあるライターは既にある程度の実力と評判を持っており新しく記事の外注を頼みたいと考えているブロガーからの注文を独占しています。これらの高い技術とスキルを持ったライターはオプションの充実度にも力を入れているため本当に強いです。

まずは基本料金で勝負をかけることで副業収入よりブロガーからの支持集めに力を入れるのが得策です。

基本料金を安く設定してもオプション機能を活用すれば、値引きした分の割合を下げて本来受け取るはずだった額に近づけることができます。

実際に既に稼いでいるライターもはじめの頃は低い価格で仕事を受けているケースが多いです。副業としてライティングのジャンルに参入した場合には低い価格から仕事を引き受け、評価が増えて知名度も上がったところで値段設定を見直すのがおすすめです。

オプション

上でも軽く触れましたが、ココナラには出品にオプションとしてサブ的な要素を追加できる機能が備わっています。ココナラの出品者全員が使える機能ですが、特に注文型の出品を行うライターはオプション機能を使うことで依頼者からの様々な要望に応えられるようになります。

オプション機能があるためにライターは以下のような対応が注文型のライティング可能になります。

例えば、1記事あたり5,000文字で5,000円のライティングを始めたとします。これだけでは1回の依頼につき5,000円の副業収入しか得られません。しかし、ここで文字数の追加オプションを用意したりSEO対策のオプションを用意することでより多く稼げる可能性が生まれるわけです。

副業でライターとしての活動を始めた人は、他のライターより安い価格で記事を提供していることが多いため副業収入は伸びにくいですが、オプションを用意しておくことでその割引分を補うことができます。

結局文章が大切

文章のイラスト

ライターが副業としてココナラで集客を行う場合、ライティングサービスのキャッチコピーや価格設定など工夫を凝らす部分は多くあります。これらのポイントに気を配った出品ができれば素人のライターであっても副業感覚で参加したライターであってもそれなりに稼ぐことができます。

しかし、ライティング副業で収入を得る際に最も重要なのが納品される文章の質です。文字あたりの単価や記事の価格がどんなに安かったとしても文章の質が低ければ依頼したブロガーは納品された文章をリライトしなければなりません。

「副業としてライターをしているのだからクオリティより効率だ」と考えている人はすぐに低評価が付きます。

ココナラには出品者が確認できる自分の評価とは別に購入者だけが確認可能な評価が用意されています。そのため質の低い記事を納品してしまうと見えないところで評価が下がり新たな依頼が来なくなってしまうのです。

ライターに作業を依頼するブロガーはある程度の許容範囲を持っていますが、テーマに沿った記事でなかったりキーワードが含まれてないなど大きなミスをしてしまえば副業として続けていくのも難しくなります。

ライティングの副業は誰でもすぐに始められる仕事ですが、最低限の文章力と押さえておくべきポイントがあります。それらをしっかり確認しておき上手な記事が書けるよう練習してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました