副業ライターが月5万円を稼ぐための仕事量とは?稼ぐコツも大公開

副業情報

特別な資格やスキルを有していない人でもしっかり稼げて案件を取得しやすいライティングの仕事は、副業としてもかなりの人気を誇ります。

近年では企業と個人をつなぐ案件紹介サイトや企業や個人、もしくは個人と個人をつなぐクラウドソーシングサービスなどの発展に伴い、webライターの参入者はかなり多くなりポピュラーな副業方法となりました。

このページでは、人気のwebライターという副業について基本的な情報から月に5万円を稼ぐためにはどれくらいの仕事が必要になるかをご紹介します。

スポンサーリンク

副業ライターとは

情報発信のイラスト

副業ライターとは、副業としてwebライティングに関わる方を広く指す言葉で、取り分けプロのライター以外を指して使われる言葉でもあります。そもそもwebライターとは、簡単にまとめると『ウェブ上に公開される記事を書く仕事』になります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って多くの方がアクセスしている情報サイトや個人のブログなどに投稿される有効な記事を書く仕事が該当します。

記事を書くに当たってキーワードやキーワードの出現率、SEO効果など気をつける点は非常に多いものの、仕事に慣れてしまえばライティングは誰にでもできます。比較的簡単に受注できる依頼を引き受けるなどして実績を作りつつスキルアップを目指している副業家も存在します。

これまで実績のあるライターの仕事であったライティングは、その単純作業的な面からクラウドソーシングサービスや案件紹介サイトの充実によって個人でも参加しやすい副業方法となりました。

ライティングを始めるならココナラ

副業ライターの収入とは

お金のイラスト

個人がライティング活動を行って収益を得る際には、いくつかの料金システムが存在します。このページでは副業としてライティングを行う人たちにとって非常にポピュラーな2つの値段設定をご紹介します。

  • 文字単価型
  • 記事単価型

文字単価型

文字単価型とは1文字あたり〇〇円といった料金を設定するシステムです。納品する記事の文字数が多ければ多いほど稼げて、細かな文字調整によって希望額に近い副業収入を得ることができます。書いた分だけお金がもらえるライターに嬉しい料金システムですが、依頼する側には文字数稼ぎをされて低品質な記事を納品されるリスクがあるためライターが評判を重視されたり実績のある一部のユーザーに仕事が集中したりします。

記事単価型

一方、記事単価型では1記事あたり〇〇円といった料金を設定するシステムです。ライターはマジっす1記事あたり〇〇円といった料金を設定するシステムです。ライターは指定されたおおまかな文字数に従って記事を作成することで設定された定額の報酬を受け取ることになります。こちらの方法では、副業として新規参入したユーザでも仕事を取得しやすいメリットがある反面、指定された文字数以上の記事を投稿する必要があります。

副業ライターが月5万円稼ぐためには?

計算機のイラスト

次に副業ライターが月に5万円を稼ぐために必要な仕事量についてご紹介します。報酬額とサービス利用料については一般的なクラウドソーシングサービスに掲載されている額を参考に算出しています。

文字単価型では

まず、文字単価型では1文字当たりの報酬額は1.5円ほどに設定されています。まれに1文字2円に設定されていることがありますが、かなりの実績と評価がない限りその単価で仕事を受けるのは難しいです。

このページでは以下の条件で算出します。

  • 文字単価は1.5円
  • 1記事あたりの文字数は4,000文字
  • サービス利用料は25%
文字単価1円で5万円を稼ぐためには、単純計算で34,000文字ほど書く必要があります。これは4,000文字の記事8.5個分に相当します。ただし、クラウドソーシングサービスや案件紹介サイトを使ってライティングの仕事を受注した際に発生するサービス利用料を考慮すると、67,000円以上を報酬として受け取る必要があります。つまり、4,000文字の記事であれば11〜12個以上受注する必要があるのです。

4000文字というかなりボリュームのある記事を2〜3日に1回の頻度で投稿していくのは初心者にとって簡単なことではありません。もちろん記事のクオリティーが落ちてしまえば評価が下がるのはもちろん仕事が来ないこともあるため手を抜く事は許されません。

記事単価型

記事単価型では1記事あたり3,000文字から4,000文字であることがほとんどで、単価は文字数に対して1文字当たり1円であることが多いです。つまり、4,000文字の依頼では報酬額は4,000円になります。

このページでは以下の条件で算出します。

  • 記事単価は4,000円
  • 1記事あたりの文字数は4,000文字
  • サービス利用料は25%
記事単価4,000円の報酬で5万円を稼ぐためには単純計算で12.5個の記事を書く必要があります。また、サービス利用料として25%の負担が発生した場合には報酬額の合計で67,000円を稼ぐことになるため1ヵ月あたりの記事数は17記事になります。

2日に1記事以上のペースで書き上げる必要があるため、ある程度まとまった時間のある方でないと5万円を目指すのは難しいかもしれません。ただし、こちらの計算はあくまで1文字当たり1円で仕事をした場合の報酬額になっています。より条件の良い案件を受注して仕事の量を減らすことも可能です。

副業ライターが効率的に稼ぐ方法

在宅副業のイラスト

文字単価や記事単価が低く設定されているため一気に稼ぐのが難しい副業ライターですが、ある程度稼ぎやすくするためのコツが存在します。そのコツを押さえて活動し続けることで少ない仕事量で月5万円を目指せるかもしれません。

副業ライターが効率的に稼ぐためには実績を作ることが大切です。

ライティングは授業が尽きない働き方として注目を浴びています。その一方で、ライター側は参入者により競争が激しくなりつつある分野で仕事を受注し続ける必要があります。仕事への応募は案件紹介サイトやクラウドソーシングサービスを利用すれば容易ですが、複数の応募者の中から選ばれる努力をしなければなりません。

ここで重視されるのがサイト内での実績や口コミ、評判になります。特別なスキルや資格を有していない人でも参加できるライティングという仕事では、依頼したライターからの評価や活動実績が採用不採用を分けるポイントとなります。また、評判の良いユーザーは高い文字単価で働くことができるのはもちろんですが、1記事あたりの報酬額も高くできる可能性があります。

案件の内容に記載されていた条件を満たすのは当然ですが、+ αとなる要素を加えたり指定された文字数以上の記事を投稿するなど小さな工夫によって高い評価を得ることができます。webライターは実績を作り上げるまで時間がかかるジャンルではありますが、自分の成長を客観視しながらしっかり稼げる副業方法でもあるのです。

ライティングを始めるならココナラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました