フルフィルメント by Amazon(FBA)で稼げない理由とは

アイキャッチ画像副業情報

Amazonの提供する販売代行サービス『フルフィルメント by Amazon(FBA)』を利用しても稼げない人がいるみたいだ。

今回はFBAのノウハウを教えてくれ。

麦

FBAは、とにかく手軽に販売ができる素晴らしいサービスです。

では、FBAを利用して1ヵ月で20万円超の純利益を達成した私がその理由をご説明します。

FBAはせどり転売など販売系の副業をするにあたって欠かす事のできないサービスです。このサービスを利用していても収益がマイナスとなるのはどんな理由があるのでしょうか?

今回はFBAで稼げない人がいる理由をご紹介致します。

こんな方に読んでいただきたい

  • 販売系のネット副業を始めたい
  • フルフィルメント by Amazonの利用を考えている
  • フルフィルメント by Amazonで損をしたくない
スポンサーリンク

そもそもFBAとは?

Amazonのイラスト

せどり転売など販売系の副業について調べた経験のある方は『FBA』を目にしたことがあるのではないでしょうか?

そもそもこの『FBA』とはどんなサービスを指すのか説明していきます。

FBAとは、大手ECサイトAmazonが提供する物流サービス『フルフィルメント by Amazon』の略です。販売者は売りたい商品をAmazonに納品するだけて販売から出荷、返品対応までAmazonが責任を持って代行してくれます。

世界的なECサイトのブランド力を借りながら、販売で必要となる作業の大半を委託することができます。

FBAで損をする理由

ショックのイメージ画像

こんなにも魅力的なサービスであるFBAで損をする背景にはどういった理由があるのでしょうか。早速その理由を見ていきましょう。

基本料がかかる

『フルフィルメント by Amazon (FBA)』は商品販売を行う販売者の負担を軽減してくれる便利なサービスです。しかし、そのサービス利用するには一定の利用料がかかります

Amazonで商品を販売する際にはAmazonに販売者としての登録を行い、出品するための基本料を支払う必要があります。FBAもAmazon内の販売に含まれるため利用料を支払う必要があります。

用意されているプランから販売スタイルに合ったものを選び販売者登録を行います。販売プランには「大口出品プラン」と「小口出品プラン」がありますが、登録プランに関係なく「FBA」を利用することが出来ます。

麦

取り扱い商品数の少ないネット副業初心者であれば、小口出品からでも充分です。

在庫保管と配送代行に費用が掛かる

次にFBAでは、在庫保管手数料と配送代行手数料が必要になります。これは上で説明した基本料に上乗せして支払う費用です。

『小口出品プラン』を選択していれば1つの商品を販売するごとに100円の販売費用を支払いますが、在庫保管手数料と配送代行手数料はこれに上乗せされます。「大口出品プラン」で登録している人は、1ヶ月分の費用4,900円と2つの代行手数料を支払うことになります。

販売した商品数が多く、高額な利益を見込んでいたにも関わらず、実際に支払われる額が予想を下回る事があるのはこのためです。

Amazonへの出品に「FBA」を使うべきか

販売手数料を支払ってまでFBAを使う価値があるのかが問われるな。

筆者はどう考える?

麦

FBAは自分の販売に合わせて利用することで効率のよい販売が可能になります。

FBAの料金システムを踏まえた販売を行うのもおすすめです。

『フルフィルメント by Amazon(FBA)』で稼げない理由には、Amazon出品に必要となる基本料と在庫保管手数料、配送代行手数料があることを説明しました。

基本料に関しては登録プランの見直しによって節約を試みることはできます。しかし、他の2つの手数料に関しては決まった額を払わなければなりません。

この費用を支払いながらでもFBAを利用する価値はあるのでしょうか?
FBAの利用は副業としても成り立つのでしょうか?

仮に『小口出品プラン』で安価な商品を大量販売しても1つあたり100円の販売手数料がかかるために売り上げは伸びにくいです。一方、『大口出品プラン』に登録してもAmazonに納品する商品が少なければ販売手数料の払い損です。

よっぽどの高額商品を販売しない限り、後者は確実に赤字になるでしょう。

Amazonを利用した販売を行うにはFBAは必須です。
しかし、FBAを利用した販売で効率よく副業収益を得るためには販売する物と販売する量を調節する必要があります

FBAで上手な副業を行うためには、以下のポイントを気をつけてください。初めの頃は利益が出にくいですが、売れる商品の傾向が掴めると見込める利益と手数料を考えながら出品できるようになります。

  • 何をいくらで売るのか
  • どれくらいの商品を納品するのか

売る物の価格

FBAで効率よく稼ぐためには出品価格を考えなければなりません。FBAは一般的なAmazonの販売利用とは異なり、商品の保管・発送をAmazonに代行してもらうことになります。

ここで発生するのが、在庫保管手数料配送代行手数料です。

販売する商品がある程度の価格を誇れば仕入れ価格と販売価格が大きくなり、利益が生まれやすいです。そのためAmazonからFBAの手数料を引かれても利益はプラスになります。
ところが、仕入れ値も販売価格も低く1商品あたりの利益が小さい商品の場合、多くの商品をAmazonに保管してもらう必要がります。保管手数料は納品した商品1つごと、配送手数料は販売した商品1つごとに支払うため利益を出すのが難しくなります。

「FBAを利用する際の手数料を支払える価格にすればよいのか?」というと、そういうわけでもありません。

単に保管手数料と発送手数料を超えるように販売価格を決めてはいけません。出品プランに応じた基本料も支払えるよう価格を設定する必要があります。

納品する商品の数

FBAを利用して販売を行う人は手数料を重視しがちですが、見落としが多いのがAmazonへの納品数です。FBAで利用するのはAmazonの物流サービスですが、この『物流』には商品の保管も含まれています。

商品の保管料で損をする可能性があるのです。

自分のECサイトを持っている場合、在庫の保管費用を節約することができます。そのため、多くの在庫を保管しておくことができます。

ところが、FBAでは納品した商品をAmazonの保管スペースにおいてもらうことになります。売れる目途の立っていない商品を送ったり、売れる商品であっても大量に納品してしまうと保管費用がかさむ結果になります。

Amazonへの納品は仕入れ時に一括で行うのではなく、商品が購入される度に行うことで保管手数料を節約することができます。Amazonには、ある程度余裕を持たせた在庫を保管しておき、残りは手元に置いておくのが良いです。

麦

この2点に注意しながら販売を行うことで、効率の良い販売が可能になります。

個人では扱いきれない商品数であっても代行発送してくれるFBAは高収入を得るためには必須です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました