ネットショップBASEとSTORESを徹底比較してみた

副業情報

副業ブームの到来と共にハンドメイド作品の販売を開始する主婦が増え、自分専用のネットショップを開設できるサービスが次々と誕生しました。

ネットショップ開設サービスは多数ありますが、中でも有名なのがテレビCMでも大々的に宣伝されてきたBASESTORESです。

ネットショップを開設するにあたりBASEを使うべきなのかSTORESにするべきなのかで迷う方が多くいます。

2018年までは2つのサイトを比較した場合、BASE一択と言っても過言ではない状況でしたが、2019年にSTORESで行われた調整からそれが変わりつつあります。

このページではネットショップ開設サービス2社を比較してBASEとSTORESではどちらがおすすめかご説明します。

この記事で分かること
  • BASEとSTORESの基本情報
  • 各サービスの費用と決済方法
  • 対象ごとにおすすめのサービス
スポンサーリンク

BASEとは

BASEの画像

BASEはBASE株式会社が提供するウェブサービスです。

BASEは販売初心者をターゲットとして、誰でも今すぐにネットショップを開設できる手軽さとサービスの充実度を売りに広く普及しました。

2020年にはBASEを利用して作成されたショップが70万店舗を超えた事も話題になっています。

BASEでは、購入者専用のアプリと共に販売者専用のアプリもリリースされています。

そのため販売目的で利用する方はBASE Creatorを利用し、購入目的の方はBASEで出品を見る事ができ、販売者の集客効果にもなります。

BASEでの販売は必ず物の発送を必要とします。情報やデータ、サービスのみを販売したい方はSTORESをお使いください。

STORESとは

STORESの画像

STORESはストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社(旧株式会社ブラケット)が運営するネットショップ開設サービスです。

これまでBASEとの比較に負け続け、登録者の伸びと継続率が悪かったサイトでしたが、2019年にサービスの大幅リニューアルが実施され評価が変わりつつあります。

STORESではアプリ配信がされていないためWEB版での利用に制限されます。知名度ではBASEに劣りますがサービスの質は負けず劣らずといったところです。

STORESではBASEでは禁止されていた無形販売が認められています。それにより情報の販売、占いやカウンセリングといったサービスも可能になります。

得意を売れるという点ではココナラに近い利用ができるのです。

BASEとSTORESの費用を比較

まずはネットショップの運営や販売時に必要となる費用を比較していきましょう。同じ販売価格と個数であっても費用が少ないサイトを使用した方が利益は大きくなります。

開設費用・月額料金

オンラインでECサイトを作成する際にはサイトの開設時と利用に費用が発生することがあります。

サイトの開設費は初期費用となるため一度支払ってしまえばその後の負担はありませんが、月額料金は毎月負担し続けることになります。

この費用を比較してみましょう。

まず、BASEでは開設費用も月額料金も無料です。商品が売れなかった場合にも負担がなくて済むのは売り上げの少ない人や初めて運営を行う人にとって嬉しいポイントです。

BASEでは必要に応じて機能の拡張が行えるAppsというシステムがあります。Appsを利用するとショップの下に表示されるBASEのロゴを消したり高度な取引保証を追加できます。

有料のAppsも比較的安い価格から導入できますが、運営をより快適にしたりサイトデザインを理想に近づける目的で有利Appsに取り入れると月額費用が発生してしまいます。

一方、STORESでは『フリープラン』と『スタンダードプラン』の2種類のプランが用意されています。

フリープランに加入すれば毎月無料で使うことができますが、スタンダードプランに加入すると月額1,980円の料金を支払うことになります。

フリープランでは出品数の制限がありましたが、2019年のリニューアルで制限がなくなり多数出品が可能になりました。

機能の面ではスタンダードプランが優れていますが2000円近い金額を負担できるかが選択の鍵となってきます。

販売手数料

ECサイトで商品を売る際に必ず支払うことになるのが販売手数料です。

販売手数料はBASEでもSTORESでも支払うことになるため、多くの商品を売る予定の方はより安いサイトで出品するべきです。

BASEとSTORESの販売手数料を比較してみましょう。

BASEの販売手数料は3.6%+40円+3%です。1つの商品が売れるたびに販売手数料として商品価格の3.6%+40円、サービス利用料として商品価格のは3%を支払うことになります。
STORESの販売手数料は5%もしくは3.6%です。月額1,980円のスタンダードプランに加入すれば手数料は3.6%ですが、フリープランに登録すれば5%になります。

例を挙げて比較してみる

では、具体的な数値を用いながら商品1つあたりの月額料金と販売手数料の合計を比較してみましょう。

手数料の合計が商品価格の6%+40円に設定されているBASEでは仮に1,000円の商品を販売すると、1商品あたり100円の手数料が必要になります。販売価格が低いと比較的高めの手数料を支払うことになります。

取り扱う商品の値段によって40円の手数料率は変わりますが6%は固定です。

一方で加入プランによって手数料が変わるSTORESでは仮に1,000円の商品を1ヶ月に10個販売するとスタンダードプランでは1商品あたり36円の手数料と198円の月額料金、フリープランでは1商品あたり50円の手数料が発生します。

STORESには、BASEの40円負担のような固定の手数料がないため比較的低額の商品を取り扱う方に優しいサイトと言えます。

BASESTORES(フリー)STORES(スタンダード)
月10,000円の売り上げ手数料:700円手数料:500円手数料:360円
月額:1,980円
月100,000円の売り上げ手数料:6,640円手数料:5,000円手数料:3,600円
月額:1,980円
月150,000円の売り上げ手数料:9,940円手数料:7,500円手数料:5,400円
月額:1,980円

BASEとSTORESのフリープランを比較したところSTORESの方が商品価格の1%+40円分安くなります。

また、ひと月で販売するアイテムの総額が142,000円を超える場合はフリープランよりスタンダードプランの方がお得意になります。

STORESのスタンダードプランに加入して売り上げが伸びなかった場合を除くと、販売時の費用負担はBASEよりSTORESの方が常にお得である事がわかります。

BASEとSTORESの決済方法を比較

支払いのラスト

決済方法は、BASEやSTORESによって設けられている支払いシステムの中から購入者が選択する形になります。代金引換や銀行・コンビニ振込、クレジットカード決済が支払い方法の大半を占めますが、その他の方法にも対応していると購入者に優しくなります。

ではBASEとSTORESの決済方法では、どちらが充実しているか比較してみましょう。

BASEで用意されている決済方法は以下のようになります。

クレジットカード決済 / コンビニ(Pay-easy)決済 / 銀行振込決済 / キャリア決済 / PayPal決済 / 後払い決済

BASEでは、代引き決済、着払い、ゆうちょ銀行への振込、直接入金、現金手渡しは認められていません。

一方でSTORESでは以下の決済方法が用意されています。

クレジットカード決済 / コンビニ決済 / 翌月後払い / PayPal / キャリア決済 / 楽天ペイ / 銀行振込 / 代金引換 / Amazon Pay

代金引換は月額制のスタンダード会員のみが利用できる決済方法ですが、フリープランでも選択肢が豊富であることが分かります。

決済方法を比較したところ、BASEよりもSTORESの方が充実度が高く、購入者にも優しいサービスと言えます。

BASEとSTORESの集客力を比較

お金を稼ぐイラスト

ECサイトの運営で立ち向かうことになる最大の壁は集客です。

BASEやSTORESの提供するサービスはECサイトで出品を行うメルカリやヤフオク!とは異なり、ECサイトを作ることを指します。

そのため訪問者のいないショップに人を集める必要があります。

ネットショップの集客には、SNSを用意した宣伝、ブログで商品の良さを発信、SEO対策を徹底した検索からの流入があります。

しかし、集客は想像以上に難しいためネットショップで失敗する人のほとんどはこれができていません。

この集客に関して比較してみましょう。

BASEでは、ネットショップ開設者がサイトの設定から取引管理を行うためのBASE CreatorのほかにBASEというサービスがWEB版とアプリ版で配信されています。

このBASEは購入専用サイトであり、開設されたネットショップが掲載されているため『BASE』で検索した人や特定の商品を探している人がショップに訪れる事があります。

作成したショップが訪問者の多いサイトやアプリに掲載されるという点では集客力のあるサービスと言えます。

一方でSTORESで提供しているサービスはネットショップの作成のみです。作成したネットショップはSTORES上で公開されますが、BASEのような集客力がないため自らの手で行う必要があります。

仮に優れた商品を販売していてもショップの情報を公開していたとしても、誰も利用していなないネットショップは詐欺の可能性もあるため購入者は避けてしまいます。

自分のECサイトでアイテムを売る人にとっては、1人でも購入者がいるかが信用の面で重要になります。

この集客に関してはSTORESはほとんど機能しないためBASEが圧倒的に有利と言えます。

BASEとSTORESのおすすめはどっち?

ネットショップのイラスト

ここまでで費用と決済方法の面でSTORESが優れ、集客に関してはBASEが優れている事がわかりました。

では、実際に利用するならどちらがおすすめなのか対象別にご説明します。

副業目的

忙しい主婦やビジネスパーソンなど時間的余裕が少なく、副業感覚で運営するのであればBASEがおすすめです。

STORESと比較すると手数料はわずかに高くなりますが、集客の手間がないことを考えると大した差ではありません。

ネットショップを開設してもサイトへの訪問者がいなければ利益は一切出ません。それを補ってくれるのがBASEの集客力です。

利益が出ない間も無料で続ける事ができ、集客に時間をかけなくてもある程度の購入者が付くBASEは忙しい方の副業におすすめです。

販売に専念できる方

クリエイターや学生、時間に余裕のある主婦にはSTORESの活用をおすすめします。

STORESをでショップ運営を行う際にネックとなる集客力不足もSNSやブログを駆使したりSEO対策を徹底すれば補う事ができます。

STORESはBASEと比較すると集客力に劣るため始めは収益が出づらいですが、改善を続ければBASE以上に稼ぐ事ができます。

費用負担も少なく決済方法も充実しているため集客に費やせる時間があればSTORESnご登録ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました