YouTubeの動画配信で稼ぐ【ネット副業 その9】

副業情報

今YouTubeでお金を稼いで生活しているYouTuberが流行っているけど、動画配信で副業はできないのかな?

僕も好きなことで生きていきたい!

YouTuberが本当に好きなことで生きているかは疑問だが、副業としてYouTubeに参入しておくのはおすすめだ。

稼ぐのは難しいと言われている分野だが、時間さえかければ初心者でも結果が出やすい方法だからな。

スポンサーリンク

YouTubeを使った副業とは

YouTubeの画像

YouTuberが子供たちの将来の夢トップ3に選ばれるほど、YouTubeの存在は大きくなりました。年齢や性別に関わらず大型プラットフォームで配信が始められる、資格やスキルを有しなくても企画力で人気を得られるなどの理由で子供から大人まで多くの人が配信を行っています。

YouTubeは、これまでの動画配信サービスを超える圧倒的な人気を誇り、これからも需要の絶えない動画配信プラットフォームとして期待されています。

YouTubeを利用した副業の方法にはいくつかのパターンがありますが、誰でも実践できる代表的な稼ぎ方は以下の3通りになります。

  • 動画に広告を付けることで収入を得る
  • 自分の商品やサービスを紹介し集客を行う
  • 投げ銭(スーパーチャット)をしてもらう

新規参加者は最低限の条件(YouTubeパートナープログラム)を達成するだけで始めらる広告収入を目指すのがおすすめです。アドセンス広告の掲載は比較的手軽に始められるうえに安定的な収入が見込めます。

スーパーチャットなど投げ銭目当てで始める人もいますが、こちらもチャンネル登録者数1000人以上などいくつかの条件があるため簡単ではありません。まずは、広告掲載で収入を得られるようチャンネル登録者数と再生回数を延ばす努力をしてください。

YouTubeは成長が期待される

現在のYouTubeは企業や各業界のプロ、長年に渡って配信しているユーザー達が視聴者の取り合いをしている状態であり、新規の参入が難しいと言われています。確かに企画力や資金面で企業や有名配信者に勝つのは非常に難しいです。

有名YouTuberのように大金を稼ぐのは難しいですですが、YouTubeはこれからの需要増加が期待されており参入しておいて損がありません。

現在YouTubeを観て育っているデジタルネイティブ世代は、これからのメインユーザーとなります。また、その次の世代にもYouTubeを観る環境が引き継がれ、更なる需要が期待できるのです。

今すぐにまとまった額を稼ぐのは難しいですが、これから参入してくる新規の視聴者から支持を集めることができれば、ある程度の収益を得ることができます。

現在のYouTubeが新規ユーザーにとって稼ぎにくい環境であることは否定できません。しかし、長期的に続けていくことで新規ユーザーの獲得が可能になり、成功の可能性も高くなるのです。

YouTubeがなくなる可能性は?

足枷のイラスト

YouTubeに参入する際に懸念されるのが、YouTubeの倒産や廃止です。収入源がなくなることを懸念する声もありますが、副業であれば心配はありません。

まず、YouTubeが廃止になる可能性は非常に低いです。

YouTubeが責任を問われる大事故や事件、YouTubeの経営が難しくなる大きな違反などが起きない限りこれからもサービスは続いていきます。世界的な大手動画配信サービスですから余程のことがない限りは倒産もサービスの廃止も起きません。

YouTubeで副業を始めても収入源がなくなる可能性は低いです。

仮にYouTubeが倒産しても新しいプラットフォームが出現します。YouTubeで知名度を上げておけば、新しいプラットフォームでも問題なくネット副業ができるのです。

YouTubeで稼ぐことはできるのか

YouTubeは副業としてでも始めておく価値があるんだね。確かに長期的に見れば再生回数も伸びそうだね。

初心者が副業として参入した場合だとどれくらい稼げるの?

副業として参入したユーザーでもYouTubeで稼ぐことはできる。だが、すぐに稼ぎ始められるのはほんの一握りで大半は数か月から1年以上の配信を続けているぞ。

まずは、数か月続けて視聴者を集めるんだ。条件を満たすと収益化の申請ができるようになる。

YouTuberの収入はピンからキリまで様々です。新規参入したYouTuberや副業感覚で配信を行っているにも関わらず月に数万円稼いでいる人もいれば、毎日投稿を続けていても全く収入がない人もいます。

日本一有名なYouTuberの推定年収は11億円を超えると言われていますが、副業として始めた初心者は1万円を稼ぐことすら容易ではありません。

副業収入はYouTubeに向き合う姿勢によって大きく異なりますが、斬新な動画や参考になる情報を投稿して月に10万円以上稼いでいるYouTuberもいます。一方で投稿頻度は高いものの他人と同様の企画や既存の情報を配信して収益化に繋がらないユーザーもいます。

視聴者が必要としている情報を的確に提供できれば、自然とチャンネル全体の再生回数は伸びていきます。得意な分野を1つでも持っておくと初心者でも安定的に稼ぐことができます。

副業として始めるのは良いですが、YouTubeだけで生きていこうと考えるのはリスクが高くお勧めできません。YouTuberとして生計を立てたい方は収益化から目指してください。

初心者でも稼げるの?

人のイラスト

新規参入のユーザーがYouTubeで稼げるようになるまでは、最低でも数か月、長くて数年の時間を要します。副業収入を得るためには収益化を目指す必要がありますが、収入化のためにはいくつかの条件を達成し、審査をパスしておく必要があります。

チャンネルを開設したからと言って稼ぎ始めることはできず、始めの数か月はチャンネル登録者を集めて再生時間を伸ばさなければなりません。

YouTubeで副業を始めるためには、グーグルアドセンスとYouTubeパートナープログラムの審査が必要となるため、すぐに収益をあげるのは難しいです。

動画の内容と集客に力を入れ、収益化の条件をパスすることで早い人であれば3~4か月ほどで月1,000~5,000円の収入が見込めるようになります。
TwitterなどSNSを活用して集客を加速させるのもオススメです。
需要のないコンテンツを配信し続けて何年も収益化できでいない人がいますが、これでは副業は難しいです。視聴者が欲している情報は何か、どんなコンテンツがウケるかをしっかり考えて投稿すれば収益には繋がります。

YouTubeで稼ぐ方法

ところでYouTubeではどうやって稼ぐの?

口座番号を公開して振り込んでもらいたいな。

カエルの支援をしたい人がいるとは思えないがな。

YouTubeではいくつかの方法で副業ができる。ここでは、最もポピュラーな広告収入について解説するぞ。

YouTubeを使った副業方法として最も代表的な方法がアドセンス広告を貼ることで報酬が受け取れる広告収入です。YouTubeによって用意されたアドセンス広告を多くの人に見てもらうことで『単価×再生回数』、もしくは『単価×購入数(申込数)』の報酬が入ります。

YouTubeで広告収入を得るためには以下の条件を達成する必要があります。達成まで目安となる所要期間も表示しておくので参考にしてください。

  • Googleアドセンス
  • YouTubeパートナープログラム

Googleアドセンス

パソコンのイラスト

Googleアドセンスは、Googleが提供しているサービスの1つでサイトや動画などの広告掲載を可能にしてくれます。広告掲載者は広告の表示回数やサービスの利用に応じた報酬を得ることができるのです。

YouTubeの場合、広告にはYouTubeアドセンスが使われます。Googleアドセンスは報酬の支払いのために必要となるのです。

Googleアドセンスには広告の種類が充実しているうえにクリック当たりの単価が高いといったメリットがありますが、YouTubeで掲載できるYouTubeアドセンスはGoogleアドセンスに比べて単価が低く設定されています。

YouTubeで広告収入を目的とした副業を始めるのであれば、Googleドセンスに登録しておくことが条件となります。審査を意識した投稿をしておくと良いでしょう。

Googleアドセンスの申請までには1~3か月の投稿が必要となります。審査に落ちても繰り返し申し込むことができるので、合格するまで挑戦し続けてください。

YouTubeに於けるGoogleアドセンスの審査は時間さえかければ誰でもパスできます。まずは、動画の投稿を続けてチャンネル登録者を増やしてください。

YouTubeパートナープログラム

人のイラスト

Googleアドセンスは、広告の掲載を始めるにあたって収益を振り込むために必要となります。しかし、アドセンスへの申請だけではYouTubeへの広告掲載は始められません。

YouTubeの広告掲載で副業を始めるのであれば、YouTube側の審査である『YouTubeパートナープログラム』に合格しておく必要があります。

YouTubeのサイトに『YouTubeパートナープログラム』という審査が用意されていますので、これに申し込んで合格してください。パートナープログラムに合格しないとアドセンス収入を見込むことはできません。

YouTubeパートナープログラムの審査条件は以下の様になります。継続していれば達成できる条件ですが、動画配信を始めたばかりの副業初心者には少し難しく感じるかもしれません。

  • 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上
  • リンクされている AdSense アカウントを所持

パートナープログラムの審査に受かると晴れて広告掲載が開始できます。YouTubeは多くのユーザーが利用しているプラットフォームであるため投稿を続けていれば、投稿数に比例してチャンネル登録者数と再生時間、副業収入が増えていきます。

基本的にYouTubeパートナープログラムを意識して動画配信を続ければ、Googleアドセンスの審査には受かります。両方の審査に合格できるよう投稿を続けてください。

YouTubeで稼ぐまでは簡単ではない

YouTubeは副業初心者でも続けてさえいれば成功のチャンスがあるんだね。

僕も早速始めてみようかな!

YouTubeは初心者でも継続さえできればある程度の額は稼げるようになる。

だが、動画の準備や編集に時間を要するから時間的な余裕のない人にはおすすめできないな。

YouTubeの動画配信は誰でも始められます。専用の撮影機材を持っていなくてもスマホ1台から始められるため非常に簡単です。また、定期的な投稿を続けていれば収益化のための審査にも受かるため早い人であれば数か月目から稼ぐことができます。

また、YouTubeで一定数のチャンネル登録者を獲得できれば安定的な収入が見込めます。過去に投稿した動画で収入が見込めるのは非常に嬉しいです。

しかし、同一ジャンルで続けていける知識や斬新ネタがない限り、YouTubeで高い収益を得るのは難しいです。撮影と動画編集の時間を確保し、視聴者のニーズに応えた動画をアップし続けるのは容易ではありません。
例えば撮影準備を30分、撮影を1時間、編集を30分で行えたとしても投稿までに少なくとも2時間を要します。編集や撮影は慣れてくれば短縮できますが、それなりの長さの動画を1時間で作り上げるのは難しいです。
仕事や家事に追われ、時間的な余裕がない人がYouTubeを始めても視聴者を増やすのは困難を極めます。収益化の前に挫折する人が絶えない理由にも時間と手間の多さがあります。

企画やネタを考えるのも大変

YouTubeで稼ぐためには時間的な問題もありますが、企画やネタを考える手間も必要となります。一般人が紹介動画やレビュー動画などを配信しても再生回数が伸びにくいどころか、誰の目にも止まらないことがあります。必要とされる情報を継続的に提供しなければなりません。

収益化までの動画が100本で済めば良い方ですが、その場合でも100個の企画とネタを考える必要があります。アイディア不足にならないようある程度のストックを持っておくと良いでしょう。

何万人という人がやってきた『ありがちな動画』をこれから投稿しても副業収入には繋がりません。斬新なアイディアと視聴者を惹き付けるネタで勝負をかけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました