Webライターは記事を書く安定した仕事【ネット副業 その18】

副業情報

ブログを開設したいけど、仕事が忙しくて収入の発生まで続けられる自信がないんだ。

でも、文章を書くのは好きなんだよね。こんな僕におすすめの副業ってないかな?

あるぞ、インターネット上の記事を書くWebライターという仕事だ。

副業としてライティングを行う場合は他人のブログやサイトの記事を書くことになるが、収益は即座に確定する。

スポンサーリンク

ライターとは

パソコンやスマホのイラスト

ライター(Webライター)とは、パコソンやスマホを用いてインターネット上に公開される文章を書く業種です。企業に所属して会社の情報発信を発信するケースがあれば、副業として個人のブログ記事を書くケースなどライターの仕事やその様式は多種に渡ります。

また、ライターが文章を書くことを特にライティングと言い、意味合いを限定させて使われることもあります。

最近ではライティングの仕事を自ら募集して収益を得ているフリーランスのライターも増えています。副業としてサイトやアプリに登録を行い仕事を引き受ける主婦や学生も増加の一途を辿り、データ入力に代わる人気振りを見せています。

絶えることのない検索のランキングの競争、次々と生まれるサービスや情報から副業として参入しているWebライターの需要も高まり続けています。

ライティングサービスの需要を考えると、ライターとしての技術や経験、実績は速い段階で獲得しておくのがおすすめです。記事を書く力が優れていれば、今後の副業で困ることはなくなるでしょう。

Webライターの副業を始めるには

Webライターか、資格とかスキルのない僕にもできるのかな?

まずはどんなことから始めれば良いのか教えてよ。

Webライターに資格スキルは必要ないぞ。

注文通りの仕事ができれば良い。ライティングを頼む側も完璧は求めていないから気軽に始めれば良い。

Webライターになるために特別な資格やスキルは必要ありません。ライティングのほとんどは構成を考えて文を書くだけの単純作業に近い作業になるため、初心者の副業としてもおすすめです。

多くの人の目を惹くキャッチフレーズ、関心を集める文章や構成、訪問者が長く滞在できるデザイン、適切な内部リンクによる誘導などサイトやブログを書く際の能力があれば稼ぎやいですが、最低限の条件としてテーマに沿った文章が書ければ問題ありません。

条件を提示されているライティングを引き受ける際には条件に沿って全ての作業をこなす必要がありますが、ココナラのやタイムチケットようなスキルを売り買いできるサイトを使えば自分の能力に合わせた受注が可能です。

例えば、ライティング初心者は文章を書くだけに限定できますし、副業としてしっかり稼ぎたい方はページデザインから添削まで行う事もできます。

これまでインターネット上に掲載される文章を書いたことのない方は、ブログを開設してページ作成に慣れるとライターの仕事が受けやすくなります。

もし、ライティングに不安を感じている場合はブログ運営を行い、読まれる文章を書いたり記事を書く際のコンテンツやツールの使い方を練習をしてみてください。

こちらの記事で詳細を確認できます。

Webライターの報酬

副業としてWebライターをしている人はどういった仕組みでお金を稼いでいるの?

企業のように毎月安定した給料が出る訳ではないよね。

ライティング作業の報酬は大きく2つのパターンに分かれる。

報酬額をライター側が提示するか、依頼者側が提示金額で募集をかけるかでも異なるが副業の場合は、文字の単価か記事の単価による報酬だ。

Webライターの仕事で受け取れる報酬は、雇用の有無や報酬の支払い様式によって変わります。ここでは副業としてライターをしているユーザーに多く見られる報酬の形式をご紹介します。

まず、Webライターの副業で頻繁に見られる報酬は以下のようになります。

  • 1文字あたり◯円
  • 1記事あたり◯円

1文字あたり◯円

まず、副業ライターに見られる金額設定に文字あたりの単価があります。1文字あたりの単価を設定してライティングを行う場合、1文字あたり0.5円〜1円が相場になります。

記事を発注する側から指定されたおおよその文字数内で文章を書きあげなければなりません。

メリット・デメリット

この金額設定には、文字を書いた分だけ報酬が貰えるというメリットがあります。文字数が指定されていない場合はコンテンツの量を増やして副業収入をアップさせる事ができますし、ライターとしては作業量に応じた報酬を貰えるためモチベーション維持がしやすいです。
しかし、記事の外注を行う側には「ライターが文字数稼ぎを行い、質の低い投稿を納品してこないか」という心配があります。実際に文字数稼ぎのために0の多い大きな値を頻繁に入れたり、余計な一文を含ませた記事を納品してくるライターは非常に多いです。そういった心配もあり、依頼者は口コミ・評価を重視して実績の高いライターへと仕事を依頼します。1文字あたりの単価を決める金額設定には、評判の無いライターには仕事が回ってこないリスクがあるうえに評判を上げるための工夫をする必要もあるのです。副業として新規参入したばかりのユーザーであれば、尚更依頼を受けるのが難しくなるでしょう。

1記事あたり◯円

1記事あたりの価格を設定してページの文字数に関わらず一定の金額を受け取る方法も副業ライターには頻繁に見られます。おおよその文字数指定をされるケースもありますが、基本的にはライター側が文字数の目安を提示するため1つの仕事で決まった額の副業収入が見込めるようになります。

メリット・デメリット

1つの仕事につき決まった額の収入が入るのはお金の管理が容易になるため副業を行う側としても何かと便利な事が多いです。また、文字の単価を決める方法に比べて受注する側の不安は減り新しく参入した副業ライターでも仕事を引き受けやすくなります。
一方で、副業としてしっかり稼げるようになるためには文章の質はもちろんですが、提示した文字数より多く書いて評価を高める必要があります。サービスの紹介ページに『5000文字程度』と記載されているのに4000文字の投稿が納品されたら依頼者は不満を持ちます。中には4900文字の納品に対して「最低限の仕事しかしなかった」と思う方もいるため5000文字程度とサービスを公開している方は、その数字を超えて仕事をする必要があります。文字に単価を設定した場合に比べて稼げる額は減ってしまいます。また、提示している文字数が多すぎる場合、1記事あたりに費やす時間が長くなり効率的な副業ができなくなります。

Webライターの副業は稼げるのか

ちなみに副業としてWebライターを始めたら月にどれくらい稼げるものなの?

副業だと週に1~2記事くらいしか書けないと思うんだ。

そうだな、企業に所属していない副業ライターは収入が不安定になりやすい。

作業量に比例した報酬になるが、ここでは週に数記事分の依頼を受けた場合の収益を公開しよう。

ここまでで副業ライターによく見られる報酬システムをご紹介しました。では、実際にこれらの方法で収入を得ているライターは月にどれくらいの副業収入を得ているのでしょうか。

副業ライターの仕事には高額な依頼が少ないため作業量に応じた報酬を受け取る事がほとんどです。本業として1日中ライティングを行えば月に20万円を稼ぐことも可能ですが、副業としてWebライターに参入するのであれば月に3〜5万円稼げれば良い方です。

副業ライターの収益は、価格設定や受注頻度によりますが1〜5万円程度である事が多いです。

1件あたり4,000〜5,000円のライティング作業を1週間に1回の頻度で引き受ければ、月間収入は16,000〜20,000円となります。

新規の購入者を獲得したり他のサービス提供者との競争に勝つために割引を行ったとしても1万円は稼げます。

Webライター月に1万円以上の副業収入を得られるうえに特別な技術が必要ないため初心者にもおすすめの副業ジャンルになります。

Webライターの副業は知識ゼロでも可能

文章を書くのは苦手ではないんだけど、世界中に発信できるような知識がないよ。

みんなが欲しがっている情報を発信できるかな…。

Webライターは必ずしも新しい情報を発信する必要はないぞ、副業となれば尚更だ。

自分なりのまとめ方で既存の情報を記事にするんだ。

「Webライターは資格やスキルは要らないけど知識は必要なんでしょう」「依頼された分野に精通した知識がなかったら不安」と考える方もいるかと思います。

企業に所属して情報を発信するライターであれば斬新な情報が求められますが、副業に於いてそういった心配は不要です。

本業として唯一無二の投稿コンテンツを作成する場合、他のブログやサイトにない新しい情報を発信していく必要があります。一方、副業としてライティングの依頼を引き受ける場合には検索で上位表示されている投稿から抜粋、編集を行うだけで良いため知識ゼロからでも始める事ができるのです。

実際に副業としてライター活動を行っている人のサービス情報ページを見ると『検索で上位表示されるサイトからSEOに強い記事を書きます』といった一文が入っています。

上位表示のコンテンツを元にライティングを行うと、ライター独自の情報ではない代わりにSEOやキーワードへの気配りができた検索エンジンから評価されるページになります。

副業ライターはまず仕事の依頼を募集し、引き受け次第インターネット検索で有効な情報をリサーチするのがおすすめです。

副業ライターにおすすめの始め方

ライティングの依頼を募集したいんだけど初心者にもおすすめの方法があったら教えてよ。

そうだな、ユーザーの質が高いサイトと共に募集のコツを紹介しよう。

ライティングの経験が浅い方がライターとして副業を行うのであれば、ココナラのようなサービス出品サイトを活用して購入者を募集する方法がおすすめです。

この出品形式と別の方法で、クラウドワークスのような受注形式のクラウドソーシングサービスがあります。しかし、こちらでライティングを行う場合、掲載されている案件にライター側が応募をしなければなりません。応募ページには経験や資格、業績を入力する画面がありますが、副業ライターのほとんどは書ける実績がありません。

また、クラウドソーシングサービスの掲載には複数の応募が集まり、ライティング経験の豊富な人たちが競い合っているため副業として参加した素人のライターが仕事を勝ち取るのは難しくなります。

一方で、サービスを出品する形式であればそのライティングの条件を良いと感じた人が依頼してくれるため価格設定やサービスの充実度、割引キャンペーンを開催することで購入者を獲得しやすいのです。

ライティング以外の強みを売りに評価を集めなければならない新規の副業ライターは、ココナラに登録して安く仕事を受けたりキャンペーンを開催するのがおすすめです。

副業ライターからプロのブロガーになる人も

副業ライターの始め方は分かったけど、この仕事からキャリアアップを狙うことはできないの?

できるぞ、副業で培ったライティングの技術を駆使して自分のブログやサイトを運営するんだ。

ライティング中に面白いと思ったジャンルを覚えておくと良いかもな。

素人のライターとしてライティングの副業をしている人の中には、記事を書く力を活かして自分のブログを開設する人もいます。

ブログ運営には無数のノウハウと継続の努力が必要になりますが、自分のブログを作り上げて適切な運営を行えばアドセンス収入やアフィリエイト収入を得続ける事ができるためライティングの仕事をしていた頃より安定して稼げるようになります。

ブログで稼ぐのはブログ開設者の1〜2割程度と言われるほど難しいジャンルですが、副業ライターとして知識を蓄えて成功している人もいます。

成功したブロガーの話

実際にライターとして副業を行なっていたトップブロガーにお話を伺うことができたので、その内容を見てみましょう。(専門的な用語や言い回しを一部編集しています)

ライター時:月収10万程度 現在:月収300万円以上
私がスキルの販売サイトやクラウドソーシングサービスでライターを始めたのは5年前でした。半年ほど記事を書き続けていたのですが、ある時「自分のブログを持った方が稼げたのでは?」と思ったことをきっかけにブログを始めることにしました。ライティングをしていたので文章の書き方やSEO対策のノウハウがあったので収益をあげるまでは時間がかかりませんでした。ブログ開始から6ヶ月の頃には月5万円は確実になっていました。月100万円を超えたのは1年半前なのでブログ開始から2年経った頃でした。個人がブログで稼ぐのは本当に難しいことです。専門性の高い知識があっても挫折している人が殆どの中で記事を書き続けられるかが問われますね。

この方は現在ブログの収益で生計を立てていますが、ブログ開設時は会社員だったため空き時間と休日を全てブログに費やし、記事の外注も行なっていたようです。

ハードルの高さが異常なまでに高く、中途半端な覚悟で始めても収益化に繋がらないブログですが、副業ライターから始めて成功している人もいるのです。

まずは記事を書くことから

僕もライターの副業でライティングの技術を磨くよ。そしていつかは自分のブログでがっぽり稼ぐぞ~!

ブログは難しい世界だが夢があって良いと思うぞ。

まずは依頼を募集して記事を書くことからだな。千里の道も一歩からだぞ。

副業ライターとして収入を得るのであれば、まずはライティングの仕事を募集して記事を書かなければなりません。Web上に掲載されている上手な記事を参考に文構成やレイアウトを学んでください。

文章を書くことに慣れたら自分のブログを持って稼ぎ始めることも可能です。記事を書くことについては共通した部分が多いため収益化までの時間を短くすることもできます。

始めは1つの依頼に対して3時間以上費やしてしまうことも多いですが、慣れてくれば1時間程度でこなせるようになります。時給4,000〜5,000円の高額な副業を実現させる事ができるよう継続してみてください。

ライティングの仕事を募集するならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました